スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

最速2キル!大罪エスケープ御嶺ワンショット

いわゆるメンヘラリリアングの動きを更に加速。最速で御嶺を着地させワンショット。相手の除去にも強く大量ドローでハンデス耐性もあり。

  • ■ デッキ作者:tsukimikan1203 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(自信作)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:4c8b22beb212f64cc88f021381cd6729)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 時の玉 ミラク 2 クリ リリアングと並ぶ最小コストエスケープ。死なないブロッカーとしても強い。 
4 ナゾの光・リリアング 2 クリ エスケープ用。銀河御嶺ダイソー2キルも狙える。 
4 ♪銀河の裁きに勝てるもの無し 3 呪文 リリアングとは定番コンビ。 
4 ダイヤモンド・ソード 3 呪文 フィニッシャー。枚数が少ないと耐えられた時困るので4投。 
1 Dの牢閣 メメント守神宮(殿) 4 D2 最強カード。このデッキは並ぶので相性がよい。 
1 瞬封の使徒サグラダ・ファミリア(殿) 2 クリ ナウオアループやSSTに強い。殿堂だがいっぱいドローするので引けるチャンスは多い。 
4 大罪より生まれし果実 3 呪文 1マナGR召喚カード。大罪エスケープでドローしても、シャドウのGゼロに使っても強い。 
4 失罪 モグニ否フ 3 オーラ 同じく1マナGR。果実とは+2000がある点で差別化しよう。呪文メタにも強い。 
4 斬罪 シ蔑ザンド 4 オーラ 除去枠。エスケープ獣が手札にいるとコスパが激ヤバになる。 
2 デッドリー・ラブ 2 呪文 除去枠。シ蔑で除去できない相手に使おう。 
4 魔光騎聖ブラッディ・シャドウ 2 クリ 光/闇 色枠かつ打点枠かつ防御枠。軽量呪文が多いので出しやすい。 
4 雪溶の鎖
堕牛の一撃
2
1
クリ
呪文
自然
エスケープ獣に使うと1マナ3ドローの鬼コスパになる。強い。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 白皇世の意志 御嶺 4 コンセプト。こいつをどうにかして早期着地させるデッキです。 
2 ロッキーロック 4 大罪などで崩せるので実質マーチス。 
2 ボボボ三坊主 3 御嶺をサーチしよう。めくった3枚に御嶺がいない場合も方針転換ができる。 
2 The ジョギラゴン・アバレガン 6 ザインティザイン、テック団に強いため採用。攻撃して手札増やすこともある。 
2 オーマ 丙-二式 3 自壊デッキなため相性がよい。GRを掘り進めるための加速枠。 
2 補充 CL-20 4 自壊デッキなためメカーネンよりもこっちがいい。 

解説

Twitter始めました。よろしくお願いします。
@tsukimikan1203

【概説】

もともと1ヶ月前から温めてたデッキですが、構築が落ち着いたため公開します。リアル所持です。

基盤としてはいわゆるメンヘラリリアングになります。

ミラク、リリアングを着地させ、堕牛の一撃などの自壊カードとエスケープの相性を活かして大量ドローと横展開を重ねていくデッキですね。

しかし、今回のデッキは流行っている構築とは動きがかなり違います。

具体的にはエスケープ獣がいる状態で1マナ、2マナの無月の大罪付きGR召喚カードを連打することで御嶺を着地させ、ダイヤモンド・ソードで殴り込むのがコンセプトです。

元々は青白スコーラーが出始めた頃に一瞬話題となったリリアング裁き御嶺ダイソー2キルを見て「もう少し安定すれば強いのになぁ…」と思ったのが始まりでした。

大量ドローと軽量GRのおかげで余程運が悪くなければ遅くとも4tには御嶺は着地しますし、シ蔑のような除去も入れつつ、御嶺が出なくても打点を揃えて殴れるようになったので構築としては仕上がったかなと思います。

以下、具体的な動きの例を紹介します。出るGRによって差があるので参考程度にどうぞ。

【動きの例】

〈先攻、対面に零龍なし〉
1t
マナチャージ 手札4 マナ1

2t
ドロー 手札5
マナチャージ 手札4 マナ2
モグニ否フ(大罪)手札3
GR召喚 ロッキーロック召喚
堕牛の一撃 ロッキーロック破壊 手札2→4
ロッキー効果GR召喚 ボボボ三坊主召喚
ボボボ効果で御嶺をサーチ
エンド時大罪でボボボ破壊

3t
ドロー 手札5
マナチャージなし
リリアング召喚 手札4
リリアング効果で銀河の裁き 手札3
裁き効果でサーチした御嶺召喚
裁き効果でダイヤモンドソード
御嶺5点
リリアングでダイレクトアタック

【動きの解説】

割とよくある動きです。「そんな上手くいくの?」と思われるかもですが、3tまでにGRゾーンを5枚見ており、その中に1枚でも御嶺がいればいいため現実的なコンボです。

トドメがリリアングで破壊耐性があるのも◎ですね。ただし最近流行りの九番目の旧王、テック団には弱いことに注意しましょう。

もしそれらをケアしたい時にはジョギラゴンアバレガンが有用です。パワーが4000と九番目の旧王の-3000に耐えるのと、テック団の5コス以下バウンスに耐えるため、より確実に息の根を止められます。

【注目カード】

〈斬罪 シ蔑ザンド〉
このデッキにおいては本当に万能カードです。

単純に2コスの除去かつ御嶺ガチャを1回引けるだけで強いのですが、エスケープ獣が場にいればシ蔑効果とエンド時の大罪で2回エスケープが起動します。実質2ドローです。

もちろんGRでロッキーロックがいる場合は砕いてさらに御嶺ガチャ引くのもアリですね。

〈堕牛の一撃〉
vaultに投稿して地味に反応が多かった拙作「圧倒的理不尽 超絶速攻零龍 https://dmvault.ath.cx/deck1913448.html」でも採用していたカードです。

話題の通りエスケープ獣を砕いて1マナ3ドロー!卍卍の動きが強いですね。

他にも2tに「否フor果実+堕牛」で手札を切らさず御嶺ガチャができたり、4マナある状態で堕牛を使ってダイヤモンドソードを探しにいく…など実に柔軟な動きができる良いカードです。

ジャストラビリンスを入れる構築もありますが、闇の1マナGRを積極的にプレイしたい都合、闇枠は減らせないので採用しておりません。

【おわりに】
ここまでご覧いただきありがとうございました。

現在のスコーラー+ファイナルストップで勝つメンヘラリリアングと比べ、爆発力やフィニッシュの安定性は劣りますが、その分ギミックが単純で墓地メタ等にかからない点、キルターンはおおよそ3.5(最速2キル)な点、シ蔑、デッドリーラブのような小型除去を搭載できる点では勝っているのかなと思います。

高騰してしまった邪魂転生やスコーラーが要らず、GRも御嶺以外は安くつく楽しいデッキです。ぜひ組んでみてくださいね。

変更履歴

2020/03/06 更新
2020/03/06 更新
2020/03/05 更新
2020/03/05 更新
2020/03/05 更新
2020/03/05 更新
2020/03/05 更新
2020/03/05 更新
2020/03/05 更新
2020/02/29 更新
2020/02/16 更新
2020/02/15 更新
2020/02/13 更新
2020/02/13 更新
2020/02/10 更新
2020/02/10 更新
2020/02/07 更新
2020/02/02 更新
2020/02/02 更新
2020/02/02 更新
2020/02/01 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 461

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク