スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

私なりのE3根暗シューゲイザ―

E3関東大会で使用。0-3を決めた最強養分デッキ

  • ■ デッキ作者:R・マリモフ さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(脳内)
  • ■ パターンシューゲイザー
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:e3d864443ade7eaca8f60ceff6fb8a2f)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 ピクシー・ライフ 2 呪文 自然  
4 フェアリー・ライフ 2 呪文 自然  
1 正々堂々 ホルモン 3 クリ 自然  
1 天真妖精オチャッピィ 3 クリ 自然  
1 勇狩の蛮人 4 クリ 自然  
2 高飛車姫プリン 5 クリ 自然  
1 グローバル・ナビゲーション 5 呪文 自然  
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ  
1 光器パーフェクト・マドンナ 5 クリ  
2 純潔の信者パーフェクト・リリィ 5 クリ  
4 解体人形ジェニー 4 クリ  
1 骨面人形ホネタン 4 クリ  
1 威牙忍ヤミノザンジ 5 クリ  
2 地獄門デス・ゲート 6 呪文  
2 デーモン・ハンド 6 呪文  
2 策士のイザナイ ゾロスター 5 クリ 光/闇  
3 無頼聖者スカイソード 5 クリ 自然/光  
4 神聖斬 アシッド 7 クリ ゼロ  
3 神聖麒 シューゲイザー 7 クリ ゼロ  

解説

 前大会で結果を出した根暗シューゲイザーをベースに、自分なりに改造(といっても数枚変わった程度だが)したデッキ
環境で強いと言われてるのはのはもちろん、元々根暗カラーに愛着があったのでこのデッキでの出場を前日に決意。

【試合内容】

記憶が曖昧なかしょもあるので、実際とは違ったことを書いてるかもしれない。ごめんね

■一戦目vs赤単速攻(身内)
 まさかの身内、しかも調整会ではほぼ毎回負けていたため、一番当たりたくなかった相手。こちら先行
相手2tコダマ3tトップギア&ナインという不調子なスタートに対し、こちらも3tブースト→空剣→アシッドと悪くない繋ぎ。しかも初手にハヤブサ、途中トリガーデスゲートと言うことなしの展開だったが、
以降ナイン×2、デロリアン、グレンオーの順で投げつけられ一手間に合わず敗北。(たぶん)こちらプレミなし、相手のプレイングも完璧だったのでこればかりはしょうがない。
盾差3でこちらの敗北

■二戦目vsカツキング型シータシューゲイザー
 噂には聞いていたシューゲイザーとカツキングのハイブリッドデッキ。こちら先行
3t目、こちらジェニーを決めるも相手の札がピクライ、オチャ、吸い込む、流星。悩むもこの時点では相手に青マナがなかったのでオチャをハンデス。返し相手吸い込むチャージピクライ&トップのフェアライ
4t目、こちら2体目のジェニーを握っていたものの、相手の札は流星のみ。ゆえに空剣を出す。返し相手チャージ無しで超動
5t目、こちら満を持して2体目のジェニー、しかし相手の札、超動、プロメテウス、エクス、流星。プロメテウスをハンデス
とまあ序盤の妨害を上手いことかわされつつ、その後も細かい応酬がありお互いトップ勝負気味に
そして相手アシッドを召喚、返しこちら何もできず、そのままエクス→シューゲイザーの展開を許し押し切られる
てか書きながら思ったけど相手トップ恵まれ過ぎだろすげーな
盾差5でこちらの敗北。この時点で予選落ち確定

■三戦目vs根暗シューゲイザー
 ミラー対決。こちら先行
こちら3tジェニー、4tゾロスターからのアシッドと最高の動きを決めたが、しばらく後が続かずそのスキに相手はリリィやゾロスター×2を展開。
リリィ1体でゾロスターの効果を2体分使い、アシッド&シューゲイザーが降臨。返しこちらもシューゲイザーとアシッドを出す。
その後にらみ合いが続いたが、こちら殴ったシューゲイザーをアシッドに変換しないというプレミをし(しかも相手に確認されたにもかかわらず)、そこを期に突破口を作られる。
こちら慌てて高飛車を出すも、相手予め握っていた除去札で即処理し一斉攻撃。トリガーシノビで応戦するもギリギリ防ぎきれず敗北

【メタ読みについて】

自分はビマナと根暗手芸が環境トップ、時点でカレイコ入りの墓地ソイエス、残り赤単やトリガービート等の地雷、というメタ読みで大会に臨んだが、
実際では(少なくとも上位では)赤単、根暗手芸、赤青墓地ソがトップ、時点でビマナ、全くいないイエス、という片腹大激痛な読み外し
しかも同系や墓地ソとは事前に練習試合をしていなかったという体たらく。もはや負けは必然であったと言える

そんなこんななデッキですが、一応今後の皆さんの参考になればと思い公開
次回からは今回の失敗を踏まえた上で調整とメタ読みをやっていきたいです

【採用不採用カードとその理由&採用すれば良かったなーと思ったカード】

「採用」

■勇狩の蛮人
 E3最強カード。同系でのアシッドの種潰しかつこちらは種として場に残り、速攻相手でもジェニーよりも枚数を稼げる可能性、ちゃんと手芸からも出せ、そしてなにより苦手なカレイコを素早く処理出来るのに色は緑という、
なにこれチート?な性能(まあカレイコなんて結局大会では見なかったが)。てか「4マナ3000cip3000未満破壊を持つクリーチャー」と考えるだけでもめちゃくちゃ性能が高い、
最悪獣版ピコットミサイルになれるし。終盤ではデスゲから出て除去をかませられることもある。色の枠の都合上1積みだったが、本当は2枚積みたかった。
これから根暗手芸を使うと言う方には本当に強くお勧めします

■ホネタン
 カレイコ、同系のマドンナリリィ焼き用。デスゲとも相性良し。ただ結局カレイコなんていなかったわけで、不採用でも良かった

■グローバル・ナビゲーション
 単純に除去として。とにかくビマナ相手にはカツキングの早期除去が重要で、かつ同系でも高飛車を退かせる。色の都合上入っただけなので、折り合いがつくのならデスゲでいいと思われ

「不採用」

■ギガホーン
 シューゲイザーからの展開や繋ぎとして優秀だが、如何せん役割が個人的に微妙と感じたので不採用。入れるなら2投だと思う、1枚だと微妙。

「採用すべきだったカード」

■3枚目の高飛車
 一番に思ったのはこれ。同系だと如何に高飛車を長い間立てるかが重要なうえ、速攻相手にも最速で出したい。減らすとしたらグローバルナビゲーション

■2枚目のマドンナ
 墓地ソ相手に重要かつ速攻にも高飛車マドンナを決める可能性が上がるため。減らすとしたらリリィを1枚

■オルタナティブ
 強いのはわかっていたが、具体的な役割が思いつかなかったため不採用だった。しかし今にして思えば同系のマドンナリリィ焼き、シューゲイザーからのゾロスター→確除去と、
めちゃくちゃ役割を持てていることに気付くべきだった。アシッド1枚と入れ替えて投入すべきだったと感じる

■ヤミノサザン
 対速攻、同系、墓地ソ。手芸からも出せる全体小型除去。同系なら破壊せずともバトるに勝てるしむしろタップ出来てアシッド立てれるのでアド。減らすとしたらホネタン

変更履歴

2013/12/07 更新
2013/12/07 更新
2013/12/06 更新
2013/12/06 更新
2013/12/05 更新
2013/12/05 更新

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 0
スポンサードリンク