スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ぞうさんのほうが、もっとすきです!

最近流行り始めたガネーシャ。第二のΛとなるか・・・?

  • ■ デッキ作者:鬼櫻闇 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:a3f5760eda9290e69104551375094911)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 アクア・エボリューター 2 クリ  
4 海底鬼面城(殿) 1  
4 金属器の精獣 カーリ・ガネージャー 4 進化 水/火  
4 熱湯グレンニャー 2 クリ 水/火  
4 爆裂B-BOY 2 クリ  
4 爆竜 GENJI・XX 6 クリ  
3 地獄スクラッパー 7 呪文  
4 冒険妖精ポレゴン 1 クリ 自然  
4 フェアリー・ギフト(殿) 1 呪文 自然  
2 父なる大地 3 呪文 自然  
2 クラッシャー・ベア子姫 7 クリ 自然  
1 未来設計図 2 呪文 自然  

解説

なんだかちょいちょい見られ始めたのでカーリ・ガネージャー(以下、ガネーシャ)のデッキを作ることにしました。
以下は、「なぁにこれぇ」って人のための簡単な解説です。
ただ、「フツーに殴ってるだけじゃラムダと変わらんのじゃい!」と思いませんか?(少なくとも自分はそうでしたw)
そこで今回は。『ギフトGENJIを軸に、ドローをガネーシャで。』という考えにいたりました。
一番いい流れとしては、
1ターン目 鬼面
2ターン目 B-BOY or エボリューター
3ターン目 ガネーシャ
4ターン目 ギフト→GENJI
となります。
最低でも初動となるのはB-BOY、もしくはアクア・エボリューター。
この2体のクリーチャーのどちらかから滑らかにガネーシャへとつなぐことができます。
そして次がガネーシャ。
ガネーシャの利点は3つ。
まずは「火or水ならなんでもおk!」ということ。この進化元の広さはあらゆる戦術を可能にします。場合によってはGENJIからでもイケるんですね~。
そして4コストという軽さ。このデッキの場合、最速3ターン目にはドロー&ビートダウンを同時に開始できます。
最後は、cipでもドロー可能、ということ。
このデッキで、出たターンに殴らないことは滅多にありませんが
手札に嫌な物が見えたりした場合は、「殴らないけど1ドロー!」という選択肢も取れます。
鬼面があれば、先攻でも最低5枚の手札があり、状況しだいでは「3ターン目にして手札6、相手の盾残り3」という状況が作れます。
それだけのハンドがあれば、次の4ターン目にギフト→GENJIと繋げば、STがない場合、次のターンには確実に勝ちに持っていけそうです。

正直、Λに対する八つ当たり的な面はあります。
弱点としては、前半を凌がれた場合のコントロールデッキ、あとはカウンターとミラミス覇くらいですかね。
大半のデッキには勝てるような感じになってると思います。

まだ「こんなんあったらいいんじゃね?」というカードを見落としてる可能性があります。
至らない部分もありますが、何かあったら、是非教えてください;

変更履歴

2014/03/18 更新
2014/03/18 更新
2013/02/02 更新
2013/02/02 更新
2013/02/02 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 0

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク