スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ケロディナンスループ 2021

モビルフォレスト、ザルバ入れてるやつ情弱

  • ■ デッキ作者:nagatyaso000 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ファンデッキ
  • ■ パターン速攻
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:11fabc7a2a4f4937cee5c6597768c0de)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
1 ダンディ・ナスオ(殿) 2 クリ 自然 神 
1 エメラル(殿) 2 クリ 盾回収 
4 パラディソ・シエル 2 NEOク ループパーツ 
3 フィーバー・ナッツ 3 クリ 自然 ループパーツ 
4 ヘームル・エンジオン 2 クリ ループパーツ 
4 森の歌い手ケロディナンス 2 クリ 自然 ループパーツ 
2 メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ 7 クリ 水/火 ゴミのくせに3ドローできる 
1 地彗星アステロイド・ガイア 6 進化 自然 ゴミ 
3 超電星クリスタル・ファランクス 6 進化 ゴミ 
4 双流星キリン・レガシー 5 進化 水/火/自然 ゴミ 
4 ドンドン吸い込むナウ 4 呪文 ST 
3 終末の時計 ザ・クロック 3 クリ ST 
4 Disノメノン 3 クリ 水/火/自然  
1 爺モン&婆ファンクル 4 クリ 火/自然  
1 電磁 アクアン-2 5 クリ 水/火/自然  
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 天啓 CX-20 4  
2 クリスマⅢ 2 ループパーツ 
2 サザン・エー 2  
2 全能ゼンノー 4  
2 ゴルドンゴルドー 2  
2 ロッキーロック 4  

解説

現代によみがえったケロディナンスループになります。
ケロディナンスループとは「モビルフォレスト」のコスト軽減をうまく利用し、「森の歌い手ケロディナンス」と「黒神龍ザルバ」と「エクストリームクロウラー」を駆使して相手のライブラリを無くすデッキでした。

 まずは、このデッキができた苦労と遍歴をお伝えします。
現代のデュエルマスターズにおいてそんなことをする余裕はないので、どうにかして早くできないか考えました。 https://dmvault.ath.cx/deck1541554.html

 超天編当時に組んだ際にメメントモリ神宮とスクアーロの相性の良さからエクストリームクロウラーの不採用が決まり、光文明を入れることからケロディナンス界隈における最強フェニックスの「フェニックスライフ」を入れる構築になりました。しかし、メメントモリ神宮が殿堂によりあえなく撃沈しました。

 時は過ぎ、十王編にて「メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ」が来ました。現状ケロディナンスにおいて最強のフェニックスが更新されました。この頃から。今のループ方法である、「フィーバーナッツ」、「パラディソシエル」「ヘームルエンジオン」のループが出来ました。ただ、手札に4枚もパーツを抱える必要があるためドローをどうにかしたい気持ちがある所に5マナの3ドローのフェニックスで来ました。最強でした。ただ時は十王メタられたのはGR。最速4マナのループはGRできなきゃ何も出来ないのでどうにかして処理できないのかと常に考えてました。

https://dmvault.ath.cx/deck2065943.html

 そして、「禁時王の凶来」で登場した「Disノメノン」メタを狩る最強のクリーチャーが襲来しました。これによっていままでケロディナンス界隈最強であったフェニックスライフが抜けて3色で安定し、なおかつ「とこしえの超人」を絶対殺すマンとして十分な機能をはたしてくれます。
その他に必要なループパーツなら手札、フェニックスならマナと選べる点が非常に使い勝手よいです。
地味に「ドラグ変怪」を処理できるのも評価してます。

 小テクで3Tで「Disノメノン」とこしえ爆破1マナチャージのあと「パラディソシエル」でバウンスして「ジャストダイバー使い回し」や1~3コスメタクリーチャー取った後に「モモキング旅丸」と相打ちを狙えます。

採用カード紹介
・Disノメノン
  この型のキーカード。これがなきゃデッキとして最低限のスペックにならない。
使い方は上記に書いてある通り、とこしえ等のGRメタに使う。
・森の歌い手ケロディナンス
  このデッキの主役。これ出してループ証明した後に「勝ったケロ…」と発言するのが気持ちいい。
・パラディソシエル
  ループパーツ。ジョー星関係にはただのクソでかTブレイカーとして機能できる。
上記にも書いた通りDisノメノンを毎ターン出し直すことができるからそういうニチャニチャできるテクニックが多い。
・ヘームル・エンジオン
  ループパーツ。手札に抱えておくよりクリスマやサザンを出してデッキ回した方が勝ちにつながりやすい。ループパーツだから大事に手に持っておきたいけど積極的に出すプレイもあり。
・フィーバーナッツ
  ループパーツ。ジョー星ゼロルピアの初期レシピにこれを突破できるカードなかったから出したら勝ちだった。今は「大蛇」の鬼ジャドク丸があるので足を引っ張るぐらいの働きになっている。
・爺モン&婆ファンクル
  どのメタにも引っかからない最強のフィニッシュカード。フルネームで呼んで召喚したいランキング上位。
・ エメラル
 盾回収役を担ってくれている。殿堂ではなかったらもう一枚入れたいやつ。
小テクとして場にあるクロックとエメラルをパラディソシエルをNEO進化で出すことでもう一度クロックを仕込み直すのがある。
・ダンディナスオ
 デッキ見て盾に何埋まってるか確認しながら、マナにゴミを叩き込める強さを持っている。「神」と崇めると良く手札に来てくれる。小テクが多いから自分で見つけることを勧める。
・電磁アクアン-2
 鳴動するギガホーンを入れていた枠に採用。
手札補充が主な仕事だけど、デッキに一枚だけのG・ストライクでターン帰ってきて勝ちっていうニチャニチャした勝ち方をしたいから採用。多色が気になるならギガホーンがおすすめ。
・双流星キリン・レガシー
 基本的にこのデッキのフェニックスはバトルゾーンに出せるように採用しています。
Disノメノンカラーでループに必要な自然と水のマナを出せる。
Disノメノンと電磁アクアン-2、メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァが主な進化元。
このパワーと見た目でなんとWブレイカー。
パラディソ等で3点キリンレガシー2点行く時にDisノメノンを出すとジャストダイバーで無敵のダイレクトアタックができる。
・メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ
 3ドローできる。Disノメノンの次のターンにビビッドローで繋がる。雑に出して強い。
ループに重要な水なのでもう一枚ぐらい入れても支障なさそう。
・地彗星アステロイド・ガイア
 ケロディナンス2体から進化。
単色自然フェニックスで唯一出せるカード。
・超電磁クリスタル・ファランクス
 手札進化Vという唯一無二の効果をしている。
出せるから面白い。

ここで遅くなりましたが、ループの解説をします。

ループに入るためには手札に「フィーバーナッツ」「森の歌い手ケロディナンス」「ヘームルエンジオン」「パラディソシエル」マナは合計4枚で自然なら何でもいいカード1枚とフェニックスが3枚(文明は水2枚自然1枚)。フィーバーナッツがなければ、マナのフェニックスが6枚あればループ出来ます。
最初に「GR無限召喚」の初期盤面を作ります。
フィーバーナッツ召喚(※フェニックス3枚タップ)ケロディナンス召喚(※がアンタップ)させます。

初期盤面は「フィーバーナッツ」と「森の歌い手ケロディナンス」マナはフェニックスが水文明2枚と自然文明が1枚です。

①1マナで「ヘームルエンジオン」を召喚して、「森の歌い手ケロディナンス」を手札に戻してGR召喚
②1マナで「パラディソシエル」を召喚。効果で自身と「ヘームルエンジオン」を手札に。
③1マナで「森の歌い手ケロディナンス」を召喚して初期盤面+n<13回ループした分のGRクリーチャー
これを繰り返すことで全部出ます。ここで「クリスマIII」の効果を無限に使うことができるため、無限にマナを増やすことが出来ます。

マナを増やしていく途中で「ヘームルエンジオン」「爺モン&婆ファンクル」「フィーバーナッツ」をマナから1枚づつ拾います。
そしてタップしてマナに入ったフェニックスは上のループをすることでアンタップします。

手札に新たに3枚を加えたらフィニッシュループをします。
その前の準備としてもう1コスト軽減を作ります。この際にフェニックスを2枚マナに増やしておくか複数枚手札にケロディナンスを加えることでフィーバーナッツを召喚して初期盤面に戻します。
フィニッシュループの初期盤面
場に「フィーバーナッツ」2枚「森の歌い手ケロディナンス」手札に「爺モン&婆ファンクル」1枚「ヘームルエンジオン」2枚「パラディソシエル」1枚
マナにフェニックスが6枚(火文明1枚、自然文明2枚、水文明3枚)
①「爺モン&婆ファンクル」を召喚。効果で相手の山札の1枚をシールド化 残りマナ(自然1、水3)
②「ヘームルエンジオン」を召喚、効果で「爺モン&婆ファンクル」を手札。もう一度「ヘームルエンジオン」を召喚、効果で「森の歌い手ケロディナンス」を手札に。残りマナ(自然1、水1)
③「パラディソシエル」を「ヘームルエンジオン」の上に進化し効果で自身と「ヘームルエンジオン」を手札に。残りマナ(自然1)
④残りマナで「森の歌い手ケロディナンス」召喚。初期盤面へ。

これで、相手のデッキがなくなります。「HD2」と違い、「シャッフ」や「ファイナルストップ」に引っかからないのが、特徴です。

変更履歴

2021/12/03 更新

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 40
スポンサードリンク