スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ゼーロゼーロン(罪無 ジョイダム垓 入り)

闇王ゼーロを用いたビートデッキ。最速3ターン目にヴィルジャベリン、4ターン目にゲンムエンペラーが着地が出来る。先行3ターン目率は6~7割程度。

  • ■ デッキ作者:そだてや さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:e1238ee1f0ac48bd75c1cc7e44837460)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
2 無限皇帝の顕現 2 呪文 蘇生札 アツトの代わりになる札 
4 一なる部隊 イワシン 2 クリ 山札圧縮 ゼーロを全力で引きに行く 
4 戦略のD・Hアツト 2 クリ 水/闇 ドロー&墓地肥やし 同じ系列で唯一の任意効果 
3 【問2】 ノロン⤴ 2 クリ 水/闇 ドロー&墓地肥やし 
3 戯具 ドゥゲンダ 2 クリ 水/闇 ドロー&墓地肥やし 
4 暗黒鎧 ザロスト 4 クリ 蘇生札 安定して出せるのでビックリーノより優先 
3 那由多 アストロ宙ノ 4 クリ 水/闇 蘇生札&手札回し 盤面に2体いないと出せない 
1 盗掘人形モールス(殿) 5 クリ 墓地回収 G0持ち 手札の儀をサポート 
4 ビックリーノ 5 クリ 蘇生札 相手依存が強いので注意 
3 罪無 ジョイダム垓 5 クリ 水/闇 蘇生札 アツト系を出して手札回し 盤面に2体いないと出せない 
4 闇王ゼーロ 8 呪文 コンセプト ゼーロンとの相性が神 
3 偽槍縫合 ヴィルジャベリン 10 クリ 水/闇/自然 ランデス&ハンデス&除去 耐性付き大型フィニッシャー 
2 ∞龍 ゲンムエンペラー 88888888 クリ 水/闇 コスト5以下封殺 耐性付き大型フィニッシャー2 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 防護の意志 ランジェス 2 ブロッカー札 
2 超衛の意志 エイキャ 2 相手のビートを止める 
2 バツトラの父 3 相手のビートを止める 
2 ポクタマたま 3 墓地メタ 
2 トムライ 丙ー三式 3 墓地メタ 
2 全能ゼンノー 4 SAメタ 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 滅亡の起源 零無 零龍 0 コンセプト 除去されないフィニッシャー 
1 墓地の儀 零龍 0 メタカードなどを焼ける 最後に残して卍誕をずらすことも出来る 
1 復活の儀 零龍 0 墓地肥やし これにより安定して動けるようになる 
1 破壊の儀 零龍 0 墓地回収 そこまで重要ではない 
1 手札の儀 零龍 0 GR召喚 打点が増える 

解説

【初めに】
  解説が非常に長くなってしまいました。お時間のある時にお読み下さい。
  また、パソコン版を基準に作っておりますので携帯の方には読みにくいかもしれませんがご了承願います。

【動き方】
 (先行の場合)
 2ターン目にアツト系を出してドロー&墓地肥やし。この時墓地に蘇生札を落としておく。
 蘇生時に復活の儀を宣言して更に墓地を肥やす。
 3ターン目にマナにカードを置かずに、盤面と手札を3枚捨ててゼーロを唱える。
 効果でヴィルジャベリンを蘇生し、ハンデス&ランデス&除去を行う。
 この時、破壊の儀でゼーロンを回収する。ターンの終わりにヴィルジャベリン効果で2枚ドロー。
 4ターン目にマナにカードを置かずに、盤面と手札を3枚捨ててゼーロを唱える。
 効果でゲンムエンペラーを蘇生する。
 その後、ターンエンド時に手札の儀を宣言。
 5ターン目にゲンムエンペラーとヴィルジャベリンでダイレクトアタックを狙う。
 この時、ゲンムエンペラーが破壊されたタイミングでゼーロン卍誕をして相手のトリガーを防ぐ。

・小技
①蘇生札の優先順位
 1枚目:ザロスト≧ビックリーノ>アストロ宙ノ>ジョイダム垓
 2枚目以降:アストロ宙ノ>ジョイダム垓>ザロスト≧ビックリーノ
 ムゲンクライム系は出すのに盤面に2体必要なため優先順位低め。
 ただ、出しながら手札を回せるため、ザロストかビックリーノが既に墓地にある場合は優先順位が上がる。
 ザロストとビックリーノはどちらにも利点と欠点があるので相手によって使い分ける。
 相手が後攻2ターン目にメタ札を出す場合、ビックリーノはメタ札に引っかからないため最優先。

②ビックリーノについて
 ビックリーノは扱いが難しい札。相手がSトリガーを使うと破壊されるため注意。
 また、相手の場にいても宣言は出来るためゼーロンで盤面を破壊してから展開する事も可能。
 Sトリガーにより破壊されるのは使い方次第でゼーロンとのコンボも可能。

③イワシンについて
 イワシンは水マナのためゼーロのコストには出来ない。アツトなどで墓地に落とし、ゼーロを探しに行くのに使う。
 3ターン目のトップでイワシンが来た場合はゼーロが唱えられないため、ムゲンクライム系を使って墓地に落とす。

④ゼーロン卍誕のタイミング
 墓地の儀を残すことでゼーロン卍誕を遅らせることが出来る。
 様々なデッキに対して有効で相手のビートを完全に止めることが出来る。
 また、ビックリーノと組み合わせることで更に柔軟な動きが出来る。

⑤無限皇帝の顕現について
 アツト系が手札にある場合は打たずに2ターン目に単色マナとして置こう。
 アツト系が見えてない場合は、運に任せて唱えよう。
 アツト系が手札に無い=山札に多い、という事なので成功するときはする。
 イワシンしか蘇生出来ない場合でも、ジョイダム垓などを絡めればゼーロを打てる。

⑥∞龍 ゲンムエンペラーについて
 相手を封殺するための札。
 どのタイミングでも強いが自分のクリーチャー効果も消えることに注意。
 ゼーロンは卍誕した瞬間破壊されるためゲンムエンペラー下では卍誕してはいけない。
 ザロストはブロッカーが消えるため相手の打点によっては負ける恐れがある。不用意に出しすぎない事。

【カード解説】
・無限皇帝の顕現
 墓地蘇生。2ターン目に打てる蘇生カード。
 多色の枚数を減らすために採用。
 墓地のアツト系を蘇生する事で4種類目のアツトになれる。
 しかし、墓地にアツト系が落ちるかが運であるため基本的には単色マナ置きとして使う。

・一なる部隊 イワシン
 デッキ圧縮。ゼーロを探すための札。
 山札や盾から落ちても使える潤滑油。

・戦略のD・Hアツト
 ドロー兼墓地肥やし。なんとしても2ターン目に出したい。
 アツトは唯一任意効果だが、手札を捨てない事は基本ないため関係ない。
 と考えていたが、2回ゼーロを打つ形になったことで山札を減らさないプレーが必要となった。

・【問2】 ノロン⤴
 ドロー兼墓地肥やし。2ターン目に水マナ確保も含めて2枚引きたい。

・戯具 ドゥゲンダ
 ドロー兼墓地肥やし。絶対に引くために同系統合わせて12枚積みだった。
 多色事故が気になり10枚積みに変更。

・暗黒鎧 ザロスト
 墓地蘇生。4種類の蘇生札の中でも最強。
 盾を墓地に送るため墓地の枚数が減らないことも評価できる。
 ブロッカーとして使うこともある。

・那由多 アストロ宙ノ
 墓地蘇生兼手札回し。ムゲンクライム持ち。
 蘇生札の2枚目以降はこれを出したい。
 墓地の儀などで落ちても良いため柔軟に動ける。

・盗掘人形モールス
 墓地回収兼G0。墓地回収の効果はおまけで本命はG0の方。
 破壊の儀が達成した時に、モールスを回収する事で同時に手札の儀も達成できる。
 これにより、4ターン目にゼーロン卍誕からダイレクトの上振れが狙える。
 トリガーが強い相手ならゼーロ回収からのゲンムエンペラー着地を狙った方が良いので、相手によって変えよう。

・ビックリーノ
 墓地蘇生。癖の強い札。後攻だと相手の盤面にいて出せないこともある。
 また、相手によってはSトリガーを使われて破壊されてしまう。
 最後の打点にも使えるため、宣言タイミングを忘れないようにしよう。

・罪無 ジョイダム垓
 墓地蘇生。ムゲンクライム持ち。
 疑似的にアストロ宙ノと同じ動きが出来る。
 アツト系が墓地に無い場合は手札を回せないが、ゼーロのコストとしては問題ない。

・闇王ゼーロ
 コンセプト。大型クリーチャーを蘇生する。
 新弾のぶっ壊れカード。これを引けないと話にならないため、手札を回して探していく。
 破壊の儀で回収して2回打つことが出来る。
 置換効果なので、EXライフ持ちでも墓地に送るため注意。

・偽槍縫合 ヴィルジャベリン
 ハンデス兼ランデス兼除去兼ドロソ。相手の動きを1ターン止める。
 耐性持ちのため除去されにくく、オニカマスなどの踏み倒しメタも貫通する。
 ドロー効果はプレイヤーを選べるため自分の山札と相談して決めよう。
 ゲンムエンペラーが出せない場合は2体目を出して遅延しながら殴っていこう。

・∞龍 ゲンムエンペラー
 5以下の効果を無くせる札。序盤に出すことで相手の動きを止められる。
 基本的にはヴィルジャベリンを出した次のターンに出す。
 その後、ゼーロン卍誕出来るようになってからビートする。
 ヴィルジャベリンの代わりに3ターン目に出しても強力であるため、相手によって考えよう。

 ≪GRゾーン≫
・防御の意思 ランジェス
 ブロッカー。相手のビートを防ぐ。
 お守り程度の感覚。

・超衛の意志 エイキャ
 シールドセイバー。相手のビートを防ぐ。
 墓地の儀を残すことで相手のターンにゼーロン卍誕出来るようになる。

・バツトラの父
 疑似ブロッカー。アタックを止めらえる。
 ゲンムエンペラーが除去された時に便利。

・ポクタマたま
 墓地メタ。対オカルトアンダケイン最終兵器。
 墓地の儀を防ぐことでゼーロン卍誕を防ぐ。

・トムライ 丙-三式
 墓地メタ。対オカルトアンダケイン最終兵器その2。
 スペックはポクタマの劣化だが、それでも入れる価値はある。
 相手の嫌なカードをピンポイントで山札に戻して、オカルトアンダケインの動きを封殺する。

・全能ゼンノー
 スピードアタッカーメタ。マッハファイターもついでにメタれる。
 相手のカウンターを防げる激強札。

(入れ替え候補)
・大樹王 ギガンディダノス
 ハンデス。手札をマナに送らせる。
 墓地ではないため、ハンデスメタや墓地利用に対して強くでれる。
 その半面、高コストカードのトップ解決があり得るため注意。
 ビート対面だと除去手段がないと出た時点で勝てる。
 除去トリガーが多い現環境だとフィニッシャーになり得なかったのでデッキ落ち。

・聖魔連結王 ドルファディロム
 盤面処理兼呪文メタ。トリガーを止めるフィニッシャー。
 耐性もあるためダイレクトが決まりやすい。
 防御札にもなる万能札。
 しかし、現環境では多色トリガーが多いため安全にビートしにくいためゲンムと交換に。

・パス・オクタン
 アンタッチャブル付与。味方を除去から守る。
 トップ解決を許さなくなる。
 カウンターを防ぐ札を優先してボツに。

・ロッキー・ロック
 疑似除去耐性。離れた時にGR召喚出来る。
 相手のゼーロン卍誕や全体除去を貫通できる。
 手札の儀のタイミングが変わったため受けを重視して抜くことに。

【デッキ相性】
 (身内で回してみた結果です。実際には違う所があるかもしれません。)

(全デッキ共通)
 メタカードを出されなければ先行3ターン目にゼーロを打って勝つことが出来る。
 逆に後攻だとビックリーノが出せなかったり、3コスト4コストのメタ札が出てきたりと厳しい。
 全力で先行を取っていきたい。

・5cコントロール 〇
 とこしえを出されるかどうかの勝負。出されなければ大体勝てる。
 逆に出された場合、勝ちの目がかなり薄くなる。
 出される確率は6割ほどなのでひたすら祈ろう。
 もしも出されたら、ゲンムエンペラーを手札から出しに行くプランに変えよう。
≪プレイング≫
 トリガーが多いため、2回目のゼーロを唱えてをゲンムエンペラーを出してから動こう。
 また、残りを墓地の儀のみにする事で殴り時にトリガーを貫通しやすくなる。

・オカルトアンダケイン 〇
 基本的には有利対面。相手が先行3ターン目に全ハンデスなどをしてこなければ勝てる。
 後攻だとビックリーノが出せないためザロストを代わりに引きたい。
 また、後攻の場合はアツト系が墓地の儀で破壊されると厳しくなるため墓地が肥えない事を祈ろう。
 ゲンムエンペラーがいる時は、ゼーロン卍誕されないため大体勝てる。
≪プレイング≫
 基本的には、ゲンムエンペラーを優先して出そう。
 ヴィルジャベリンの効果で相手の多色マナを潰して動けなくする。
 2回目のゼーロを唱えた後は積極的に殴りに行こう。
 その後、手札の儀を宣言してからヴィルジャベリンのドローをする事で相手だけ手札の儀を達成しにくくできる。

・青魔道具 ◎
 ガン有利対面。ゼーロが引けない以外で負けることはない。
 相手はクリーチャーを序盤には出さないためビックリーノは展開できる。
 しかし、トリガー付きの呪文によって破壊されるため出来ればザロストから動きたい。
 ゲンムエンペラーのメタ効果はフィールドには効かないので注意。
≪プレイング≫
 ヴィルジャベリンの効果で相手のフィールドを剝がしていく。
 フィールドを剥がしてから順当にビートをするだけで勝ててしまう。
 また、ゲンムエンペラーも呪文効果が無くなるため有利。
 次のターンに殴れば勝てる。

・赤青バスター ✕
 どうしようもない対面。オニカマスが序盤に出ると蘇生札が出せずに厳しい。
 相手の先行3キルを防ぐ手段もないため押し切られてしまう。
 ゲンムエンペラーを出すことが出来れば勝てるが枚数が少ないため運要素がある。
 先行3キルはどちらにせよ防げないので勝てないと割り切るのもあり。
≪プレイング≫
 まずは、先行になることを祈る。
 その後、オニカマスが出ないことを祈る。
 最後に、ゲンムエンペラーを出せることを祈る。

・赤白バスター ✕
 赤青と同じくキツイ対面。ミクセルがメタとして刺さっている。
 後攻でミクセルを出されてもいいようにビックリーノがあると動きやすい。
 トリガーがホーリーであるためゲンムエンペラーが効かない。
 しかし、ゲンムエンペラーを処理出来る札がサイバーエクスのみなので、返しに殴りきられることはほぼない。
≪プレイング≫
 先行3ターン目にゲンムエンペラーを出したい。
 無理なら、ヴィルジャベリンから盤面処理兼ランデスでテンポロスしてからゲンムエンペラーを探そう。

・バーンメア 〇
 相手は4ターン目から動くことがほとんどなためこちらの動きを通しやすい。
 フェアリー・ライフがトリガーなので、ビックリーノよりザロスト優先。
 相手のトリガーはコスト5以下なので、ゲンムエンペラーを出してビートしていきたい。
≪プレイング≫
 基本的なプレイングを守れば勝てる。
 1回目のゼーロでヴィルジャベリンではなくゲンムエンペラーを出すのもあり。

・4cヴァイカー △
 リツイーギョ、シャッフなどのメタカードがキツイ。
 構築の幅が広いため型が読みにくく、予想外のメタが飛んでくることもある。
 逆に、メタが引けてない時はヴィルジャベリンからテンポロスさせて殴り切れる。
≪プレイング≫
 相手がメタ札を引けてない事を祈ろう。
 それ以外は普通のプレイングと変わらず、相手のトリガーにも怖いものがない。

・デッドダムド 〇
 とこしえ、シャッフなどが厳しい。だが、相手によっては枚数が少ないこともありその場合は有利。
 メタカードが出される前に動ければ勝てる。
 稀に入っているブラックアウトには注意。
≪プレイング≫
 相手のヴェルデを防ぐためにマナが4マナにならないようにしたい。
 先行3ターン目にゼーロを打つことが出来れば相手は動けず、トリガーもほぼないため殴り切れる。
 とこしえを出されたら、手札からゲンムエンペラールートに切り替えよう。

・ブレストドラグナー 〇
 相手が先行3ターン目にニコルなどを出してこなければ勝てる。
 ヴィルジャベリンによるランデスで相手のプランを崩せるため、余裕を持って殴りに行ける。
≪プレイング≫
 いつものプレイを心掛けよう。
 ゲンムエンペラーを出せればトリガーは怖くない。

【参考デッキ】
 枸杞さんの『ゼーロゼーロン』
 (URL)https://dmvault.ath.cx/deck2132158.html
 一緒にデッキ調整をした枸杞さんのゼーロゼーロンとなります。
 ご興味があればご一読下さい。

【あとがき】
 今回は闇王ゼーロを用いたデッキを投稿しました。投稿にあたりデッキ調整を手伝って下さった枸杞さんに感謝申し上げます。
 枸杞さんの型のゼーロゼーロンもURLを張っておりますので、よろしければそちらもご覧ください。
 今回のデッキは、闇王ゼーロの高スペックを生かそうと考えた末に生まれました。
 手札を減らさずに盤面に3体並べるにはどうしようと考え、ザロストやビックリーノが思いつきました。
 そこで行き詰っている所を枸杞さんの助言により、ムゲンクライムを入れて安定したのがこのデッキです。
 かなりの自信作となっていますので、是非一度使ってみて下さい。
 コメント等はいつでもお待ちしております。ここまで長々とお付き合いいただきありがとうございました。

【追伸】
 人気のデッキ入りありがとうございます。今後もデッキ構築を突き詰めていきます。
 これからもよろしくお願いします。

変更履歴

2021/05/19 更新 無限皇帝の顕現3→2 聖魔連結王 ドルファディロム2→0 盗掘人形モールス0→1 ∞龍 ゲンムエンペラー0→2
2021/05/08 更新 デッキ相性を追加
2021/05/08 更新 パス・オクタン2→0 超衛の意志 エイキャ0→2 闇王ゼーロを代用札から変更
2021/05/07 更新 【問2】 ノロン⤴4→3 戯具 ドゥゲンダ4→3 那由多 アストロ宙ノ4→3 罪無 ジョイダム垓4→3
大樹王 ギガンディダノス4→0 ロッキー・ロック2→0 無限皇帝の顕現0→3
偽槍縫合 ヴィルジャベリン0→3 聖魔連結王 ドルファディロム0→2 防御の意思 ランジェス0→2
入れ替え候補を追加 追伸の追加
2021/05/02 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 44

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク