スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

赤t黒 零龍覇道我我我

先日の赤黒我我我の我我我グールを基盤にして、グールと相性のいい触礼亞と覇道を採用し、デッキパワーを底上げしました〜

  • ■ デッキ作者:K052870 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン我我我ブランド
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:8dfc8c17fde62414f7792870a1844429)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 我我我ガイアール・ブランド 8 ス進 決定力と構築の自由度に優れたフィニッシャーです。 
3 勝利龍装 クラッシュ”覇道” 10 クリ あくまでサブプランですが、キープできる手札と相談し噛み合いがあれば真っ先に出しましょう。 
4 爆殺!! 覇悪怒楽苦 9 呪文 sstでのバトルは強制ですが、あえて小型は破壊しなければ、テスタやリンクウッドなどを場に残せます。 
4 黒神龍グールジェネレイド 7 クリ 復活の儀達成要員です。前回作成の赤黒我我我と比べ、覇道との相性も生まれました。 
1 ”轟轟轟”ブランド(殿) 7 クリ おまけの1ドロー&6000火力はギリギリ違反行為です。実際、プレ殿入りを予想するプレイヤーも多いパワーカードです。 
2 “乱振”舞神 G・W・D 6 クリ メタを焼きつつ、触礼亞覇道の足りない方を探しに行けます。 
4 ”必駆”蛮触礼亞 5 呪文 唱えることで、手札が3枚減るので手札の儀、バトルによる破壊と踏み倒し先の自壊があるので破壊の儀と相性がいいです。 
2 龍装者 バルチュリス 5 クリ 破壊されるとグールが出てきます。たまに触礼亞で出すこともあります。 
3 大爆龍 ダイナボルト 4 クリ 触礼亞覇道後の追い討ちが主な役割です。サブプランにも使えます。 
1 単騎連射 マグナム(殿) 3 クリ ノヴァに対して強力なロックになります。 
1 モエル・モヒッチ 3 クリ gwdと比較すると、1コスト低いことや場に残りやすいことが強みです。 
4 勇騎 バクアイラ-1 2 クリ グールを捨てられる火の2コストのクリーチャーです。 
4 赤い稲妻 テスタ・ロッサ 2 クリ コンボ成立までの時間稼ぎを行います。 
3 爆龍覇 リンクウッド
「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」
2
4
クリ
呪文

初動兼フィニッシャーです。クリーチャー面で回収できるカードも19枚とそこそこ多く、バカにできません。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 ドドド・ドーピードープ 4 手札の無い状況で出るため、デメリットなしで殴れます。 
2 鋼ド級 ダテンクウェールB 4 wブレイカーなので採用しています。 
2 ロッキーロック 4 破壊の儀達成に貢献してくれます。 
2 全能ゼンノー 4 ノヴァやダムドに対する強烈なメタカードです。 
2 グッドルッキン・ブラボー 4 2打点出せるだけでなく、相手のシールドが1枚の時、1体でダイレクトアタックできる点が強いです。 
2 ヘルエグリゴリ-零式 4 手札の儀以外でgr召喚をしないのでデメリットなく出せます。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 将龍剣 ガイアール 4 猛烈将龍 ガイバーン 7 ブロッカーに強いです。主にガイギンガに付けます。 
2 銀河大剣 ガイハート 4 熱血星龍 ガイギンガ 7 ミクセルを無視でき、ホーリーのケアができるフィニッシャーです。 
1 銀河剣 プロトハート 4 星龍解 ガイギンガ・ソウル 7 場のクリーチャーが1体のみの場合、これを付けます。 
1 爆熱剣 バトライ刃(殿) 3 爆熱天守 バトライ閣(殿) 5 爆熱DX バトライ武神(殿) 8 (殿) このカードの真価は攻撃されない効果にあります。覇道を踏み倒してもExターンは取れないので注意です。 
1 無敵剣 プロト・ギガハート 2 最強龍 オウギンガ・ゼロ 7 除去系トリガー全般のメタで採用しています。 
1 熱血爪 メリケン・バルク 2 熱決決闘場 バルク・アリーナ 4 熱血龍 バリキレ・メカマッチョ 7 龍解させれば赤単ブランドを制圧出来るかも知れません。 
1 斬鉄剣 ガイアール・ホーン 2 熱血龍 ザンテツビッグ・ホーン 5 基本的には、お前の相手はオレだ、の2回目以降に付けるドラグハートです。ガイアールやバトライと組み合わせます。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 滅亡の起源 零無 零龍 0 コントロール相手は卍誕して殴り倒します。 
1 手札の儀 零龍 0 ビートダウンをするだけで自然と手札は減っていくので相性がいいです。その様は擬似轟轟轟とも言えそうです。 
1 墓地の儀 零龍 0 自壊効果,ディスカード効果を持つクリーチャーが多いので試合が長引けば自然と達成できます。 
1 復活の儀 零龍 0 グール以外の儀達成要員は採用しにくいものが多いので、儀の中では一番達成が難しくなっています。 
1 破壊の儀 零龍 0 主に触礼亞覇道,gwd,ハードラックで達成させます。 

解説

前回作成の赤黒我我我のもたつきやすさを、グールとも相性のいい触礼亞覇道で強化,解消したデッキです!

このデッキで一番やりたいことは、先攻2t.火2コスト→3t.触礼亞→グール捨て→覇道wブレイク(残り盾3枚)→火2コストで1枚ブレイク(残り盾2枚)→グール蘇生→手札の儀→Exターン獲得→グールwブレイク(残り盾0枚)→ダイレクトアタック、です!

以上は上振れムーブの一例に過ぎませんが、他にも我我我はもちろん、「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」などのパワーのあるフィニッシャーも採用しているため、とこしえやミクセルどちらか1体だけ出てこようとも、無視して殴りに行けます。

零龍と覇道の組み合わせは、DMvaultで他の方が考案したものを参考にさせていただきました。
手札の儀で出てくる1打点が、勝敗を分けることもあります。

オリジナルの赤白ノヴァに対する勝率は先攻後攻平均53.3%でした。この戦績だと、他の環境デッキに有利なら大会にも持っていけると言ったレベルでしょうか。
赤白ノヴァのリストが気になる方はこちらを見ていただけたらと思います。 https://dmvault.ath.cx/deck2118656.html

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました〜

変更履歴

2021/07/02 更新
・解説欄を追記
2021/06/29-3 更新
・解説欄と各カードコメント欄に解説を記載
・採用カードを変更
《ゴルドンゴルドー》×2
→《ヘルエグリゴリ-零式》×2
2021/06/29-2 更新
・採用カードを変更
《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》×1
《“乱振”舞神 G・W・D》×1
《大爆龍 ダイナボルト》×1
《モエル・モヒッチ》×1
→《爆殺!! 覇悪怒楽苦》×4
2021/06/29-1 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 7

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク