スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

白青黒ヘブンズ

よくあるタイプ?の闇入りヘブンズデッキ。

  • ■ デッキ作者:toma-OG3 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):201311201312
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ファンデッキ
  • ■ パターンファンデッキ
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:329b962d207f6e5fa7dfb9fff4eca893)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 墓守の鐘 ベルリン 2 クリ 光/闇 ハンデス対策。呪文をよけるので、トドメにも向く。 
2 アクア・スーパーエメラル 3 クリ トリガー仕込み。殴れるブロッカーなので無駄になりにくい。 
1 王機聖者ミル・アーマ 3 クリ 光/水 試験枠。低コスト圏が貧弱なので。 
3 光器パーフェクト・マドンナ 5 クリ 守りの要にして、エイヴン下での超安定アタッカーともなれる猛者。 
3 知識の精霊ロードリエス 5 クリ 光/水 中盤のドローソース。わりと大事。 
2 聖鎧亜クイーン・アルカディアス 6 進化 光/闇 〆が弱いので投入。封じられる範囲がとにかく広い。 
1 覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン 7 クリ トドメ用。一斉攻撃はヤミツキになる。 
2 勝利の女神ジャンヌ・ダルク 7 クリ 攻防一体となった、デッキの中心的存在。キューブリックなら避けられる。 
2 真実の名 バウライオン 8 クリ 呪文、主にヘブンズゲートを回収。パワーも十分。 
3 エナジー・ライト 3 呪文 手札補充。ハンドを切らさぬよう心がけるべし。 
3 コアクアンのおつかい 3 呪文 同上。大量ドローを狙える。 
1 リバース・チャージャー 4 呪文 チャージャー。闇入りだからこそ使える、墓地回収手段。 
2 天使と悪魔の墳墓 4 呪文 光/闇 ブースト型相手なんかにはブッ刺さる。 
2 リアルとデスの大逆転 4 呪文 水/闇 除去トリガー兼闇成分補充。相手の能力も悪用すべし。 
1 超次元ミカド・ホール 5 呪文 ピン差し。主なアクセス先はヴォルグかガンヴィート。 
4 ヘブンズ・ゲート 6 呪文 コンセプト。ぶちかませ。 
2 超次元ガロウズ・ホール 6 呪文 ライオットやVANを退けつつヴォルグ、なんて芸当のできる1枚。あとはパンツァーなど。 
1 魔天降臨(殿) 6 呪文 必殺呪文。マナ回収も込めて。 
1 支配のオラクルジュエル 8 呪文 光/闇 試しに。足止めが欲しかったので。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 サンダー・ティーガー 5 雷獣ヴォルグ・ティーガー 12 除去。ガンヴィートと使い分けるべし。 
1 シルバー・ヴォルグ 5 撃墜王ガイアール・キラードラゴン 13 ブロッカー。高パワーとクリーチャーへのアタック可能が魅力。 
1 勝利のプリンプリン 5 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 足止め。緊急時に。 
1 ヴォルグ・サンダー(プレ殿) 6 雷獣ヴォルグ・ティーガー(プレ殿) 12 (プレ殿) (プレ殿) 奥の手。ガロウズホールなら、ライオットやVANは対策できる。 
1 勝利のリュウセイ・カイザー 6 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 妨害。とりあえず、困ったら出す。 
1 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 7 凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート 13 除去要員。呪文と合わせて除去2発は強い。 
1 アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉 7 弩級合身!ジェット・カスケード・アタック 24 手札補充。殴り手としても優秀。 
1 勝利のガイアール・カイザー 7 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 最後の一押しに。 

解説

・元々は対メルゲにと思って作成したものの、実際に組む前に殿堂が改正されたという残念なデッキ。
しかし、割と気に入っているので継続して愛用中。

・全面的にメルゲをメタっている。
キューブリックのバウンスを避けられるジャンヌ。
墓地の呪文を回収し、マクスウェルを対策できるバウライオン。
鉄壁の守りを誇るマドンナ。
そして、なにより「召喚」ではない(= ライオットを抜けられる)ヘブンズゲート。
後述のガロウズホールと、挙げだすとキリが無いのだが、実際に組む前に以下同文。

・とはいえ、ヘブンズデッキの弱点をある程度は補えているかなー、とは思ってます。勝手に。
今後の活躍に期待するデッキのひとつです。

・ピックアップ
【闇文明】
割と見かけない闇入りヘブンズ。光 + 水だと、呪文の回収には長けるものの、
クリーチャーが拾えないという弱点を抱えていた、というのが主な採用理由。
手札をキープしたいという点と、光のブロッカーであるベルリンの能力もかみ合っているように感じます。
また、闇を入れることによる除去手段の充実も大きく、墳墓、ミカドホール等を組み込めるのも強み。

【リアルとデスの大逆転】
単純な除去としてはデーモンハンド等に劣りますが、マナ色を調節できる点、墓地のトリプルマウス等を引っ張り出して、
ベルリンで能動的に回収ができる点など、使い方によってはいくらでも可能性を秘めていると思います。

【超次元ガロウズ・ホール】
一見、エナジーホールで良くも思えますが、手札補充についてはロードリエスやその他呪文でも間に合うため、
ならばいっそ超次元呪文自体は除去系に充ててしまおう、という考えから。
なにより、はじめで書いたように、最大の目的はメルゲ潰しだったため、ライオットを退かしつつヴォルグを出して意表を突く、
なんて芸当も可能だったのですが、今ではあまり使わず。
とはいえ、大型ロッククリーチャー(VANとか)を退かせつつ超次元を展開、というのは他ではあまりできないハズ。
バウライオンの効果使い回しもできたりします。

変更履歴

2014/04/08 更新
2014/04/08 更新
2014/03/03 更新
2013/11/29 更新
2013/11/05 更新
2013/11/01 更新
2013/10/25 更新
2013/09/25 更新
2013/09/25 更新
2013/08/10 更新
2013/08/10 更新
2013/07/27 更新
2013/07/13 更新
2013/06/30 更新
2013/06/30 更新
2013/06/28 更新
2013/06/28 更新
2013/06/26 更新
2013/06/23 更新
2013/06/10 更新
2013/06/09 更新
2013/06/09 更新
2013/06/09 更新
2013/06/09 更新
2013/06/08 更新
2013/06/08 更新
2013/06/07 更新
2013/06/07 更新
2013/06/07 更新
2013/06/07 更新
2013/06/06 更新
2013/06/06 更新
2013/06/06 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/05 更新
2013/06/04 更新
2013/06/04 更新
2013/06/04 更新
2013/06/03 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 0

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク