スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ザオヴァナインを救いたい9軸G.O.Dガチロボ

イラスト以外散々な評価を受けているザオヴァナインを最大限輝かせようとするデッキ

  • ■ デッキ作者:Comugico さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ファンデッキ
  • ■ パターンG.O.D
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:48729a9d2f0c214fbda5649f7bb96eaa)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
3 ザオヴァナイン・カイザー 9 クリ 光/水 主役!!!GJの勝率(ほぼ)100%!!! 
4 ガチャンコ ガチロボ 6 クリ  
4 極まる侵略 G.O.D. 9 進化  
4 God of Dream
Grenade of D-moll
9
9
NEOク
呪文

 
4 閃光の守護者ホーリー 9 クリ  
4 闘門の精霊ウェルキウス 9 クリ  
4 煌メク聖晶 弩楼
ビスティック・マース
9
4
クリ
呪文

 
4 九極の精霊 マウリエル 9 クリ 光/水  
3 真実の聖霊王 レオ・ザ・スター 9 進化  
2 星門の精霊アケルナル
スターゲイズ・ゲート
9
5
クリ
呪文

 
2 二極 シヴァイーヌ 9 クリ 轟轟轟が殿堂いったので復活 
1 超七極 Gio 9 進化  
1 変幻の精霊ナイツ・オブ・コバルト 9 クリ 光/水 バゴパン出せる可能性が微レ存 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 バツトラの父 3  
2 ポクタマたま 3  
2 予知 TE-20 3  
2 白皇角の意志 ルーベライノ 3  
2 パス・オクタン 2  
2 マシンガントーク 2  

解説

クロニクル刃鬼デッキですら存在意義が怪しいザオヴァナイン。
今回はその特性を考察し、他の就職先を考察する。

〈考察〉
①コスト9で白/青である
 真っ先に思いつくのが究極侵略である。白緑型は論外で、手札の多さを要求する《超七極 Gio》型ではおつかいやジャスティスシェイパーのような優秀な低コストドローソースがあり、GJを外せば準バニラとなるので相性が悪い。
 そこで、GJを発動しやすく白青であることを生かすため《ガチャンコ ガチロボ》型が最適であるとの結論に至った。これまで少なかった優秀なマナ基盤として活躍してくれるだろう。デッキ内のコストをできるだけ統一するという点で《音精 ラフルル》と差別化できている。
②呪文封じがトリガー能力である
 《偽りの王 ナンバーナイン》や《サファイア・ウィズダム》の呪文封じは常在型能力である為に除去されてしまうとそのターン相手は呪文を使用できる。踏み倒して使用することが多いこれらのカードは、総じて踏み倒しメタに弱いといえるだろう。
 一方ザオヴァナインはトリガー能力である為、踏み倒しメタがいようと除去されようと当該ターン中の呪文封じは保証されるのである。どうせG.O.Dでワンショットキルするデッキタイプなので、こちらの方が確実である。
③ハンターである
 本来のデザインコンセプトであるハンター持ちは、意外なところで《アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉》と好相性である。殴り返しを防げ場持ちが良くなる。この点はハンターを持たない《偽りの王 ナンバーナイン》と比較し明らかに優れている点である。

〈結論〉
以上3点から(このデッキに限っては)、《音精 ラフルル》や《偽りの王 ナンバーナイン》、《サファイア・ウィズダム》といった歴戦の呪文メタよりも、《ザオヴァナイン・カイザー》が優れているといえる。

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 5

みた人からのコメント

〇ジムニー〇 2019-07-25 21:19:43 [1]
(´・ω・`)泣いた。明日も頑張ろうって思った。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク