スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

黒緑ドルマゲドン ~アポカリプス・デイ始めました~

ずっと触っているお気に入りのデッキ。
(11/3 ちょっといじった)

  • ■ デッキ作者:ororo066 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:a5abc60ca63ab4be5cdc4be259b75d69)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
2 極・龍覇 ヘルボロフ 7 クリ 重量級ドラグナー SA付けて殴ったり横にコマンドを並べたり器用に動く 
2 悪魔龍 ダークマスターズ 7 クリ 大型ハンデス コントロール合戦に強くなる 
2 威牙の幻ハンゾウ 7 クリ 除去札 禁断爆発を狙うシノビ 
2 S級不死 デッドゾーン 6 進化 メインアタッカー 良カードですね(感覚麻痺) 
3 ZEROの侵略 ブラックアウト 6 クリ 奇襲札 おのれデッドダムド! 
1 アポカリプス・デイ 6 呪文 除去札 並ぶデッキにワンチャンを生み出す1枚 
3 凶鬼09号 ギャリベータ 5 クリ メインエンジン 墓地と手札を増やして選択肢も増やす 
3 マッド・デーモン閣下
デーモン・ハンド
5
6
クリ
呪文

墓地回収/除去札 4枚は多いような気がする… 
4 月の死神ベル・ヘル・デ・スカル 5 クリ 闇/自然 万能回収 このデッキの存在理由 
1 不死 デッド55 4 進化 アタッカー 奇襲にもってこいな1枚 
2 解体人形ジェニー 4 クリ ハンデス 2→4で相手のテンポを崩す 
4 Dの牢閣 メメント守神宮(殿) 4 D2 防御札 コレで凌げない環境が来つつある…? 
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ 防御札 閣下やスカルで再利用 
3 悪魔妖精ベラドンナ 2 クリ 闇/自然 ブーストorハンデス タップインの事故が嫌なのでジャスミンと枚数調整 
2 霞み妖精ジャスミン 2 クリ 自然 ブースト いつも通りの初動 
4 フェアリー・ライフ 2 呪文 自然 ブースト 安定の初動 
1 未来設計図 2 呪文 自然 簡易サーチ 序盤も終盤も便利なカード 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 極魔王殿 ウェルカム・ヘル(殿) 5 極・魔壊王 デスゴロス(殿) 10 (殿) (殿) 展開札 ごくまれに裏返ります 
1 獄龍刃 ディアボロス 4 破滅の悪魔龍 ディアジゴク 7 墓地回収 封印から落ちるハンゾウ等を回収できる 
2 龍魂城閣 レッドゥル 3 極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド 50 SA付与 基本使うのはコレ 
1 龍魂教会 ホワイティ 3 極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド 50 フリーズ あると嬉しい1枚 
1 魂喰いの魔狼月下城 3 魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ 6 スレイヤー付与 まれに欲しくなります 
1 革命槍 ジャンヌ・ミゼル 2 聖槍の精霊龍 ダルク・アン・シエル 5 タップ デジルムカデに抵抗 
1 悪夢卍 ミガワリ 2 忍者屋敷 カラクリガエシ 4 絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ 7 除去耐性付与 裏側も心強い 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~(殿) 終焉の禁断 ドルマゲドンX(殿) 999 (殿) (殿) どデカいコンセプト いつまでも使いますとも 
1 FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~(殿) 終焉の禁断 ドルマゲドンX(殿) 999 (殿) (殿) 小型除去 ドミノはいなくなったので出番は減った 
1 FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~(殿) 終焉の禁断 ドルマゲドンX(殿) 999 (殿) (殿) スレイヤー付与 使わないこともない 
1 FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~(殿) 終焉の禁断 ドルマゲドンX(殿) 999 (殿) (殿) パワーアタッカー付与 デッゾがボルドギを突破するとき等に 
1 FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~(殿) 終焉の禁断 ドルマゲドンX(殿) 999 (殿) (殿) 禁断爆発 爆発のタイミングは大事 

解説

何回目だろう、黒緑ドルマゲドンの投稿は…(汗)

デッドダムドが猛威を振るってる今は黒緑ドルマゲドンの影が薄くなってるっぽいけど
大好きなデッキだし、これからも触っていきますよ(いやらしい手つきで)

ドルマゲドン 「オリオティスさんこいつです。」

デッドゾーン 「いや、お前も一緒に裁かれるぞ(コスト的な意味で)」
 
 
【解 説】
 動かし方の説明は割愛。
ちょっとだけ内容を変えました。

 今回は各カードの採用理由と使い方等をメインに書いていきます。
長くなるのでヒマな人だけご覧ください。
 
 
『コンセプト』
●ドルマゲドン
  wikiとか見ていると「禁断爆発後にワンショットを決める、事前に盾を割るのは悪手」という
 記述を見たことがあるけど最近はSTになったパーフェクトウォーターの2回バウンスや、
 採用率が再び上がってきたテックGoなんかで簡単に除去されてしまうので、
 個人的には封印が1つになった段階で相手の盾を割りにいくようにしています。

  盾が無くなった相手にドルマゲドンを突き付ければよほどのことが無い限りはそのまま殴り勝てる。
 もちろん手札を与えるとマズい相手や状況もあるのでよく考えて動く。
  「ゲームしてる感」があって面白いです。
 
 
『メインアタッカー』
●ヘルボロフ ×2
  主に「進化元のいらないSAのコマンド」というのが採用理由。ちなみにザブンプル等一部のメタにはかからない。
 もちろん状況によってはウェルカム・ヘルでスカルや閣下を釣って展開+手札補充という動きも可能。

  この子を召喚したタイミングで封印の数が1つになることがほとんどなので、
 SAを付けて事前に出したコマンドたちで殴りかかるとちょうど相手の盾を0枚まで持っていくこともできる。
  超次元のカード8枚全てが選択肢なので状況に応じて好きなように動けるのが魅力的。
 
 
●ダークマスターズ ×2
  出すタイミング的にはヘルボロフとかぶるが相手の選択肢を根こそぎ奪っていく強さは健在。
 禁断爆発の後にシノビや0トリガーを処理できれば理想的。

  この子の早出しもコンセプトにするのも強力ですが、今はハンデスするより盤面に触れる方がいいと
 感じることも多いので採用は2枚程度で抑えている。
 
 
●デッドゾーン ×2
  タダで場に出せる、手出しも簡単にできるコストの除去持ち3打点…うん、普通だね!(感覚麻痺)

  禁断爆発後にSTで出たスカルを3打点に変えてドルマゲドンと共に殴り切るのがベスト。
 途中でスカルやジェニー等から普通に進化して封印を剥がしつつ除去を撃つという使い方もよくやります。
 
 
●ブラックアウト ×3
  相手によっては腐り気味になることもありますが、デッドダムドやサンマックスが流行っているなら
 出番が無いなんてことは無いはず。

  STで侵略ZEROを狙える父なる大地の採用も考えてはいますが、強力なcip持ちクリーチャーも多いので
 あちらは一旦不採用。ほんとGR召喚って何やねん…(愚痴)
 
 
●不死 デッド55 ×1
  オシャレ枠(笑) 使ってみると悪くはなかった。
  ゲーム後半に「封印を剥がさずに出せる実質SAのコマンド」というなかなかの個性。
 フィールドの封印が1つでハンゾウを握っているときにこの子がいると助かる。

  積極的に出すタイミングは少ないが、スカル、閣下の回収で引っ張ってきたり、
 ヘルボロフの展開したウェルカム・ヘルで飛ばすこともできるので1枚でもそれなりに機能します。
 
 
『デッキの基盤』
●ギャリベータ ×3
  墓地からも召喚できるシステムクリーチャー。
  このデッキは中盤以降スカルと閣下でカードを拾いながら動くのが特徴、
 表向きのカードを増やすのはメリットになるので4ターン目に優先的に出したい。

  とはいえ能力は1~3回使えればいい。山札が減りすぎると逆に選択肢を狭めることもある。
 
 
●ベル・ヘル・デ・スカル ×4
  このデッキを組む理由。STのコマンドで万能な回収能力が魅力。
 封印のカードをそのまま拾うこともできるのでとても相性が良い。

  基本的に枚数は減らせない。
 
 
●デーモン閣下/デーモン・ハンド ×3
  クリーチャー面も便利な回収効果持ち、呪文面で手堅い除去、2つの役割をこなせる。

  4枚にしてもいいけど他のカードを入れる枠として減らした感じ。
 特に気にしないなら4枚突っ込んでも十分働きます。
 
 
●解体人形ジェニー ×2
  2→4でハンデスを狙う。最近のデュエマは『序盤にいかに動けるか』に重点を置いたゲームに
 なりつつある(ような気がする)のでテンポを崩すカードとして再び採用。

  場に残ったらデッドゾーンの進化元に使ったり、メメント守でブロッカーにしたり、
 アポカリプス・デイの頭数になったりするので完全に腐る状況は少ない。
 
 
●ベラドンナ ×3
  初動のブースト。4枚にするとダーク・ライフの頃のトラウマ、
 「次のターンに出そうとしていたダークマスターズがタップインマナで出せない!!」(1日に4回あった)
 という事故を減らすべく枚数調整という形を取った。

 ゲーム後半にウェルカム・ヘルで釣る選択肢が生まれるので枚数を増やしました。
 
 
●ジャスミン ×2
  初動のブースト。クセは無くて使いやすい。
 2→4を決めやすくするため2コストブーストを9枚体制に。

  このカードを見て「物足りない」と感じる人はインフレに毒されてます(断言)
 
 
●フェアリー・ライフ ×4
  ST付きの初動のブースト。終盤にトップで引く以外に悪い点は無い。

  終盤もSTでマナを増やしてハンゾウを出せるマナに到達できたりと便利。
 
 
『防御札、その他』
●ハンゾウ ×2
  殿堂解除されたニンジャ。禁断爆発のタイミングをある程度狙える。

  入れすぎると事故の原因になるので多くても3枚。このデッキだとダークマスターズ、
 ヘルボロフ、この子の枚数調整が割と重要になってくる(←あくまでも個人の感想です)
 
 
●メメント守 ×4
  説明不要の防御札。とはいえコレで凌げないデッキが増えてきているので過信は禁物。

  正直なところ全抜きして他のカードを使ってみようと思っていたけど、
 ブラックアウトとのシナジーを考えるとやはりこのカードが欲しくなりました。
 
 
●ハヤブサマル ×1
  説明不要の防御札。メメント守前提で動くならライデンの方が便利ですが、
 メメント守無しでも活用でき、STで出たスカルをフィールド効果でスレイヤー付与しつつ
 この子を拾って相手の攻撃を牽制したりする動きはなかなか面白い。
 
 
●未来設計図 ×1
  ディメンジョン・ゲートよりコストが軽いことに着目。
 2ターン目にブーストカードが無かったときにつかって3ターン目にジャスミンやベラドンナを
 出せるようにしたり、後半にSTからハンゾウ等のシノビ、侵略ZERO持ちのブラックアウトを
 引っ張ってこれたりと小回りが利く。

  ただあちらと違って盾の中身を確認できなかったり、見た6枚に欲しいクリーチャーが
 いなかったりすることもあって一長一短。
 
 
●アポカリプス・デイ ×1
  カナシミドミノに代わって採用されたカードの1つ。
 すさまじい横並びにSTで対抗できる札。

  2枚入れると腐ることがあるけど、1枚だとかなり運が絡むという難しいポジション。
 でも1枚しか入れていないカードに助けられたらちょっとドラマを感じるよね(適当)
 
 
 
『超次元ゾーン』
●ウェルカム・ヘル/デスゴロス ×1
  墓地にスカル、閣下がいるときに打点を並べつつ手札補充という動きを取れる。
 相手次第ではSA付与して殴り込むより有効なこともあります。

  このデッキでは基本的に裏返ることはありません。
 
 
●レッドゥル ×2
  よく使うドラグハート。実質SAの闇のコマンドというヘルボロフの個性を活かします。

  ゲーム中にヘルボロフを出すのは多くて2回くらいなので3枚以上必要になったことはない。
 
 
●ホワイティ ×1
  使う場面は限定的ですが、このフリーズのおかげで勝てた試合が1~2回ほどある。

  他のドラグハートも使う場面は限られているのでどちらかといえば出番があるほう。
 
 
●魔狼月下城/ミナゴロッセオ ×1
  以前はプロギガを入れていた枠ですが、たまたま活躍する場面があってこちらを採用することに。
 このカードが輝くのはドルマゲドンミラーの時。

  お互いのドルマゲドンを相打ちさせた際、相打ちでの破壊とバトル後のスレイヤーの破壊で2度の除去ができる。
 盾の枚数次第でトドメがさせたり、もう一体の出しておいたクリーチャーでドルマゲドンを除去して
 勝つ選択肢ができたりとなかなか面白い活躍をしてくれました。
 
 
●ディアボロス/ディアジゴク ×1
  墓地にスカル等が居ないときにハンゾウを墓地から拾ったりできるのがわりと便利。

  ごくまれに裏返して打点になります。
 
 
●ジャンヌ・ミゼル/ダルク・アン・シエル ×1
  主に使う相手はデジルムカデ。タップインで出たヘルボロフに装備すると即裏返って
 優秀な守り手兼殴り手になれる。

  単にSAを付けて殴るだけではない器用さを見せつけよう。
 
 
●ミガワリ/カラクリガエシ/ウツセミヘンゲ ×1
  案外別のドラグハートでも良さげな枠。でも裏返すのは難しくないし、
 裏返した後もアタッカーとして優秀なスペックはある。

  闇を主軸にした相手には特に有効に働くかもしれない。
 
 
 
『抜けてしまったカード』
●ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ ×1
  使い勝手は良かったけどやはり2ターン目のブーストを優先する都合上抜けました。
 
 
●ファビュラ・スネイル/ゴルチョップ・トラップ ×2
  活躍するときとしないときの振れ幅が広く安定はしなかった。
 
  STで盤面をひっくり返すのは面白かったですが(笑)
 
 
 
『その他採用候補』
○デジルムカデ ×2~4
  雑に強いカード。合わせてGRゾーンも採用する必要がある。

  単に枠が見つからなくて不採用になっているだけでもある。

○ジェ霊ニー ×1~2
  解体人形に代わって採用を検討できる新カード。

  しかしウェルカム・ヘルで釣れるメリットがあったり、場に残すことで進化元にしたり、
 アポカリプス・デイの頭数として扱える元祖ジェニーの方が取りまわしは良さそう。

○ドルブロ ×1~4
  メメント守に代わって入れようとしていた子。
 ブラックアウトのことを考えたらメメント守を抜くことができなかったので入れることができなかった。

変更履歴

2019/11/03 更新
2019/11/03 更新
2019/09/15 更新
2019/09/15 更新
2019/09/15 更新
2019/09/09 更新
2019/09/09 更新
2019/09/01 更新
2019/09/01 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 24

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク