スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

青魔導具

よくある青魔導具。

  • ■ デッキ作者:zawawa1125 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(自信作)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:ab9f2ba752cb10ffa8b2cdd8482a8aaa)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 堕呪 ゴンパドゥ 2 呪文 新世壊引けないときのために4投。 
2 堕呪 ギャプドゥ 2 呪文 防御札。殴る相手は意外とsst踏んでくれる。1ドローついてるのがシュノドゥとの差別点。 
3 堕呪 バレッドゥ 2 呪文 新世壊下で3ドローできるのは強力。 
2 堕呪 ウキドゥ 2 呪文 裁きの紋章の焼却やメラヴォで残った1枚の確認に。 
4 卍 新世壊 卍 2 無月フ 説明不要。チャフやラフルル等もすり抜ける上に置きドロソまでこなす。 
2 堕呪 シュノドゥ 2 呪文  
3 堕呪 カージグリ 3 呪文 除去札。ジャングル等を駆除。 
2 堕呪 エアヴォ 4 呪文 メラヴォで割った相手の盾から出たメメントを除去できる。 
4 ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ 4 呪文 どの対面でも全体除去は強い。 
4 凶鬼卍号 メラヴォルガル 8 クリ フィニッシャー。クロックとかなら貫通。 
2 卍 ギ・ルーギリン 卍
卍獄ブレイン
8
1
クリ
呪文

下は余った1マナに。上はフィニッシャー兼守り。 
1 卍月 ガ・リュザーク 卍
卍・獄・殺
9
9
クリ
呪文

モルネク対面に。裁定次第です。 
3 月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍 99 呪文 Cho絶ラッシュのことも考えて、ハンドに残す択も。 
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ  
1 H・センボン 3 クリ  
2 MEGATOON・ドッカンデイヤー(殿) 5 クリ  
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 ブルンランブル 2  
2 ソニーソニック 3  
2 ポッポーポップコー 3  
2 ドドド・ドーピードープ 4  
2 グッドルッキン・ブラボー 4  
2 ”魔神轟怒”ブランド 5  

解説

ミノミー選手の構築を参考にしました。
新世壊を引けなかった時のプレイングが非常に気になる…

~各種採用枚数について~
・堕呪ゴンパドゥ×4→3枚見られるので何としても卍新世壊卍引くために最大枚数。
・堕呪ギャプドゥ×4→sstの確率を少しでも上げるため4投。1ドローがシュノドゥとの差。
・堕呪バレッドゥ×3→やはり卍新世壊卍を引くために複数ドローに枠を取りたいので3枚。
・堕呪ウキドゥ×2→絶十の多い環境なら3でもいいかも。詰めに1枚引ければよいので2枚。
・堕呪シュノドゥ×2→貴重な2コスst。
・堕呪カージグリ×3→貴重な敵獣除去st魔導具。
・堕呪エアヴォ×2→相手のドラグハートやフィールドを剥がせるのが便利。
・ゴゴゴCho絶ラッシュ×4→盾からも手打ちでもほしいので最大枚数。エアヴォが少ない分除去はこれ頼み。
・卍ギ・ルーギリン卍/卍獄ブレイン×3→上下とも多用するので3枚。感覚によるが、2だと少なく4だと多い。
・凶鬼卍号メラヴォルガル×3→正直3でも4でもどちらでもいい気がする。
・卍月ガ・リュザーク卍→新世壊引けない時のサブプラン。
・月下卍壊ガ・リュミーズ×3→Cho絶ラッシュでも使うので3がベスト。

~自由枠について~
・本日のラッキーナンバー→メラヴォ起動前はstやsstを止め、メラヴォ起動後はミストや佐助バイケン、ハンゾウを止める。相手の動きの方が早い時には、次の動きを咎める。

以上のように、青魔導具は卍新世壊卍を早期に引けないと非常に苦しいデッキタイプなので、盾をかなり厚くしたり、ハヤブサマルを採用したりと人によって構築は様々です。
ただ、環境でかなりの母数を占めているモルネクやデッドダムドに有利なので、再流行していますね。もし環境がこの三つ巴のままであれば、殿堂のテコ入れがあるかもしれないですね(おそらくないでしょうが)。

〜各種対面との相性について〜
対面については私自身の感覚であり、独断と偏見に基づくのであまり参考にならないかもしれません。
・Wave All赤青覇道:微不利。フレア覇道をバウンスで返せたらワンチャン。GR展開は超絶ラッシュで対応できる。一旦盤面処理すれば落ち着いてこちらの動きを通せる。stは完璧水だけ注意。
・緑ジョラゴン:不利。ポクチンで墓地リセット、踏み倒しメタがきつすぎる。新世壊発動が最速4.5tなので、間に合わないことが多々。
・赤黒墓地ソ:微有利。動きの速さ次第ではあるが、こちらの盾の厚さに分がある。
・チェンドン:有利。チャフ、ニコル、デルフィンでもあまり影響はない。各種シノビもナンバーで止められる。メメントだけ注意。
・モルネク:有利。速度はほぼ同じ。盾の厚さで猛攻はやり過ごせる。
・各種オーラ:有利。パワードブレイカーのおかげでsstが出やすい上、ムカデもギルジャックも意味をなさない。盾もジョ喰ンマを警戒するぐらい。
・メタリカ:不利。グィムショウや玄渦、特にプーンギが重い。こちらが動くより先に展開されて、マルハヴァンやイマムーグで押し切られる。
・青黒ロマノフ:不利?同じ最速5tで決めてくる上、盾からもゲームエンドに持っていかれるので厳しい。ナンバーで3のダンタルを止めれば、展開しかされないみたい。
・青黒/ドロマーハンデス:五分。新世壊をハンデスされるとかなり後れをとることになるが、向こうも準備が整うまで攻めてこないため、あまり苦手な対面ではない。最近だと玄渦やグィムショウ、ポクチンが採用されている構築もあるため、そこは注意。
・アナカラーデッドダムド:有利。審問とお清め意外は殆ど何も効かないのでは。

長文・駄文になってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

変更履歴

2019/10/28 更新
2019/09/03 更新
2019/09/02 更新
2019/08/28 更新
2019/08/07 更新

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 23
スポンサードリンク