スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

Doki-Doki☆くらっしゅ・コウサテン

赤黒白で、「柔軟に」マッドネスが光ります。

  • ■ デッキ作者:thiary さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ファンデッキ
  • ■ パターンファンデッキ
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:34d8c2ef2464dfe98f0f61e5aff9c691)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 スナイプ・アルフェラス 3 クリ ド/手に入れたり失ったり 
3 炎霊甲蟲ジャンガルジャン 3 クリ ロ/何でこんなに急いでるの? 
2 封魔妖スーパー・クズトレイン 5 クリ ー/満員電車が止まったら 
1 凶星王ダーク・ヒドラ 6 クリ そ/運命の扉が開いて 
2 魔龍バベルギヌス(殿) 7 クリ の/そしてあなたが現れた 
3 悪魔提督アルゴ・バルディオル 7 クリ 他/災い転じて福となれ 
3 封魔ジョーズジャクス 2 クリ メ/クラッシュなんて怖くない 
4 封魔メールワスプ 3 クリ イ/危うい感じで一目惚れ 
3 封魔魂具バジル 3 クリ 闇/火 ン/クラッとなんてきやしない 
2 封魔龍聖ジーク・カリバス 7 クリ 光/闇 獣/羨んだり自慢したり 
1 炎晶バクレツ弾 4 呪文 除/誰がそんなの始めたの? 
2 トラップ・コミューン 4 呪文 去/キンコンカンコン ベル鳴ったら 
3 雷撃と火炎の城塞 5 呪文 光/火 系/キラキラ粒子が舞い降りて 
1 アポカリプス・デイ 6 呪文 統/そして私はぶつかった 
2 バイス・サイクロン 2 呪文 手/災い転じて福となせ 
2 レインボー・アロー 5 呪文 破/フラッシュバックは乙女色 
1 悪魔聖霊バルホルス 8 クリ 光/闇 銀/まぶしい☆ならすぐそこに 
1 機動聖霊ムゲン・イングマール 11 クリ 光/火 弾/フラッと角から飛び出して 

解説

今回のテーマは、「極限まで馬鹿っぽく」です。頭の悪そうなアイドルの歌らしくなったでしょうか?
拍子をとったり、言葉の形ををそろえたり、こそっと韻を踏んでみたり・・・
バカバカしいものを作るにも、相当なエネルギーが必要なようです。

ところが、とぼけた外見とはちがい、このデッキ、中身はかなり過激になっております。

『「脱・緑」、「脱・青」という、ビルダーとしてのThiaryの二つの命題をつぎ込み、
さらに、細かい動きを必要とするコントロールにする。』

現在の中速以下のデッキは、大半が4色以上です。
そして、その多色構成を支えているのが、緑のブースト、大地と青のドローです。
アクアンやボルバルの屋台骨となっていた仕組みは、脈々と受け継がれ、
二種の4cランデスやガーディアンを生み出しています。

なにも、これらの機構をもっているのは、ガチデッキばかりではありません。
ブロッカー系種族デッキは、どうしてもガーディアンと同じしくみをとるしかありませんし、
ゴッドデッキ、進化デッキ、その他コンボデッキなどは、既存のブーストデッキの、
「フィニッシャー」の部分を取り替えただけのものも多いのではないでしょうか?
(無論、私のデッキの大半もそうです)

ストレートにアドをとり、そこからカードを使っていくという戦法は確かに強力です。
しかし、そこにはカードの動きを捻ったり、肉を切らせて骨を絶ったりという、工夫の余地はありません。
そうなってしまえば、決まった土台の上にトッピングされる「飾り」は、
効率のよさによる、「ランク付け」ないし「序列化」を免れず、最終、
「単体で効果が高く」、「汎用性のある」、「最高のカード」達の独壇場になります。
それ以外のカードは、単なる「下位互換」として、いわゆる「ネタ」扱いされるだけ。

カードの持っている、バランス感覚や、直線的な性能だけでなく、
様々な「味」や「癖」を引き出し、味わうためには、既存の土台の上に盛り付けるだけではいけません。
独特な下ごしらえを施して、ほかのカードとの差別化を図らなくてはならないのです。

そのために、私はストレートなアドバンテージを捨て、
癖のあるカードで、スムーズにデッキを動かすという実験を試みました。
『ガチ』の下位互換ではない、本当の『ネタ』への道は、まだまだ続くようです。

<基幹部品>
いかにもハンデスに弱そうなカラーなので、ハンデスの克服が初めの課題となりました。
赤黒白4種類の提督の中で、ドローができるのは、黒のグラデビのみ。
セラフィムの回収は緑に集中していて、ドレイクは墓地を通さなくてはなりません。
ドラゴンでは、いじる余地が少ないので、楽しめませんしね。
また、この色で虹札が最も多いのが、グラデビだったのも決め手です。

マッドネス全開なら、アルフェラスのデメリットも一種の脅しになり、
手札の中の重要なカードも守れます。
自爆カードを活かしたpig戦法も、クズトレイン、マッドネスと好相性です。
こうして、黒のカードのみでベースが築かれたのです。

<大型のカードについて>
鍵になるのは、ジークカリバスの維持です。
回収のために、ダークヒドラとバベルギヌスの両方を投入してみました。
ジークカリバスが、ダークヒドラを守り、ヒドラによってバベルやジークを回収し、
崩された場合には、バベルがヒドラを呼び戻す、相補的なコントロールになっています。

ちなみに、イングマール、バルホルスは、バベルによるリアニメイトで、呼び出し、
維持することができます。

<除去とハンデスは>
除去は自爆カードや、スレイヤー達を使って行います。
バルホルスさえ立ててしまえば、あとは突っ込んでくる敵獣を毒針でつつくのみです。
ちなみに爆裂弾は回収用のカードです。システムクリなどに放ちます。

ハンデスについては、サイクロンとレインボーアローという組み合わせ。
システムクリを守るには、呪文をハンデスするほうが重要だと判断したためです。
バジルはついでくらいに考えています・・・

変更履歴

2008/03/15 更新
2008/02/28 更新
2008/02/16 更新
2008/02/10 更新
2008/02/08 更新
2008/02/07 更新
2008/02/06 更新
2008/01/24 更新
2008/01/15 更新
2008/01/14 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 117

みた人からのコメント

参佐 2008-01-16 12:01:58 [1]
伍長…結構方向性がずれだしたねぇ〜…
まるで「のだめ」の「まんぐーす」級だな…(当時右に出てたもので…)
まぁ、ともかく…グラデビメインのいいデッキなんだけど…以外様一発屋な所が多くて恥かしがりやな所が…
まぁ、コレは対策が練りこみやすい所があるのでデルフィンが入ってもいいでしょう。
あと、デスカディア(デス・アルカディア)が入ってもおかしくないので参考ほどにどうぞ〜
thiary 2008-01-17 23:07:49 [2]
三佐殿、毎度毎度ありがとうございます。
おバカなタイトルは、これで二つ目ですが、
滑稽というのはやはり難しいですね。

実は、このデッキ、異様に殴られ弱い事がわかりまして・・・
除去、トリガー周りを修正中です。
リアニ候補は、今のところデルフィン、ザーディア、バルホルスです。
バルホルスが一番ブロッカーとあっているでしょうか?
参佐 2008-01-18 12:53:52 [3]
調整策としてはバル「ホルス」(マテ)がいいかも…
まぁ、そこにグエムを加えれば種族調整ができてるって言うのが理想。
今回の伍長の課題は「種族をどうやって繋ぐ」って所かねぇ〜…(だったらジュマゾールも次点だねぇ〜)
thiary 2008-01-19 20:56:23 [4]
三佐殿、ありがとうございます。

種族、pig、自爆といった組み合わせは、「うたかた」と同じなので、
見比べながら調整することにします。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク