スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

白バーレスク

環境の荒波に飲まれながら、それでも喰らい付いていく

  • ■ デッキ作者:ザリガニ さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:9a67f65ba3965af5b3a55238a765dead)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 フェアリー・ライフ 2 呪文 自然 加速。 
4 霞み妖精ジャスミン 2 クリ 自然 加速。 
1 セブンス・タワー 3 呪文 自然 加速。 
2 母なる星域 3 呪文 自然 フィニッシュ手段。バーレスクを出す。 
2 ストームジャベリン・ワイバーン 4 クリ 進化元。エグゼズに変えるか検討中。 
4 ドンドン吸い込むナウ 4 呪文 除去・手札補充。役割多すぎ。 
1 超次元ホワイトグリーン・ホール 4 呪文 自然/光 超次元。貴重なマナ回収も担う。 
4 フェアリー・シャワー 4 呪文 水/自然 加速・手札補充。手札を切らさないようにプレイする。 
1 クリスタル・メモリー 4 呪文 サーチ。中盤に必要なカード、フィニッシュに足りないカードを持ってこれる。 
3 調和と繁栄の罠 5 呪文 自然/光 トリガー。スクチェンマナロ考えるとワンチャン消せるジャッジのがいいか。 
2 超次元フェアリー・ホール 5 呪文 自然 超次元。クアトロ・ザマン・生姜を使い分ける。 
2 トップ・オブ・ロマネスク 5 クリ 光/火/自然 加速・ブロッカー。小回りが利くこちら。プチョにチェンジできる。 
1 超次元ガロウズ・ホール 6 呪文 超次元。パンツァー・生姜辺りを。 
2 龍素記号Sr スペルサイクリカ 7 クリ 呪文リサイクル。トラップで数ターン止められると強い。 
1 メガ・マグマ・ドラゴン 8 クリ 小型へのメタ。青白、ドロマーみたいな相手に引けるといい。 
2 百族の長 プチョヘンザ 8 クリ 自然/光 全体除去。マナは勝手に伸びるため、時間稼ぎとして優秀。 
1 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス 8 クリ 火/自然 LO対策。ヴォルグで切らされることが多かったため投入。 
2 聖剣炎獣バーレスク 9 進化 フィニッシャー。横にメタを並べてハヤブサゼロカゲを止めたい。 
1 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン 11 クリ ゼロ 全体除去。これで詰むデッキもある。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 勝利のプリンプリン 5 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 ホワグリで出す。回収効果は貴重。 
1 ブーストグレンオー 5 激竜王ガイアール・オウドラゴン 24 火力。オリオティスが焼けるためプチョを出したい時に。 
1 勝利のガイアール・カイザー 7 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 プチョにチェンジする。そうでなくとも便利。 
1 勝利のリュウセイ・カイザー 6 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 タップインで妨害。基本パンツァー優先。 
1 アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉 7 弩級合身!ジェット・カスケード・アタック 24 恒久的ドロー。除去されなければ勝ち。 
1 魂の大番長「四つ牙」 6 バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ 24 恒久的ブースト。落ちるカードがコントロールできないのがネック。 
1 タイタンの大地ジオ・ザ・マン 6 貪欲バリバリ・パックンガー 15 マナ回収。これを出した次のターンには決着するように整えておきたい。 
1 ヴォルグ・サンダー(プレ殿) 6 雷獣ヴォルグ・ティーガー(プレ殿) 12 (プレ殿) (プレ殿) LO狙い。ワンチャン勝ちを狙う。 

解説

ひたすらマナを溜め、バーレスクを出すというシンプルな発想。
レシピを再考し、構築を大幅に変更。

◇採用カード(一部)
○トップ・オブ・ロマネスク
このデッキでは貴重な赤と白を同時に出せる。
元は両色が少なく出しづらかったが、自身を含め8以上になり出しやすくなった。
加速でき、ブロッカーを持ち、プチョにチェンジできる。
加速量は本家ロマネスクに劣るが、マナが減るデメリットがないことが最大の強み。

○メガ・マグマ・ドラゴン
青白サザンなど、メタカードを横に並べる相手に対するキーカード。
呪文が多いためシドが1体出るだけでも厳しい。引けるか引けないかで勝負を決する可能性も。
現在1。必要性を強く感じたら増量。

○悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
ヴォルグ・ジョバンニに対するキーカード。
それだけでなく、赤の補充にもなり苦手なシノビを対策でき最悪プチョにチェンジできる。

○「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
コマンド系デッキに対するキーカード。
マナが伸びてこいつを出せれば勝てるデッキは多い。
特に天門はバーレスクで突破するのがかなり困難なため、頼るしかない。

◇不採用になったカード
○恵みの大地ババン・バン・バン
元々は超ブーストを行うキーカードとして採用。手札になくても出せるのが強み。
ババン→ゴエモンキーは、決まればゲームエンドと言っても過言ではない。
しかし、その強さを十分に活かすためには手札が必要。マナがあっても手札がなければ何もできない。
1枚だけ入れておくなら悪くないのだが、現在は他のカードに枠を譲る形に。

○蛇手の親分ゴエモンキー!
ババンを出して超ブーストしたマナからジャベリンごとバーレスクを引っ張り出すというキーカードとして採用。
そのため、ババンが抜けた結果抜けた。

○ボルバルザーク・エクス
ゴエモンキー!でバーレスクを出す際、マナが足りない時に繋ぎとして出す。
それ以外の場面でも便利ではあったが、星域採用で無理なくバーレスクが出せる場面が出てきたため不採用。

○龍仙ロマネスク
6コスで4マナを生み出す怪物。
しかし刃鬼と違い11がゴールではないため、マナが溜まりづらくなるデメリットが重すぎて採用を見送る。

○M・A・S
消しづらい恒久的ドローを使える。
ガロウズとの選択だが、プチョヘンザを使うという択があるガロウズを採用。

○ボルメテウス・ホワイト・フレア
色が強いトリガー呪文。赤も白もほしいこのデッキに非常に合っていた。
トリガーの枚数がそこそこあることを考え、トップロマネに変わった。

◇検討カード
○オリオティス・ジャッジ
非常に強力な除去札。序盤に飛んできたスクチェンマナロを返せる可能性がある。

○神聖で新生な霊樹
守りと回収を同時に行えるカード。
マナ回収が乏しいこのデッキには合っているかもしれない。

○一極両得 マクノカ&ヌクノカ
序盤は加速、終盤は回収として使える。
回収手段の少なさを考えると、セブンス・タワー以上に重要な可能性。

○エグゼズ・ワイバーン
ジャベリンより1コス少ない。フィニッシュする時は概ね進化元と同時にバーレスクを出すため、1でも軽いほうがいい。
先攻ならチェンジしてきたシドを撃ち抜ける。

変更履歴

2016/10/24 デッキの根底が変わったので大幅更新
2016/01/27 改めて小幅改造
2015/04/26 しばらくいじっていなかったので大幅改造
2014/08/03 パクリオ2→サイスパ2
2014/06/25 プリン1→ブーグレ
2014/06/20 パクリオ1→湯あたり
2014/04/29 湯あたり→バーストG プリン→カイマン
2014/04/05 ホワグリ追加、カードの説明と解説を更新
2014/04/01 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 26

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク