スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

やばいベン

vv-8…!?

  • ■ デッキ作者:改心丼 さん (note
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターンベンチョイス
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:61dfe56df5be83d4494d1c767f660388)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 メッチャ映えタタキ 2 呪文 ルピアをメタりながらビートも見られる。 
4 天災 デドダム 3 クリ 水/闇/自然 デドダム単体としてはクリーチャーである点、ハヤブサを持ってこれたり後続へのつなぎが優秀な点。 
4 フェアリー・ミラクル 3 呪文 自然  
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ ベンとも相性が良く、一枚でビートに対しての勝率を左右するカードであるので、できれば採用したい。 
1 フォース・アゲイン(殿) 4 呪文 基本チョイス、デドダム等に。チョイスを再利用しつつ軽量化を実現し、時に不可能を可能にする。一枚で自分の動きを柔軟にすること、cipでコントロールする所から採用中。 
4 ドンドン火噴くナウ 5 呪文 水/火/自然 優秀、基本一番強い野良トリガー。デッキの基盤。 
1 ポジトロン・サイン(殿) 5 呪文 フォースアゲインにも立ち位置は似ているが、こちらは野良で有効トリガーとして機能し得る。 
3 Disアイ・チョイス 6 クリ 水/闇/自然 中盤経由札としても使用。 
1 メガ・マナロック・ドラゴン(殿) 6 クリ 確定枠なレベル。デッキに明確な動きがあってそれを優先するとかでない限りは。明らかなテンポアドバンテージ。 
1 禁断機関 VV-8(殿) 6 禁断ク 特にコントロール対面に対して、 
2 灰燼と天門の儀式 6 呪文 光/闇/火 効果自体は申し分ないが蘇生先を用意できないとイマイチ。ベンを早期に立てる札となれば優秀。 
1 闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー
お清めシャラップ
7
3
クリ
呪文
自然
自然
9枚目 
2 龍風混成 ザーディクリカ 7 クリ 光/水/火 今の所中継役として 
2 堕悪の覇王 シャークウガ
闇の魔改造
7
4
クリ
呪文

最近増えているブランドに対して特に刺さる 
3 砕慄接続 グレイトフル・ベン 8 クリ 光/闇/自然 コンセプト。今回ベンーチョイス:3−3 
2 蒼龍の大地 8 呪文 火/自然 シャコフィニッシュの場合やはり数枚は積みたい札。チョイスで打てるのがメインの理由。除去や墓地肥やしもこなす。 
2 天地命動 バラギアラ
輪廻暴冥
9
6
クリ
呪文
自然
チョイスギアラが優秀なのと、純粋に受け札、デドダムやハヤブサ蘇生札として使用する。 
2 水上第九院 シャコガイル 9 クリ フィニッシュ 水単色は評価点 

解説

同型、コントロール対面のサンプルが少ない構築でひとまず公開するので、そこはご了承下さい。

このデッキにおける従来にない新しいアプローチである、シャークウガについてのみ簡単に説明をしておきます。
シャークウガは呪文面「闇の魔改造」としても、クリーチャー面「堕悪の覇王シャークウガ」としても使います。
呪文面は、ビート対面に対しての優秀な受け札、序盤から使える除去札です。
このデッキにはジョー星兼ビートメタになる「メッチャ映え叩き」を採用しており、それと合わせて打つ事で2000ラインに加えて4000ラインを破壊するとか、ザーディクリカで打って7500ラインまで除去を広げるという使い方もします。
クリーチャー面は、序盤は主に除去、ブロッカーとして、中後半は自分のクリーチャーの再利用に使います。
何気にジョー星を剥がせるのが優秀で、シャークウガで遅延しつつ相手がマナブーストにシフトしたターンにマナロックを出して行動を止めたり、ベンチョイスまでの遅延が可能になったりします。素出しも見据える札です。また貴重な確定除去札でもあります。
また、シャークウガbでシャークウガaを戻すと、シャークウガを抱えつつバウンスのみ使うことができるのは覚えておいて損はないです。
ディスアイチョイスからどちらも有効札として使用します。ビート対面にはチョイスを用意しつつ下を使うムーブで全体除去しつつブロッカーを立てたり、後半はチョイス効果で呼んできてデドダムなどを戻したりします。バウンス効果というのは重要で、今まで以上にベン効果や札を温存したフィニッシュを可能にしている部分もあります。
ヘブニアッシュサインは枚数調整枠ですが、シャークウガは呪文面として打った後に墓地にサインの蘇生先を用意しつつ、サインから出せばcipで除去や自分のクリーチャーの再利用をすることが可能です。

1枚なのでそんなに使う機会は多くないですが、VV-8入れてみています。シャークウガ一枚で一気に剥がせること、デドダムやチョイス、ザーディクリカで純粋に剥がしていく事も見据えて、中盤の一つの動きとして、また後半はデッキを掘りつつエクストラターンを利用したフィニッシュとして採用しています。水単色というのも優秀であり、単純にデッキの潤滑油となりつつ、このデッキで採用しているシャコフィニッシュとも相性がよかったりします。デッキを構築して間もないということもあって使用機会が少ない為、今の所はポテンシャルカードというような感覚で刺していますが、今後の活躍に期待です。

追記 
この構築然りこのコンセプトでベンチョイスの構築をいくつか回していましたが、VV-8は入れて大正解でした。
中後半は、VV-8一枚から、シャークウガおよびチョイス等必要牌を持ってきて、5枚掘って2枚回収、さらにエクストラターンまで取ってしまいます。正規コストを払ってプレイする場合でも、12・3マナあれば1ターン中に禁断機動まで現実的に持ち込めます。
またパワーも申し分ないので、サインのバトル効果でも火力が出ますし、エクストラターン以降殴り返し要因としても機能します。
何より封印が干渉を受け辛いのが優秀で、出した後機動をメタれるのはジョー星くらいで、VV-8の場合封印を除去しようとすればエクストラターンが発動します。普通に中盤に出しても機能する札で、シャークウガで一発解放は前述の通りですが、デドダム・チョイス・ザーディクリカで動きながら封印を剥がすことができます。

変更履歴

2021/07/01 追記
2021/06/30 公開

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 2

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク