スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

零流モルト

調整中

  • ■ デッキ作者:改心丼 さん (note
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:9216bd6ccc4445373c13bf5466fd95c4)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
1 裏切りの魔狼月下城(プレ殿) 2 呪文  
4 天災 デドダム 3 クリ 水/闇/自然  
4 フェアリー・ミラクル 3 呪文 自然  
1 デビル・ドレーン(殿) 3 呪文  
2 闇鎧亜ジャック・アルカディアス 4 クリ 闇/火  
1 フォース・アゲイン(殿) 4 呪文  
3 絶望と反魂と滅殺の決断 5 呪文  
1 龍素記号 Xf クローチェ・フオーコ 5 クリ  
1 生命と大地と轟破の決断(殿) 5 呪文 自然  
1 魔天降臨(殿) 6 呪文  
4 “魔神轟怒”万軍投 6 呪文  
4 襲来、鬼札王国! 6 呪文 闇/火  
4 龍風混成 ザーディクリカ 7 クリ 光/水/火  
4 最終龍覇 グレンモルト 7 クリ 光/闇/火  
4 天命龍装 ホーリーエンド
ナウ・オア・ネバー
7
5
クリ
呪文

 
1 闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー
お清めシャラップ
7
3
クリ
呪文
自然
自然
 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 クリスマⅢ 2  
2 ポクタマたま 3  
2 カット 丙‐二式 3  
2 回収 TE-10 3  
1 アカカゲ・レッドシャドウ 3  
2 全能ゼンノー 4  
1 天啓 CX-20 4  
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 滅亡の起源 零無 零龍 0  
1 墓地の儀 零龍 0  
1 破壊の儀 零龍 0  
1 手札の儀 零龍 0  
1 復活の儀 零龍 0  

解説

初動が3なのと、結果として明確な到達点であるクリーチャーがいないのが難点。
カードパワーはそこそこ高いものの、開いた穴から突然死しやすく、ロックというより最後までコントロールなので、プレイ難易度も高く、キルも遅くなってしまっている。ハンデスはロストではなくカットであるので、完全に芽を摘むようなことがよりできない。また時に自分のリソースよりも相手のハンドを刈る方が強いのは事実。

とこしえを抜いて、できるだけ零龍を活かす構築にできればなという方針。
一応、零龍ワルドが到達点。手札の儀さえ達成できていれば、その他の儀から一度は卍誕で盤面を返す事が出来得る。鬼札王国はドルファ下でもそれを見据えた有効トリガーであるため優先。もちろんマグナはとこしえ一枚で腐ってしまうのでただ強いカードとは言えないが、それなりにトップが強いのと、ザーディクリカによって簡単にはリソースが枯渇しないようにはなっている。そのため、最近はやりのダークネスコンも取れる。確かにカードパワーは高いものの、シャッフも下火でフィニッシュ手段もアダムスキーが主流なため、こちらがリソースで上手を取れれば勝てる対面であろう。とこしえの増加によってグレンモルトは永続的にリソースを稼げる札ではないので、基本的に他のカードでコントロールして、盤面リソースのみとなったときにモルトガイオウバーンを当てる、とか、グレンモルトもよりほかの札と合わせてのコントロールカードとして使用する色が強いように思う。

またマグナの採用と、昨今の環境の採用カードによって破壊の儀が達成しやすく、手札の儀や破壊の儀は零龍の圧をかけつつこのデッキでは優秀なリソース札として機能する。

零龍ワルドを揃えても、封印、ケッシングゼロ等で死んでしまうので、採用が考えられる対面は迂闊に殴らない事。

変更履歴

2021/06/18 公開

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 0

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク