スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ビクトリーラッシュ

普通の白刃鬼。クロニクルデッキで強化されたのは良き。

  • ■ デッキ作者:神凪綺嵐 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン刃鬼
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:3dd8752c113c216bab7f91a8a34d42aa)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
2 「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」 11 クリ ゼロ 【GJ】まさに必勝の切札。 
1 勝利宣言 鬼丸「覇」(殿) 10 クリ 【GJ・SA】エース。エクストラターンは文字通り勝利宣言。 
1 永遠のリュウセイ・カイザー 8 クリ メテオライトと役割が被るものの相手タップインは強いので1枚。 
2 不敗のダイハード・リュウセイ 8 クリ 敗北を無効にしつつ盾焼却が可能。呪文重視デッキはザオヴァナインに任せる。 
2 黒豆だんしゃく
白米男しゃく
8
3
クリ
呪文
自然
自然
黒豆としてよりピクシー・ライフの代理として白米を使うのが主。 
4 闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー
お清めシャラップ
7
3
クリ
呪文
自然
自然
【MF】墓地利用系メタ、ハンターの頭数と弱い事は何も書いてないので気合の4積み。 
4 フェアリー・ライフ 2 呪文 自然 ST・初動。 
2 龍素記号Sr スペルサイクリカ 7 クリ 墓地の呪文を使い回す。 
1 超次元ガロウズ・ホール 6 呪文 いざという時頼りになるので採用。 
4 ドンドン吸い込むナウ 4 呪文 【ST】潤滑油。 
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ 【NS】味方1体をブロッカー化はやはり便利。 
1 ザオヴァナイン・カイザー 9 クリ 光/水 【GJ】何か世間からは酷評されてるけど大事な1体。クリーチャー重視デッキはダイハードに任せる。 
2 閃光のメテオライト・リュウセイ 8 クリ 光/火 敵獣を全タップして活路を開く。プチョヘンザへの即チェンジも。 
2 百族の長 プチョヘンザ 8 クリ 自然/光 【革命チェンジ】カーネルが抜けたものの制圧力は高いので続投。 
3 メヂカラ・コバルト・カイザー
アイド・ワイズ・シャッター
7
4
クリ
呪文

【ST】コバルトとしてもシャッターとしても優秀。枠さえ割ければ4枚採用も有り。 
1 ボルバルザーク・エクス(殿) 7 クリ 火/自然 【SA】マナをフルアンタップ。再展開やマナ加速→エクス→刃鬼へも。 
2 龍仙ロマネスク 6 クリ 光/火/自然 【ブロッカー】脅威の4マナ加速。元殿堂カードは伊達じゃない。 
4 フェアリー・シャワー 4 呪文 水/自然 【ST】潤滑油。 
1 超次元ホワイトグリーン・ホール 4 呪文 自然/光 盾埋めやマナ回収と痒い所に手が届く。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉 7 弩級合身!ジェット・カスケード・アタック 24 置きドロソ。 
1 勝利のガイアール・カイザー 7 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 相手の邪魔なクリーチャーを撃破。自爆特攻で不敗と組んで盾焼却も。 
2 勝利のプリンプリン 5 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 主にホワグリ用だがサイクリカもいるので保険の2枚。 
1 勝利のリュウセイ・カイザー 6 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 時間稼ぎ。 
1 イオの伝道師ガガ・パックン 4 貪欲バリバリ・パックンガー 15 呪文重視デッキに睨みを聞かせる為採用。 
1 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 7 凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート 13 優秀な除去札。 
1 時空の賢者ランブル 7 恐気の覚醒者ランブル・レクター 14 ドン吸いでボトムを固定出来るので覚醒は簡単。 

解説

マナ加速して刃鬼を出せば大体勝てる。シンプルにして強力なデッキ。

クロニクルデッキやデュエキングパックで優秀な強化パーツを得た事もあり、環境トップとは言えずとも環境デッキとも戦えるレベルに帰還。
特にメジカラ・コバルト・カイザーとステゴロ・カイザーは序盤から終盤にかけて腐る場面が少なく、シャッターで速攻を防いだりシャラップでマナ加速しつつロマノフ等墓地利用に特化したデッキへのメタになったりと優秀。昔より遥かに器用になりました。

そして、もう一つの大きな変化がザオヴァナイン・カイザーの登場。世間的には酷評され変な名前まで付けられているようですが、私はこのカードを非常に評価していて、刃鬼にとって新たなフィニッシュカードだと思っています。確かにGJに勝たなければ実質バニラ、勝てても呪文封じはそのターン中だけと能力だけ見ればナンバーナインやデル・フィンの下位互換に見えます。
ですが、刃鬼にとっては充分なスペックです。そもそも刃鬼は出したターンにハンター大量展開で一気に押し込むデッキなので、呪文封じなんて1ターンあれば充分。また、GJは登場時と攻撃時で2回チャンスがあるので意外と呪文封じは簡単。文明も水光と2色持ちなのでデッキの色合わせとしても役に立ちます。コストもナンバーナインと同様9なので、デッキに残っていればそれはそれで刃鬼や鬼丸「覇」のGJアシストになるので気になりません。

勿論万能では無いので、仕事出来ない対面は多いです。能力がピンポイントなので呪文を受け札にしていないデッキへは役割がありません。その場合は素直にダイハードを頼りましょう。ですが、逆に呪文を主軸とするデッキに対してはダイハードより優先して繰り出します。というかその手のデッキにダイハードはあまり役割がありません。
なので、相手に合わせてダイハードとザオヴァナインを上手く使い分けるというのが今の刃鬼の戦い方だと思います。むしろ今までダイハードが通じない相手には鬼丸「覇」のEXターンで押し切るしか無かった刃鬼が、呪文封じが出来る大型ハンターを手に入れたのですからこれは喜ぶべきです。

変更履歴

2019/09/30 更新

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 1
スポンサードリンク