スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

個人的結論零龍ギャスカ

大会優勝経験あり。主に裁定&プレイングまとめ。ずーーーっと使ってきた零龍ギャスカの個人的結論構築。(絶賛更新中)(零龍特有の速攻)(墓地メタで死)(ドラゴンで自壊)(ストレージ拾いボロボロギャスカ)(オーラ)(ザンドで差をつけろ)

  • ■ デッキ作者:RebelHellWolf さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(脳内)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:7cf69ce6f87193c77883f0f30cc4895b)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 怨念怪人ギャスカ(殿) 1 クリ 4投必須。最短2キルを実現するバケモン。 
4 暗黒鎧 ザロスト 4 クリ 4投必須。復活の儀を達成したり、打点を減らさず自壊出来たりしてかなり器用。 
3 偽りの名 ドレッド・ブラッド 7 クリ 2~4投。復活、破壊の儀達成。テック団ケアでもある。 
2 死神術士デスマーチ 1 進化 自由枠。卍誕したターンに致死打点を揃えられる。 
4 ステニャンコ 2 クリ 4投必須。復活、破壊の儀を達成。※後半にバグるカードその1。 
4 虚像の大富豪 ラピス・ラズリ 2 クリ 2~4投。ギャスカの代わり。 
4 卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍 7 オーラ 3~4投。復活、破壊の儀達成。※後半にバグるカードをその2。 
1 堕魔 ザンバリー 1 クリ 自由枠。先行ダースシスとの相性が良い。 
3 斬罪 シ蔑ザンド 4 オーラ 自由枠。破壊の儀達成。※後半にバグる。めっちゃめちゃ強い。 
4 一なる部隊 イワシン 2 クリ 4投必須。墓地の儀達成用。なるべく墓地に落としたい。 
4 暗黒鎧 ダースシスK(殿) 5 クリ 4投必須。オールマイティにすべての儀達成に貢献できるスグレモノ。 
3 ブラッディ・クロス 1 呪文 2~4投。手札がしょぼいときに初動として撃ったり、破壊の儀で手札に持ってきて撃ったり。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 オーマ 丙-二式 3 墓地回収するマン。 
2 ダラク 丙‐二式 3 墓地増やすマン。 
2 シニガミ 丁-四式 4 墓地増やすマン。 
2 トムライ 丙ー三式 3 自由枠(主にドープと選択)。墓地メタるマン。 
2 ポクタマたま 3 墓地メタるマン。 
2 ロッキーロック 4 破壊したいカード。※ステニャンコとすごく相性が良い。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 滅亡の起源 零無 零龍 0  
1 墓地の儀 零龍 0  
1 復活の儀 零龍 0  
1 破壊の儀 零龍 0  
1 手札の儀 零龍 0  

解説

≪デッキ紹介≫※知ってたら飛ばして構いません。
ギャスカ、ラピスラズリで手札を捨てながら墓地を増やし、手札の儀を達成。ザロストなどで復活の儀を達成し、ドレッドブラッドやステニャンコなどで破壊の儀を達成。シニガミ破壊などでなんやかんやして墓地の儀を達成して卍誕して殴りきる、というデッキです。最速で2キル、という衝撃的なデッキとして知られていますが、使ってみると初手がひどいと4キルすら出来なかったり、墓地が10枚もあるのに自壊するクリーチャーが墓地に居なかったりするのがまあまああって、安定して勝ち続けるのが難しいデッキです。少なくとも墓地ソよりは安定しません。そして環境でよく見かけるお清めシャラップなどで対策されやすいため、環境上位には上がってきませんでした。そのせいもあってか、ギャスカは今では安くなり、GRも(ドープ除く)安いので今は組みやすくなっています。
このデッキの特徴は、何と言っても
・圧倒的速度!
・圧倒的ノートリ!
だと思います。圧倒的な速度のおかげで現環境の赤白メタビートや、B我などの受けが弱いデッキに対しては有利、それに対して受けの強いデイヤーやネバー、墓地メタを積んでいるバーンメアなどに不利
といった立ち位置にあります。

≪基本的なプレイング≫

手札弱いときに手札を切らないで下さい。
零龍の4つの儀を達成して零龍で殴って下さい。
それだけです。

☆各儀の達成方法

①手札の儀

最初に達成することが多いです。
ギャスカかラピスラズリ、それか手札調節してダースシスやザンバリーなどを使えば達成できます。
達成後のGRクリーチャーは基本的に自壊にしか使いません。なので私はcipかpig持ちのGRクリーチャーが望ましいと考えています。ただ一つ例外があって、それがドーピードープです。この構築では採用していませんが、ドープを入れておくと卍誕しなくてもアグロが成立したりします。でも卍誕できないときはかなり不利で、ドープで殴っても勝てる相手が少ないと感じたので、採用していません。

②復活の儀

これもかなり達成しやすいです。
この構築ではダースシス、ザロスト、ステニャンコ、ジエンデザーク、ドレッドブラッドを使えば達成出来ます。ビックリーノを採用している構築もありましたが、初動、トリガーのついでなどで除去されやすく、場持ちがかなり悪いので自壊にも詰めのアタッカーにも使いづらいと感じたので採用していません。達成で墓地が2枚増えます。

③破壊の儀

結構達成が面倒な儀です。
主にターン開始時の自壊で達成します。ジエンデザーク(ドレッドブラッド)とステニャンコ、ジエンデザークとザンドなどで達成できます。零龍ギャスカ使いは忘れがちかもしれませんが相手の破壊にも反応するので墓地の儀で相手のクリーチャーを破壊して達成したりすることがあります。
基本的にこれを達成できない時にギャスカやラピスラズリは出すべきではありません。破壊の儀を一生達成できず負けます。経験則ですが、ハンドキープしてターン開始時のドローなどで自壊系が捲れるまで待ってた方がいいです。達成したときに、墓地から闇のカードを回収出来ます。墓地の儀が残っているときは主にダースシスやブラッディクロスを、卍誕したときは主にデスマーチを回収します。

④墓地の儀

GR召喚でダラクやシニガミなどが出て来たときは比較的簡単に達成できますが、ぽくたまやトムライが捲れると達成が難しい場合があります。ドープを入れておくと攻撃時に手札切って墓地を増やせるのでお好みでどぞ。ただ、今の環境殴ったターンでキめないとと危険な場合が多いのでこの構築では入れてません。この儀は考えなしに手札を捨てたりすると達成できなくて地獄を見ることになるので計算しながらプレイして下さい。
達成で相手クリーチャー1体のパワーを-3000出来ます。ほとんど使いませんがたまにこれで破壊の儀を達成したりするので意識しておいて下さい。

≪≪≪≪大事な裁定やプレイング≫≫≫≫
※基本的なプレイングは省略します。
※ここはめっちゃ大事なので見といて下さい。

・ターン開始時の墓地からの復活について

零龍ギャスカの対戦動画などを見ると勘違いしている人が多いように見えるのですが、実はターン開始時の復活は宣言が必要な効果ではありません。宣言が必要な効果ではありません。大事なことなので2回書きました。なので、ジエンデザークで出て来たクリーチャーを見た後にステニャンコでそのクリーチャーを破壊するか選択したりできます。覚えておくと無理に宣言して必要以上に破壊したり、墓地にザンドが落ちるか分からないままジエンデザークを復活するといったことが無くなります。かなり重要なので覚えておきましょう。

・零龍と自壊について

少々事故り3、4ターン目に零龍で殴ったらテック団を引いて耐えられ、返しにシャッフやイグゾーストで零龍をとめられて逆転される…なんてことに抗う術がこれです。
零龍を破壊することによってステニャンコやドレッドブラッド、ジエンデザークを簡単に墓地から出して盤面を取ります。このデッキでは主にステニャンコとジエンデザーク、そしてザンドを使うことで耐えてきたビマナなどに対してめっちゃ強い()動きができます。
具体的には、零龍を破壊してステニャンコを無償で出し、零龍とステニャンコを破壊してジエンデザークを出し、ザンドを付け、相手のクリーチャーを破壊というようなプレイを多用します。
零龍がいることで、(大抵は)墓地のジエンデザークの数だけこれを繰り返し、横展開が苦手なビマナなどに対して強く出ることができます。あと、ザンド効果で零龍破壊して相手だけ破壊する不平等条約とかも出来ます。墓地メタされたら泣いて下さい。

・ステニャンコの扱いについて

前述したジエンデザークとザンドの破壊の踏み台にしたりドレッドブラッドの踏み台にしたりします。最近は殴るとGR意識の全体除去が飛んでくることが多いので横展開させることはあまりありません。逆に単体除去などが多く使われる環境になると横展開させることもあると思います(まだそうやって運用したことがないので予想でしかありませんが)。環境をみて使い分けましょう。

・デスマーチの進化元について

現在の裁定では進化クリーチャーの下のカードのコストを参照でき、波壊GOで5以下バウンスを選択されたとき、進化元がコスト6以上なら場に留まります。なのでテック団ケアでデスマーチの下にドレッドブラッドを仕込むことが多いです。覚えておきましょう。

≪気をつけるカードについて≫
※殴る順序だけ気をつけてればOKです。
※基本的に零龍から殴って下さい。

[墓地メタ系]
・お清めシャラップ、クローチェフォーコ、ぽくたまなど

墓地、復活の儀を達成する前に手札がきれている状態でこれを撃たれるとほぼ負けです。ドープを積んでおくと手札の儀でドープが出た際に墓地をリセットされてもドープとギャスカなどでアグロが成立したり継続して墓地を増やせたりします。財布に余裕のある方はぜひ。

[全体除去トリガー系]
・テック団、旧王、オリジャなど

零龍で殴って勝ったと思ったらテック団で耐えられたりします。が。トリガー対策はきついのでテック団や旧王についてはケアなしで殴るしかありません。オリジャに関しては、相手がオリジャを積んでいそうならマナを伸ばしておいて対策します。ちなみに私はオリジャケアを一切せずに盤面を並べてたらオリジャで一掃され、何とか卍誕したけどスローリーチェーンを仕込まれて耐えられ、次のターンにネイチャーファイブスターされて負けたことがあります。ハンデス相手に舐め腐って「ハンデスwwwされてもなんもダメージないwwww」と思ってダースシスで展開していったらオリジャ撃たれて場と手札が消えて押しきられて負けたことがあります。オリジャはめっちゃ警戒しておきましょう(私怨)。

 
[トリガー展開系(ループ系)]
・天門、ドラサイ、ナウオアネバーなど

断トツで苦手なトリガーです。打点を増やしてから殴る以外にケアできません。相手のノートリを願って思い切って殴ってあげましょう。ちなみに私はデッキの半分はトリガーであろうネバーループに対してノートリで勝ったことがあります(隙自語)。

[マナブーストトリガー系]
・りんご娘、バライフ、ライフなど

零龍だけバトルゾーンにある状態でマナブースト系トリガー相手に殴ったりするのは危険です。少なくともそのような相手にはジャスキル打点を揃えてから殴りましょう。ちなみに私はデイヤー相手に3ターン目、零龍だけがバトルゾーンにいるときに殴ったらバライフとかクリスマとかでブーストされて次のターンにデイヤー!!!されて負けたことがあります。気をつけましょう。

≪対面について≫
私の数少ない環境デッキ共との対面の所感など。
※このデッキ、極端に尖りすぎているため、墓地メタされると勝てなくなったりします。なので相手が墓地メタを引かないと願うしかないお祈りプレイングなどが多いです。ただ、大体のデッキは墓地メタは2枚程度しか入ってません。相手のデッキに2枚墓地メタが入っていると仮定して、それを初手で引く確率Pを算出すると

相手先行 P=73/260≒0.28 約28%
〃 後攻 P=21/65 ≒0.32 約32%
(あくまで初手の話です。参考程度にして下さい。)

先行になる確率と後攻になる確率は同様に確からしいので初手で引く確率は約30%となります。
なので、墓地メタは苦手ですが、一概に墓地メタを搭載しているデッキに不利とは言えません。

・4Cドッカンデイヤー …不利
2キルしないときついです。3キルの動きすると耐えられたときに大体ブーストされてるので普通に返されたりします。

バライフとかりんご娘を引いて耐えられたらかなり危険です。次のターンに大体デイヤー!!!かマグナ2連打みたいなのをされます。デイヤーでもミッツァイルでも飛んできたら基本的にTHE ENDです。
そしてとても嫌なことに最近はクローチェフォーコを搭載しているデイヤーが多いとか。頼むからマジでやめてくれ。デイヤーではありませんが、1ターン目にギャスカ引いて2キルできる!!!って初手のときに相手にターン返したらクローチェフォーコ飛んできて投了した記憶があるのでやめていただきたい。新環境で氏んでくれ。

・シータバーンメア …不利
シャラップケアがなかなか出来ません。後攻ラピスラズリ始動で返しにシャラップされてかなり不利になります。まあ僕は経験してないんですけど。

警戒すべきはライフとりんご娘とシャラップとシャッフです。この対面で面倒なのは、ブーストを警戒してせめてジャスキル打点を揃えようとしているとシャラップやシャッフが飛んできたりするところです。相手のシールドが残ってる状態でシャッフで0宣言されたりすると発狂モンです。1回マジでされたことがあります。そして後手に回ると2キルしないとシャラップが飛んで来るということにおびえることになります。墓地メタ、そしてまあまあな防御性能が突破できず負ける印象があります。新環境で(ry)

・零龍墓地ソース …微有利

クロック、スパイナーを登載していない相手には有利な印象です。でも先行2ターンで5000GT出されると負けます。復活出来ません。あと先行1ターン目にブラッディクロス撃ったら相手がイワシンとか引きまくって相手の墓地が7枚になって死にかけたことがあります。気をつけましょう。ただ速度的に勝っているし、破壊、墓地の儀を警戒して5000GTを出してこなかったりするのでロックも決めさせずに勝つことが多いです。
警戒すべきは相手の零龍。手札の儀でぽくたまとトムライが捲れないことを祈りましょう。
大体は卍誕するタイミングが同じなので、相手がGTで場を一掃してお互い卍誕したあと、クロスファイアが飛んできたりすると負けます。
こちらで出来るメタはGRゾーンにいるぽくたまたまとトムライです。積極的にGR召喚を狙っていきましょう。

・ネバーループ …不利
実は1回しか戦ったことがないし、とんでもない運勝ちしたので参考になる体験はありません。

ただ、デッキリストなどを見ると不利な印象。
理由はトリガーの多さと、手札にループパーツが揃うとループ出来るというネバーループの特性です。
光魂で動きは止まるし、ループにも入れます。Iチョイスとナウオアネバーでもループされて負けそうです。そして最近の構築だとライブラシールドでトリガーを狙ってきたり、ネオブレインで手札補充してきたりするので隙が無さそうです。ビート環境になると強く、これからはビート環境なりそうな気がする(予想)ので今後見る機会が増えるのではないかと思ってます。でもリツイーギョで止まりやすいのでリツイーギョが暴れることを願いましょう。
警戒すべきカードについての項で書きましたが対策は出来ません(少なくとも私は見つけていません)。なので対面したらお祈りして殴って下さい。

・赤単 …有利
チュチュリスとかブレイズクローとか並べられても卍誕したら全部吹き飛ぶし、卍誕出来なくても墓地の儀で吹き飛びます。初動阻害しつつ相手より速く、安全に殴れるのでガン有利です。実際、赤単とは5回くらい戦ったことがありますが、未だに負けたことが無いです。こっちが事故って相手がB我で3ターンキルしてくることなどがあるかもしれません。まあ僕は経験したこと無いんですけど。

・零龍ギャスカ …運ゲー
地獄です。先行が有利かと思いきや、後攻が返しに手札の儀でぽくたまやトムライを捲ってきたりするので、先に手札を捨てるのはリスクがあります。そのせいかお互い速攻なのに悠長にブラッディクロス撃ったりしてお茶を濁すことがあります。マジで地獄です。昔、零龍ギャスカに親を殺されたので僕は弔いの意味も込めてトムライを採用しています。ドヤ顔してる相手にぽくたまやトムライを投げつけてやって下さい。そうすればなんやかんや勝てます。つまり運ゲーです。お疲れさまでした。

※今後順次追加していきます。
4/24追記)…と言いたいところなんですが、最近は実際に対戦する機会が無いせいでしばらくは更新できなさそうです。コロナもクソGR共と一緒にさっさと規制されてくんねぇかな。

《構築解説》
※誰が見てもわかるギャスカなどは飛ばします。

『斬罪 シ蔑ザンド』  3枚
・雑に破壊の儀を達成できますが、こいつ最大の強みはジエンデザークと合わせた時の墓地の儀と破壊の儀の達成のしやすさ、後半の妨害にあります。
例えば従来(初期)の零龍ギャスカは、卍誕する際、墓地におそらくジエンデザーク(ドレッドブラッド)とステニャンコが1体ずつまたはジエンデザーク(ドレッドブラッド)2体とザロスト、などがいることが条件であったと思います。
これを具体的な盤面で検証してみましょう。

1ターン目、ギャスカを召喚、墓地3(4)枚。  ターン終了時GR召喚。墓地にはジエンデザーク(ドレッドブラッド)とステニャンコが1体ずつあり、それ以外は考慮しないものとする。
2ターン目、2体を破壊してジエンデザーク(ドレッドブラッド)。その後ステニャンコでジエンデザーク(ドレッドブラッド)を破壊。この時点で最低墓地枚数は3(4)枚。
復活の儀で2枚墓地を増やす。最低墓地枚数5(6)枚。
破壊の儀で墓地から回収。最低墓地枚数4(5)枚。

ここまで見ていれば(零龍ギャスカを使っていれば)分かりますが、墓地が足りない場合があって、その場合はダースシスやブラッディクロスを回収して墓地を増やそうとするのですが、2キルを狙えなくなる場合があります。なので、少しでも墓地を増やして、イワシンやGR共で墓地の儀を達成して、破壊の儀でデスマーチを回収したいわけです。
そこで強いのがジエンデザークとザンドの組み合わせです。
検証してみましょう。

1ターン目、ギャスカを召喚、墓地3(4)枚。 ターン終了時GR召喚。墓地にはジエンデザークとザンドがあり、それ以外は考慮しないものとする。
2ターン目、2体を破壊してジエンデザーク。GR召喚してジエンデザーク効果で墓地からザンド。ザンド効果でジエンデザークとザンドがついたクリーチャーを破壊。この時点で最低墓地枚数は4(5)枚。
復活の儀で2枚墓地を増やす。最低墓地枚数6(7)枚。
破壊の儀で墓地から回収。最低墓地枚数5(6)枚

見ればわかると思いますが、ジエンデザーク(ドレッドブラッド)とステニャンコの場合よりも墓地枚数が増えています。この1枚の差が大きくて、この場合では、特に後攻の場合なんかは、イワシン、ダラク、シニガミのどれか1枚でも絡めば卍誕できます。これがまず1つ目の利点です。

2つ目は、前半で大体書いたので軽くだけ書きますが、後半になったとき、ジエンデザークと合わせて相手のクリーチャーを破壊できるようになります。このプレイは結構多用します。

あとは、雑に破壊の儀を達成できます。破壊の儀だけが残っている状態で墓地メタをされたときなどに強いです。

4/24追記)構築を少し変えて、ザンバリー2投だったのを1投にしてブラッディクロスを1枚増やしました。理由は以下のとおりです。
・1ターン目の初動としては多くの場合ブラッディクロスの方が優秀であるから
・零龍ギャスカの初動は
初手が強い⇨ギャスカ、ザンバリー、ラズリ
初手が弱い⇨ブラッディクロス
で、今までの構築では初手がゴミカスだった場合にプレイしづらかったかったから
・初手が強い場合の初動は9枚で十分だと思ったから(デイヤーやバーンメアの初動みたいなもんです)
…etc.
本当はもっと山から墓地を増やす手段が欲しいんですが、回したときの所感などから調整をした結果これが総合的に安定すると結論されました。

《GR共について》
このデッキでは、GRは基本的に自壊にしか使わないので、cipかpig持ちが望ましいと考えています。その中で採用候補が結構な数あるのでそれらを見ていきます。

≪現不採用GR共≫
・『ツタンメカーネン』
このデッキの初期段階ではこのカードを採用していたし、強いんですよ。ただ、一つ欠点があります。そう、相手にカードを与えるので、墓地メタを引く確率が上がっちゃうんですよ。後攻ラピスラズリ始動でシャラップ撃たれたりする確率が上がっちゃうんですよ。そこがかなり致命的だと感じ、採用していません。

・『バルバルバルチュー』
こいつもこのデッキの初期段階では採用していたんですが、僕のこの構築だとGRぐるぐるすることが多く、こいつが捲れると、手札は増えますが、盾が減ります。そしてザロストの運用が面倒臭くなることが多かったので採用していません。

・『補充 CL-20』
採用されてるのはあんまり見たことありませんが、こいつ結構強いです。初期段階で採用してました。
山札から引くし、相手に手札を与えたりしないので汎用性が高いです。採用していない理由は、こいつ欠点は無いんですが、他のGRと比べるとあまり強いように思えないんですよね。でもこいつには未来があります。トムライの枠をこいつに変えても大して問題ないと思います。

『バクシュ 丙-二式』
手札の儀で出てくると強いんですよ。初動阻害出来るので。ただ、零龍殴って長引いた後なんかに出てくると結構邪魔です。ジエンデザークとザンドぐるぐるしてGRぐるぐるするときにこいつが捲れるとハンドキープしてたカードを捨てる羽目になったわりに相手にあまりダメージがなかったりして、全体を見るとそんなに強くないように見えたので採用していません。

”『シャギーⅡ』
採用されているのは一度も見たことありませんが、マナにデスマーチを置いてた場合などには強い…と思います。ただ、回収範囲がこのデッキではほとんどの場合オーマの方が優秀なので採用していません。

・『ドドド・ドーピードープ』
強いし零龍ギャスカ使いの半分はこいつを採用していると思います。ですが、このデッキのメインは零龍であって小型共のアグロじゃないんですよ。ドープを採用すると卍誕しなくても攻めていけます。攻撃時に手札を切って墓地を増やせます。とても強いと思います。ですがよく考えて下さい。こいつ殴るんですよ?盾から除去札飛んできたりするとロクにアグロなんて出来やしないし、卍誕がめっちゃ難しくなる可能性があるんですよ?私は、このデッキは「除去耐性、攻撃性能がとても高い零龍を早期に出して殴る」というコンセプトの下成り立っていると思ってます。実際、零龍を出さないで勝ってる試合は私は見たことも聞いたこともありません。だから卍誕しないといけないし、ましてや卍誕を難しくする可能性があるカードなんて要らない訳です。それに零龍出してた方が絵面がいいです(本音)。以上の理由から、この構築では採用していません。でも今後の環境次第では採用はあり得ます。

※今後順次追加していきます。

≪大会結果など≫
4/26)カードキングダムコロシアムinDiscord店(β)
《結果》
・13戦9勝。殿堂入り。

ループ禁止だったおかげで不利対面が少なかった。
あと対戦してて、零龍ギャスカ嫌われてるなぁ、と感じた。まあいつものことですが。
赤単の方には申し訳ない。

≪最後に≫
現環境では正直あんまり勝てませんでした。ただ、リツイーギョなどでネバーやデイヤーが減ったり、モモキングが環境上位に来たりすれば使われるようになるのではないかと思ってます(速攻をコロ助する速攻なので)。その時にこのデッキが参考になったりすると幸いです。相手に何もさせずに勝つのがスキな人は一回使ってみて下さい。でも流行るな。
誰か意見くれ…下さい。

変更履歴

2020/04/28 更新
2020/04/28 更新
2020/04/26 更新
2020/04/25 更新
2020/04/25 更新
2020/04/24 更新 ザンバリーを減らしてブラッディクロスを増やす
2020/04/23 更新
2020/04/23 更新
2020/04/22 更新
2020/04/06 更新
2020/04/03 更新
2020/04/01 更新 めっちゃ強い裁定もらったので追記
2020/03/31 更新
2020/03/30 更新 裁定に自信が無かったので一部裁定確認中
2020/03/30 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 21

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク