スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ホワイトラムダ

超奇形ラムダビート

  • ■ デッキ作者:縦笛時計 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:82728cbd8a2cb7488d9368d4cb7d19ae)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン 7 クリ 奇形要素 
4 希望と勝利の伝説 5 呪文 水/火 奇形要素 
4 Dの博才 サイバーダイス・ベガス 5 D2 奇形要素 
3 紫電城バルザーク 5 奇形要素/奇襲性 
4 超電磁コスモ・セブΛ 5 進化 核(? 
4 ドンドン吸い込むナウ 4 呪文 防御札兼サーチ 
3 進化の化身 4 クリ 自然 ラムダサーチ 
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ 一応防御札 
3 単騎連射 マグナム(殿) 3 クリ メタ 
4 桜風妖精ステップル 2 クリ 自然 進化元 
3 シビレアシダケ 2 クリ 自然 進化元 
3 幻緑の双月 2 クリ 自然 進化元 

解説

ベガス→伝説→ホワイトで疑似的にホワイトをSAにできる動きが強そうだと感じたので、それを軸にデッキを組もう、という発想から生まれたデッキです。
ホワイトを出しただけではフィニッシュに持ち込めないので、ある程度盤面をとれるビートダウンに組み込むのがいいかな…と考えた末、今回はラムダビートにこのギミックを搭載してみました。

全体としてみると、若干色バランスが悪かったり、ベガスからアクセスできるカードが少なかったりと若干構築に不安が残る部分があったりします…

コンボパーツの枚数としては、ラムダの下におけるホワイトの枚数を優先して組み込んであります。

まだまだ詰められる点はあると思うので、ラムダ使いの方、デッキに興味を持ってもらえた方はアドバイスいただけると嬉しいです

変更履歴

2017/05/09 更新
2017/05/06 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 0

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク