スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

権利戦ビートジョッキー

これから(8月中)に権利戦に出る方へ

レシピ

(ハッシュ:b9f3b7eb6a920f6c8fb822bafccccadc)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 一番隊 チュチュリス 2 クリ 必須枠。今更語ることはない 
4 ダチッコ・チュリス 2 クリ 必須枠。ガンブルマンや罰怒ブランドに 
3 アッポー・チュリス 2 クリ たぶん必須枠で3枚固定。適当に出しても破壊されてもドローできる上にこいつに除去を使わせたと考えればよし。ただ4枚は多いし2枚だと少ないので3枚で 
3 ブルマン・チュリス 2 NEOク 調整枠。手札入れ替え。ガンブルマンがいるとこいつも3000除去できる。進化して殴るのもよし 
2 勇愛の天秤 2 呪文 調整枠。一番隊殺しと手札入れ替え 
4 トツゲキ戦車 バクゲットー 3 クリ 調整枠。罰怒ブランドで展開した後などハンドが枯れたときに出す。 
2 ドープ”DBL”ボーダー 4 クリ トドメと一掃用。いらない 
3 早撃人形マグナム 4 クリ メタリカとトリガー獣の殴り返し対策。でもぶっちゃけチュチュリスやダチッコで軽減できないからいらない 
4 ”罰怒”ブランド 7 クリ 必須枠・・・なんだが、ガンブルマン優先。最後の一押しかガンブルマン来なかったとき用 
4 ランド覇車 ガンブルマン 6 NEOク 必須枠。基本これが除去られなければ勝てる 
4 爆殺!! 覇悪怒楽苦 9 呪文 トリガー 
3 マスター・スパーク 6 呪文 トリガー。ドローもできる 

解説

このページのデッキは私が実際に権利戦で使って「負けた」デッキです。いろんな意味で絶対にこのままで使用しないでください。ガンブルマンを引けば勝てていたのですが、ガンブルマン以外にもナグナグやリミテッドなど除去しながら攻めるカードがあるにも関わらず採用しなかったのが敗因です。

 このデッキで戦ってみて分かったことは、現環境ではガンブルマンで殴れば強いこと。3ターン目に出るとトリガーくらいでしか対処ができないためです(見落としがなければ)。
 展開からの罰怒ブランドでは、罰怒ブランド以外のクリーチャーが小型ばかりですのでトリガーで止まる範囲が広く、止めた後に手札のカードで処理されやすいのでハンドも場も枯れます。ガンブルマン単騎で殴るとデスハンズ、デモハン、罠超人、覇悪怒楽苦、殴り返しのオクトーパくらいでしか処理できません。処理されてもハンドがまだある(はずです)ので攻め続けられます。

 このデッキからバクゲットー1枚とDBLボーダー、マグナムを抜く、または調整をして除去しながら殴れるナグナグチュリスや罰怒ブランドリミテッドを入れたほうが良いです。
 相手のシールドが0になれば勝機はあります。このデッキのままでは勝てませんでしたが。

 最後に、トリガーは運なので諦めて殴りにいってください。それよりも一番隊やブロッカー、攻撃を逸らすメタリカを除去できなくて負けたというようなことがないことを祈ります。それは私だけで十分です。権利戦でビートジョッキー使いの方の優勝を願います。

   P.S. アドバイス通り行ったけど負けたと言われても、人も環境も違うので知ったこっちゃないです。

 P.S.の P.S. この 「P.S.」って使いたくなりますよね。

変更履歴

2017/08/23 更新

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 1

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク