スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ラムダモルト2019〜燃える革命〜

ムーンナイフツインパクト記念

  • ■ デッキ作者:redmolto さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:a3024f0d9d63bc3f55bfa68de099be02)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 幻緑の双月
母なる星域
2
3
クリ
呪文
自然
自然
初動兼逆転用の札。ラムダを1ターン早く出したり、ラズーネマヨをラムダにして打点増強といった使い道も。 
4 桜風妖精ステップル 2 クリ 自然 初動。小型除去を多く積んでいる相手には注意 
4 Rev.タイマン 3 呪文 自然 革命2で確実に1ターン貰える。手打ちができるのが強い。パワー増強もガードマン強化や除去に使えて便利 
4 SMAPON 7 クリ S.S.T.で1ターン貰える。相手のカマスミクセルを焼けること、自身がドギラゴンの進化元になれることが強み。ジョラゴンはマンハッタンがあるのでこれが出ないと厳しいかも。 
4 終末の時計 ザ・クロック 3 クリ 言わずと知れた最強トリガー。打点になれるのがやっぱり偉い。 
3 超電磁コスモ・セブΛ 5 進化 軸。3ドロー気持ちいい。 
4 ラ・ズーネヨマ・パンツァー
逆転のオーロラ
4
5
クリ
呪文
自然
自然
解説に書いた以外にも、ランデス相手に強引なマナブーストを決めたりできる。強い。 
3 龍覇 グレンモルト 6 クリ 主役。カッコいい。踏み倒さないので相手の踏み倒しメタ枠を無力化できるのがモルトの強みの1つかも知れない 
3 ”轟轟轟”ブランド(殿) 7 クリ 打点増強。7コスト払って全体除去にすることも多い。1ドローがとにかく強力。 
2 叡智の聖騎士 スクアーロ
エナジー・ライト
4
3
NEOク
呪文

メメントメタ。ドロソにもなるし、やっぱりツインパクトって強い。 
1 マナゴリラ 6 進化 自然 オサレ枠。何も無い所から2打点+4ブースト。 
2 燃える革命 ドギラゴン 7 進化 逆転劇が最高に気持ちいい。パワーがデカイ事もドンジャングル対策になってくれて強い。 
1 メガ・マナロック・ドラゴン(殿) 6 クリ グッドスタッフ。ドギラゴンが多色化しているので刺さる。 
1 フェアリー・ギフト(殿) 1 呪文 自然 ギフトモルトはパワー。マナロックもパワー。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 将龍剣 ガイアール 4 猛烈将龍 ガイバーン 7 除去。龍解の望みが薄いので、6マナ払ってただの1打点しか残らないのが悩みどころ。 
2 銀河大剣 ガイハート 4 熱血星龍 ガイギンガ 7 主役。カッコいい。説明するまでも無い強さ。 
1 最前戦 XX 幕府 3 熱血龍 GENJI 「天」 6 メメントメタその2。 
2 天守閣 龍王武陣 -闘魂モード- 3 熱血龍 ガイシュカク 6 メメントメタその3。それ以外でもパワー増加が非常に強力。ギラメシアのパワーをドギラゴンが上回ることができるように2枚。 
1 神光の龍槍 ウルオヴェリア 2 神光の精霊龍 ウルティマリア 5 防御用。 
1 無敵剣 プロト・ギガハート 2 最強龍 オウギンガ・ゼロ 7 モルトを出してもすぐやられる状況で、打点を残せる。 

解説

僕はグレンモルトとガイギンガが好きなので、環境と渡り合えるグレンモルトビートダウンを練っています。
何かあればアドバイス頂きたいです。
ガチで戦いたいとは思うものの、グレンモルトにこだわるとバスターやゴゴゴをはじめとする最新のビートにはどうしても速度で劣ってしまう。そこで今回は、一度攻撃を受け切ってから逆転する方向で組みました。
基本の動き方は、従来のラムダモルトと同じで2→4→5でラムダ、もしくは2→4→6でモルトを出してビートを仕掛ける形になります。

新しいのはここからです。

星域の旨味を生かす方法を考え、行き着いたのは「燃える革命ドギラゴン」。
仮想敵はバスターやゴゴゴ、ジョラゴンなどスピードで盾を割りに来る系統です。
12枚の1ターンを稼げるトリガーから星域、ドギラゴンによる革命逆転劇を目指します。
ツインパクトオーロラが強く、クリーチャー面を3ターン目に建てることが出来ればビートに対して強く出ることができます。さらに12000パワーのガードマンによりこちらのムーンナイフやステップルといった貧弱なアタッカーが安心してビートを仕掛けることが可能に。加えて条件が整えばオーロラドギラゴンのプランも見えてきます。

ラムダによる安定性、ガイギンガの耐性にゴゴゴの打点増強といった従来のビート性能も健在で、ドギラゴンムーブができなくともトリガー獣からモルトでそのまま殴り勝てることも多いです。

踏み倒しメタについては、バスター以外にイマイチ刺さらない事から他のビートもまとめて見れるラ・ズーネマヨ・パンツァーに差し替えています。その分間に合わない事が少し増えたデメリットもありましたが、相手の動きを邪魔するだけでなく、勝ちに繋がる動きのできるこちらを優先しました。

苦手対面はドロハンやチェンジザダンテ等、どっしり構えて逆転を許さない状況でフィニッシュするデッキです。ビートを強く意識している分ある程度は仕方ないのかもわからないですが、どうにか勝率を上げていきたいです。

各カードの細かい採用理由はカード毎に書いてあります。診断よろしくお願いします。

変更履歴

2019/01/25 更新
2019/01/25 更新
2019/01/25 更新
2019/01/24 更新
2019/01/23 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 4

みた人からのコメント

ka244 2019-02-03 09:58:13 [1]
自分も、構築自由度が高いグレンモルト+ガイギンガ好きで参考になります。
轟轟轟ブランド抜きの、龍装者バルチュリス×2にグレンモルト×1は如何でしょうか?
ka244 2019-02-03 10:03:04 [2]
解説冒頭の趣旨的にも、時代を切り裂く的な意味合いでも…。
長文失礼しました。
自分もリアル所持で、今時それ?とか言われますけど、お互いに頑張りましょう!
redmolto 2019-02-15 20:34:46 [3]
返信遅くなりごめんなさい。
時代に抗いたいというよりは、グレンモルトビートダウンで行けるところまで行きたい、という趣旨なのでモルトが抜けない限り環境カードもガンガン使っていくつもりです。その点でブランドを抜く理由にはなりません。しかし、バルチュリスには盾を破られたあとの増えた手札からでも打点を増強できるということや、ある程度のトリガー耐性など独自の強みもあるので一考したいと思います。
コメントありがとうございました。お互い頑張りましょう。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク