スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

煌世主Z

絶十で軽減しつつサッヴァークビート

  • ■ デッキ作者:MirrorsLukana さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン絶十
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:02d491cf211c36cf8a5f83d41ca03dd9)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 憤怒スル破面ノ裁キ 2 呪文 初動 絶十を引き込みたい 
2 堅珠ノ正裁Z 2 呪文 踏み倒しメタ 低コストで張り付けるだけで強い 
4 巡ル運命ノ裁キ 3 呪文 次動 次T初手で絶十出したい 
2 転生ノ正裁Z 3 呪文 次動2 憤怒回収→Z踏み倒し、のもう1策 でもメインは巡ル運命 これで6コス軽減できるかは知らなーい 
3 命翼ノ裁キ 4 呪文 三動 絶十出した後の展開用 
2 刻鳥ノ正裁Z 4 呪文 疑似トリガー ほぼ無限に使い回せるのが利点、だがアドは弱い 
4 煌メク聖戦 絶十 5 クリ 核 ミクセル、防鎧にはとことん弱い 
2 ドラゴンズ・サイン 5 呪文 初不、サッヴァーク用 状況に合わせて出そう 
3 龍装の調べ 初不
ホーリー・スパーク
6
6
クリ
呪文

トリガー1 自身含め6回相手のアンタップを防ごう 
3 DNA・スパーク 6 呪文 トリガー2 盾増やすのも旨味 
3 煌龍 サッヴァーク 7 クリ フィニッシャー 絶十の処理対策にも 
3 魂穿ツ煌世ノ正裁Z 7 呪文 疑似トリガー2 8以下なので大体処理できる 
1 天ニ煌メク龍終ノ裁キ 7 呪文 ゼロ サッヴァークを起き上がらせる用 入れるなら1枚 
2 煌メク聖壁 灰瞳 8 クリ 命翼の後に出したい 4T目に出してハンド補充 
2 煌世主 サッヴァーク† 10 クリ フィニッシャー2 出せたらほぼ勝ちまで持っていける 

解説

9/25更新
クッソ長文の✝等考察欄を削除。
転生、ドラゴンズサインの枚数削減、初不、煌世を追加。
負け筋の項目を追加

【基本の動き】
2マナ 破面
3マナ 巡ル運命で次ターン起動待機
4マナ ①絶十起動下1マナ命翼→2マナ灰瞳、ハンド回収から1マナサッヴァークorサッヴァーク✝
    ②巡ル運命がない場合、破面の盾対象に転生、サバキZから絶十、6コス軽減からサッヴァーク
(但し②の状況はトライガード絶十の暫定回答を元にした動き。正式回答が異なることもあり得る。)
勿論、①の場合でも絶十起動下直接サッヴァークも可

【勝ち筋】
サッヴァーク展開後はそのままビートが勝ち筋。
1ショットの場面でも相手のトリガーは踏みかねないので、ちまちま殴るが吉。
龍終があれば1T早く終わらせることも可能。ただし✝の場合は絶十が落ちる可能性もあるため要注意。

【負け筋】
・絶十起動ができないと負け
→速攻、踏み倒しメタにはとことん弱い。
手札が弱いときも当然負ける。

・相手攻撃への対処が追い付かないと負け
絶十は受け札としての役割は盾を1枚増やす程度しかできず、相手ターンで出た場合次のコスト軽減もできない。
そのため受け札としてはトリガーのスパーク、手札依存のドラゴンズ・サインと、加わるカード依存のサバキZで撃てる紋章各種が対象。
一番の札はスパーク、からの返しのターンで初不のフリーズ。これで次のターンまではほぼ回る。
二番札は魂穿ツ煌世ノ正裁Z。デッキ内で数少ない除去札。
三番札としてドラゴンズ・サイン。手札依存だがサッヴァークが出れば一枚除去できる。
初不は折角のフリーズがあまり機能しないため撃ち損。もしものブロッカーとしての使用以外は温存が安牌。
最後に刻鳥ノ正裁Z。タップからフリーズ、但し1体のみ。
各種スパークと比べて返しの力が弱いため、終盤は腐る可能性。
ただ持っておいて損はないため、お守り程度に手札に握りたい。
合計4種14枚、内トリガー8枚、疑似トリガー6枚(起動役14枚)で、攻撃を捌ききれないと負け。
正裁Zを起動するカードは多いため、疑似トリガーで対処できないこともない。
が、1枚に対して盾を1枚以上要求されるため、押し切られれば当然負け。命翼をサバキZで撃たせろ。
現環境は攻め側が速すぎるため、1枚で2枚以上を止めたい。がためのスパーク呪文。
サバキZで止めるのは予備の予備くらいの印象。

【変更点】
「初不/ホーリースパーク」
トリガー枠 ドラゴンズ・サインでの対象が少ないため採用。
4コスト帯での動きで絶十→初不でも動ける。
相手がタップしている前提のため、出すタイミングと使う面には注意が必要。
ブロッカー持ちのためなかなか仕事をしてくれる。

【変更案】
刻鳥1枚、サッヴァーク1枚→堅珠ノ正裁Z2枚
コスト踏み倒しには滅法弱いため、採用の可能性はアリ。
使った後も盾に貼りつくため使いまわしも容易。巡ル運命や転生で回収もできたりする。
が、オリオティス・ジャッジではないため、先撃ちでないと効果なし。
使うタイミングは難しそう。

【コメントより】
「無双の縛り 達閃/パシフィックスパーク」
相手ターン中にクリーチャーを1体しか出せないロック能力と、氏んでも全体タップの2段構え。
加えて呪文側の全タップは3コストとクッソ低いのがグッド。
こちらにクリーチャーがいれば全タップ、からの殴りで処理が可能。
問題は殴る札がいないため、5コス絶十素出しを強制される。
スタッツが高めのウィニーを入れつつ仕事をさせてもいいかもしれない。
なにより初不とのシナジーも強い。
初不を核にした天門スパークでも仕事をしてくれそう。

ミクセル、防鎧には弱いが、サバキZは「召喚」する能力のため、カマスにはひっかからない。
そのためウィニーへのアタッカーとして十分見込める。
そもそもサバキZで着地さえしてしまえばコスト軽減下召喚が可能なので、こちらもカマスにはひっかからない。
結果達閃採用は見送り、まだ考察段階、といった形になりました。
コメントしてくださった方、ありがとうございました。

みたいな感じで
まだまだ思考中、アドバイスや質問等コメントあればください。
よろしくお願いします。

変更履歴

2018/09/29 更新
2018/09/29 更新
2018/09/28 更新
2018/09/25 更新
2018/09/24 更新
2018/09/24 更新
2018/09/24 更新
2018/09/22 更新
2018/09/22 更新
2018/09/17 更新
2018/09/17 更新
2018/09/17 更新
2018/09/17 更新
2018/09/17 更新
2018/09/17 更新
2018/09/12 更新
2018/09/12 更新
2018/09/12 更新
2018/09/12 更新
2018/09/12 更新
2018/09/12 更新
2018/09/10 更新
2018/09/10 更新
2018/09/10 更新
2018/09/09 更新
2018/09/09 更新
2018/09/09 更新
2018/09/09 更新
2018/09/09 更新

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 107

みた人からのコメント

GASeele 2018-09-17 09:30:13 [1]
新弾の無双の縛り 達閃/パシフィック・スパークは入りませんかね?3コス全タップなのでカマス相手でも殴り返しが効くと思うんですが、枠無さそうですかね?
MirrorsLukana 2018-09-17 10:27:00 [2]
コメントありがとうございます。
パシフィック・スパーク自体はとても強力ですね、近く考察して、追加しておきます。

問題はカマスのスタッツで、2マナアンタッチャブルの癖に2000もありやがります。
スパークを撃てたとして、カマスを殴る札がミクセルしか存在しないこのデッキでは、
カマス殴る、ミクセルも消える、相手の踏み倒しからワンキル
の可能性が高いです、3、4ターン目ですし。
結果他のウィニーも採用しなければいけない事態になるため、やはり巡ル絶十の動きができないときは負け覚悟で、となってしまうかな、といった次第です。
スパーク特化…絶十抜いて初不でいいな!となると本末転倒ですので…
また再構築ですね、考察しなおしてきます。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク