スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

逆襲のイズモと聖邪神の秘宝

元のレシピに沿って改造。構築済みデッキとしてはなかなか強いのではないでしょうか。

  • ■ デッキ作者:ワタグチ さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):201402
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(自信作)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:809cfdea7d2bd7fe164b62ab6cbf55c8)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
2 巫女のインガ 綾織 2 クリ 速攻相手には十分な防御力を持ち、それ以外のデッキが相手でもゴッドを守れるので無駄がない。 
4 聖邪のインガ スパイス・クィーンズ 2 クリ 光/闇 このコストとパワーでブロッカー+軽減は優秀なスペック。なるべくマナに置かず、どんどん出していきたい。 
4 アクア・サーファー 6 クリ 長期戦になりやすいので、除去として使える分《クロック》よりも必要な場面が多い。手札から出して殴りに行くこともよくある。 
3 霊騎左神ロラパルーザ 4 クリ G・リンクとタップ固定の相性は良く、時間稼ぎにも除去にも使いやすい。コストの軽さも嬉しいところ。 
3 光器左神サマソニア 5 クリ リンクでき、次のOMGを持ってこれる《ラウドパーク》との相性は抜群。一度リンクすれば崩されにくいドローエンジンと化します。 
2 精霊聖邪ライジング・サン 7 クリ 光/闇 ブレイク数が増えるOMGは貴重で、《イズモ》を引けない時には第二の切り札となります。リンクすれば場を離れにくくなり、トリガー化による抑止力も大きい。 
4 真滅右神ラウドパーク 4 クリ 動きが遅くなりがちなゴッドデッキにおいて、手札を減らさずに守りを固められるパーツの存在は大きい。 
2 封魔右神グラストンベリー 5 クリ 5マナ域の穴埋め。除去としては頼りないものの、パワーがそこそこあるおかげで攻撃を抑制しやすい。 
2 魔天聖邪ビッグディアウト 7 クリ 光/闇 大型を出しながらの2体除去は強烈。リンクしてもブレイク数は増えないので、《イズモ》を出したら単体に戻しましょう。 
2 超神類イズモ 12 クリ 光/闇 コストは大体6~8。能力は地味ですが、トリガーを3枚仕込めば相手はもはやシールドを攻撃できなくなり、一方的に殴れます。 
4 コアクアンのおつかい 3 呪文 元のレシピをベースに改造するなら《エナジー・ライト》よりもこちらの方が強力。落ちた《サーファー》は《イズモ》《デス・ゲート》で再利用。 
1 魂と記憶の盾 3 呪文 光/水 OMGを並べる時間を稼ぐために、序盤から使える除去は必要。 
2 デーモン・ハンド 6 呪文 4枚必要になることは少ないので《デス・ゲート》と使い分け。 
2 地獄門デス・ゲート 6 呪文 OMGはコストがそこまで高くないため、復活させやすい。 
2 反撃のサイレント・スパーク 6 呪文 光/水 多くの場合マナ要員。タップ呪文としては珍しく状況を選ばずに使えるので、手札に来ても邪魔になりにくい。 
1 英知と追撃の宝剣(殿) 7 呪文 水/闇 《おつかい》で落ちない水マナ要員。時間稼ぎにも攻勢時のダメ押しにも使えるので、マナにせず温存するのもあり。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 時空の喧嘩屋キル 2 巨人の覚醒者セツダン 7 《エレクトラグライド》で5コストホールを奪い、こいつを2体並べるのはかなりの脅威。ごく稀に使われる3コストホールにも対応しており、超次元相手ならほぼ確実に出番が訪れます。 
1 サンダー・ティーガー 5 雷獣ヴォルグ・ティーガー 12 超次元を使うデッキは低パワーのクリーチャーをあまり使わないため、除去というよりバトル補助。 
1 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 7 凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート 13 今の環境でも《ミカド・ホール》《ガード・ホール》はそこそこ見かけるので、入れておくとカウンターを決めやすい。 
1 時空の封殺ディアス Z 8 殲滅の覚醒者ディアボロス Z 16 その強さだけでなく、山札切れを防げることも重要。出せるなら最優先で。 
1 勝利のプリンプリン 5 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 多くのホールに対応し、使い方も幅広い。 
1 勝利のリュウセイ・カイザー 6 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 こいつを出せる頃には大抵マナを縛る意味が薄いため、能力よりも対応しているホールの多さが重要。 
1 勝利のガイアール・カイザー 7 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 サイキックの中では貴重なスピードアタッカー。対応しているホールの多さを考えると元祖《ガイアール・カイザー》よりも断然こちら 

解説

・このデッキの使い方

デッキコンセプトを変えるほどの改造はしていないので、プレイングに影響はありません。ゴッド・ノヴァOMGを揃えて《超神類 イズモ》のコストを下げ、後は適当に殴るだけです。
各カードの役割はコメント欄を参照してください。

無改造でも安定してリンクを揃えられるデッキなので、手札事故の危険が少なく、思い通りのカードを手札に集めやすいのが強みです。
しかし、OMGが種類不足かつ全体的にサポート寄りの能力となっているため、改造後も元々のレシピが抱えていた「決定力不足」「OMG単体では弱い」といった問題はカバーしきれていません。
長期戦になると、理想的なはずの《おつかい》→《ラウドパーク》→《サマソニア》という流れも、山札を無駄に削るだけの行為に成り下がってしまいます。
殴り返しの危険が無い時は攻撃していき、少しずつでもシールドを減らして追い詰めましょう。

・戦績

2014/3/1 公認大会で優勝しました
1回戦 火自然ドラゴン ○○
2回戦 火水闇墓地ソース ○○
3回戦 火闇墓地ソース ×○○
決勝 闇自然超次元 ○○

★入れ替え表

OUT
サイバー・N・ワールド
光器左神サマンソニア×1
封魔右神グラストンベリー×3
エナジー・ライト×4
オラクルDJ×3
デーモン・ハンド×2

IN
巫女のインガ 綾織×2
コアクアンのおつかい×4
魂と記憶の盾
地獄門デス・ゲート×2
反撃のサイレント・スパーク×2
英知と追撃の宝剣

・減らしたor全抜きしたカードについて

《サイバー・N・ワールド》

《サマソニア》と《おつかい》で十分な手札を得られるので、相手にも手札を与えてしまうこのカードの必要性が感じられません。
山札切れを防ぐ貴重な手段ですが、よほどの長期戦にならなければその心配はなく、採用するメリットが少ないです。

《光器左神サマソニア》

ドロー手段は過剰気味なほど入っており、山札切れが気になる場面が多かったので減量。リンクすれば除去されにくくなり、もし破壊されても《ラウドパーク》で使い回せるため、1枚引ければ十分です。

《封魔右神グラストンベリー》

薄くなりがちな5マナ域を埋めるOMGですが除去としては貧弱で、相手のデッキに左右されやすいことが理由で減らしました。しかし、序盤から攻撃してくる相手と戦う時は絶対に来てほしいので2枚は必要です。

《エナジー・ライト》

このレシピで《おつかい》を差し置いて使う理由がありません。

《オラクルDJ》

アンタップする効果が役立つかどうかはその時の状況次第で、どうしても必要なものではないため、水マナになる《サイレント・スパーク》を採用した方が安定して動けます。

《デーモン・ハンド》

アドバンテージを得られる《デス・ゲート》と2枚ずつにしましたが、真っ先に除去したいのは攻撃済みのスピードアタッカーや進化クリーチャーであることも多いので悩むところ。

・サイキック

《エレクトラグライド》を採用している場合、相手の超次元呪文を奪ってサイキックを展開できます。実際に《エレクトラグライド》が入っていなくても、超次元ゾーンを用意しておくことで牽制できるかもしれません。
相手のデッキにどのホールが入っているかは実際に使われるまで分からないため、自分が採用するサイキックは、強さだけでなく対応しているホールの多さが重要となります。
対応しているホールの数・決定力ともに優れているのは《キル/セツダン》、対応数だけなら多色である「勝利」シリーズがダントツなので、間違いなくこれらは必須です。残りの枠は使用率が高そうなホールを予想して、それに対応しているものを選びました。

変更履歴

2014/03/02 更新
2014/03/02 更新
2014/03/01 更新
2014/02/19 更新
2014/02/19 更新
2014/02/16 更新
2014/02/14 更新
2014/02/14 更新
2014/02/14 更新
2014/02/14 更新
2014/02/14 更新
2014/02/14 更新
2014/02/13 更新
2014/02/13 更新
2014/02/13 更新
2014/02/13 更新
2014/02/13 更新
2014/02/13 更新
2014/02/10 更新
2014/02/05 更新
2014/02/05 更新
2014/02/05 更新
2014/02/05 更新
2014/02/05 更新
2014/02/05 更新
2014/02/05 更新
2014/02/05 更新
2014/02/05 更新
2014/02/03 更新
2014/02/02 更新
2014/02/02 更新
2014/02/02 更新
2014/02/02 更新
2014/02/02 更新
2014/01/29 更新
2014/01/23 更新
2014/01/22 更新
2014/01/22 更新
2014/01/22 更新
2014/01/22 更新
2014/01/22 更新
2014/01/22 更新
2014/01/20 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 20

みた人からのコメント

Gredsouth 2014-03-02 10:12:08 [1]
 優勝おめでとうございます。 カツキングのスーパーデッキのほうが強いと言われ続けしたが、こちらもつよいですね。 初心者のゆめですわ
ワタグチ 2014-03-03 12:20:52 [2]
ありがとうございます。
優勝できたのは、ドローの強さと相手のミスに助けられたというのもあるんですが、全体的に新規カードの強力さが目立っていました。
プレイングも簡単なので、初心者の方にもオススメできる素晴らしい構築済みデッキだと思います。
墓地ソ 2014-04-08 18:51:17 [3]
これは素晴らしいです!
このデッキはNワールド回収して終わりかなと思っていたのですが、ちゃんと使えば、優勝やTOUGHまで可能ということに驚きを隠せません。安くて強いデッキを作りたかったので是非作ろうと思います。
DJエビの助 2015-08-06 10:58:29 [4]
優勝デッキとはすごい!!
ぜひ参考にしたいです!

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク