スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

3キルチョートッQ 〜手芸を添えて〜

リアル所持。(発売前のカードを除く)
ジョーカーズ参上の発売初日までに間に合わせたいため、なるべく沢山の人に診断していただけると幸いです。

  • ■ デッキ作者:rinsyari15 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:beedd6ae3745b62997db585802b63997)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 戦慄のプレリュード 3 呪文 ゼロ  
4 破界秘伝ナッシング・ゼロ(殿) 7 呪文 ゼロ  
3 アクア・スラッシュ 2 クリ  
2 アクア煽動兵 ザ・ダンディ 2 クリ  
4 逆転王女プリン 5 クリ ゼロ  
2 神聖麒 シューゲイザー 7 クリ ゼロ  
4 ゼロの裏技ニヤリー・ゲット(殿) 4 呪文  
2 ジョリー・ザ・ジョニー 7 クリ ゼロ  
4 チョートッQ 5 クリ ゼロ  
4 ヤッタレマン 2 クリ ゼロ  
4 ゲラッチョ男爵 5 クリ ゼロ  
3 異端流し オニカマス 2 クリ しばらく試験的に投入。 

解説

◎回し方

1t…マナチャージ。ここで置くカードは2コスクリーチャーではないカードが好ましい。

2t…マナチャージ。ここでヤッタレマンを出すか水クリーチャーを出すかで動きが変わる。

3t(前のターンにヤッタレマンをプレイした場合)
…マナチャージ。からのヤッタレマンがいるため、戦慄のプレリュードを打っても1コスト払わなければいけなくなっているので、このターンには仕留めることはできない。そのため、ニヤリー・ゲットや、さらに2コストのクリーチャーを展開することで、次のターンの安定した4キルを目指す流れとなる。(ここ指摘して頂いた方、ありがとうございました。)

3t(2コス水クリを前のターンプレイしていた場合)
…マナチャージ。ヤッタレマンをプレイしていないことにより、この場合はここまででマナゾーンにジョーカーズを一枚でも用意する必要が出てくる。そして戦慄のプレリュード→チョートッQ。直接攻撃しながらナッシングゼロ。小技だが、この時出していた水クリがザ・ダンディだった場合、チョートッQの攻撃がブロックをすり抜けていける。ここでもたらればが発動し、三枚ヒットすると場にいる水クリでダイレクトアタックが入る。相手の妨害やアンブロッカブルで安心して殴ることができ、安定性が高いのがこの動きの強み。

(2t目の動きは自分の手札と相手のデッキを見て決めてください。
一応自分は、相手のデッキが3キルを耐え、かつ反撃に出れるようなものであれば水クリを展開することを意識し、3キルを耐えられてもそのまま次ターンあたりに押しきれそうなデッキの場合はヤッタレマンの展開に回ることを考えています。)
---

4t以降…3キルできていれば4t以降は来ることはないが、3キルが決まるのはそこまで高い確率ではないため、サブプランとして手芸とジョリーを用意した。また、3ターン目の動きがヤッタレマンだった場合、4キルが安定してできると思われる。その後は手芸の連続攻撃で押し切るも良し、ジョリーの2体破壊+特殊勝利(条件付き)という壊れ効果を使うも良しという構成になっているため、中盤〜終盤が弱いというこれまでの速攻の難点を克服している。(はず)

◎採用理由(新カードについては効果の全文を載せます。)

・チョートッQ+戦慄のプレリュード+ナッシングゼロ
《チョートッQ…5コスト。パワー5000。種族、文明共にジョーカーズ。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。
■このクリーチャーは、可能なら毎ターン相手プレイヤーを攻撃する。
■バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計2枚以上あれば、このクリーチャーのパワーを+3000し、「W・ブレイカー」を与える。》

このデッキのコンセプト。バイクすら置いていく新幹線の速さで簡単に3キルできる。脅威の無色28枚を採用しているため、ナッシングゼロの確率はけっして低くなく、最低でも4枚はほぼ確実に盾を持っていけると言っても良い。

・アクア・スラッシュ、アクア煽動兵 ザ・ダンディ
チョートッQで3キルするためには2ターン目にクリーチャーが必要だった為、あれこれ2コスのクリーチャーを考えた結果、自分のハンデスされたくないカードを守れる+相手の擬似ハンデス、終盤では相手のワンチャンを防げるという一石多鳥のアクア・スラッシュと、チョートッQを出した時に小型ブロッカーがいてチョートッQが防がれるというパターンも考え、ザ・ダンディを出してアンブロッカブルにする→次のターンに確実に決めるというブロッカーがいても4キルを狙える構えが取れるこのカードを2コス帯として採用した。

・ヤッタレマン
《2コスト。パワー2000。種族、文明共にジョーカーズ。
■自分のジョーカーズのコストを1下げる。ただし、コストは0以下にはならない。》

…という効果を持ったジョーカーズ参上の新カード。このカードは、一撃奪取系統のようにターン一回目に召喚したクリーチャーのみという制限がないため、そこそこ自由が効く。2コストという点でも採用しない理由がなかった。こいつが場にいると、チョートッQでの3キルができなくなる代わりに、戦4ターン目に戦慄のプレリュードからのジョリーザジョニーが場に着地という動きor3ターン目にさらにクリーチャーを並べて安定して4キルという二つの動きで相手を攻め立てることができる。ただし、ゼロ文明のシューゲイザーなどのコストは下げられないため注意。

・ジョリー・ザ・ジョニー
《7コスト。パワー10000。種族、文明共にジョーカーズ。
■スピードアタッカー
■マスター・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする。このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する。)
■バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計5枚以上あれば、このクリーチャーはブロックされず、攻撃の後、相手のシールドもクリーチャーもなければ、自分はゲームに勝つ。》

こちらも新弾のカードであり、次の目玉とも言える新レアリティであるマスターカードのカード。とにかく強いことしか書いておらず、本編の設定通り、小学生が考えた最強カードのような効果を持つ。このデッキではジョーカーズ5枚を達成するまでに多少時間がかかることが多いが、特殊勝利効果が無くとも相手クリーチャーを2体破壊しつつ2枚のシールドを持っていく豪快さはとてつもない。上記の通り、ヤッタレマンからの4ターン目降臨も可能なため、チョートッQが引けなかった時などにこれを狙うことも多々。

・逆転王女プリン、ゲラッチョ男爵
《ゲラッチョ男爵…5コスト。パワー3000。種族、文明共にジョーカーズ。
S・トリガー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選びタップまたはアンタップする。》

この二枚はどちらも効果が同じであるため、実質8枚体制である。このデッキの唯一のトリガー。最後の〆にシューゲイザーを採用しているのはトリガー枠にこのカード達を採用したからと言っても過言ではない。盾から引いてもある程度相手を足止めできるため、入れて損はない。

・神聖麒 シューゲイザー
最速5t目に場に降り立ち、従来通りのプリンとの連続攻撃だけでも十分強かったが、新たにゲラッチョ男爵を手にしたことで最大9回攻撃✕Wブレイカーで合計18枚の盾を持っていく可能性を秘めたオーバーキル製造機械。チョートッQで決めきれなかった時の〆にも使え、また、終盤にこのカードを引くだけで大逆転という場面もあったりするため、あって困らないカードではなく、無いと困るカードである。

・ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
無色クリーチャーが場にいることを条件としたG・ゼロで打つことが出来る無色版コアクアンのおつかいのようなカード。2ターン目にヤッタレマンを出すことでチョートッQやナッシングゼロなどの必要なパーツを簡単に持ってこれる。ジョーカーズ参上では、1コストのジョーカーズ専用トレジャーマップのようなカードが出るらしいが、ジョーカーズ以外も多く入っているこのデッキではこちらを採用するに至った。事故った時に手打ちすることも一応考えに入れて1枚はハンドキープしておきたい。

◎採用or試してみたかったカード達(名前のみ)
トリプルZERO、大型ゼニスカード、バイナラドア(新カード)、アクアベララー、異端流し オニカマス等etc…

…オニカマス入れるとしたら枠どこがいいですかね?

(このデッキの超次元ゾーンは以前公開した他のデッキのものです。http://dmvault.ath.cx/deck1352058.html

◎対戦時の有利、不利

このデッキは防御に関しては紙同然の為、常に攻めの姿勢を持って戦っていくことが大切です。そのため天門やトリガー増し増しだったりといった、殴ると盾から誘発してくるデッキには不利な場合が多いですが、一応ブロッカーに関してはすり抜けることができるため、そこは心配がいらないと思っています。
ただし、オリオティスは2ターン目に立てられると3キルが完全封殺されるため、立てられた時はその時点から3キルを諦め、3〜4ターン先を見据えて戦っていくと良いかと思います。

対面がビックマナ(牙鬼や5c)の場合は攻撃の手を緩めなければ8割は取ることができ、逆に同型や速攻デッキだった場合、バイクはその上を行く速さで走ることができ、成長バスター、同型等は某遊●王のようにじゃんけんが強い方に8割方軍配が上がるゲームと化す。

まだ発売前のカードを使ったデッキではありますが、今年はスタートデッキと新パックが同日発売の為、例年のようにデッキ発売からパック発売まで待って新カードのデッキを作るという流れではなく、確実に3月25日には完成させることができます。
発売日に初見でこれを見た相手はきっと度肝を抜かれることだろうと思われますので、ぜひ一度組んでいただき、アドバイスをいただけると有り難いです。

それでは。

※3月15日追記

デッキに異端流し オニカマスを試験的に投入。

・異端流し オニカマス
《2コスト。パワー2000。種族ムートピア。文明水。》
■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい。)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。

新たに登場した水文明のメタカード。さながらアンタッチャブルとオリオティスを足して2で割ったような効果を持つ。覚醒獣や前弾の革命チェンジや侵略を任意でバウンスすることができる。このデッキでは常在踏み倒しメタ効果だけではなく、最後のフィニッシュの際、このクリーチャーで攻撃することで相手のボルドギ等最近の守りの要である革命0トリガーで選ばれないため、このカードを最大限に引き出すことができる。
(診断により、採用に至りました。診断して頂いた方ありがとうございました。)

変更履歴

2017/03/17 更新
2017/03/15 更新 診断より、異端流し オニカマスを追加
2017/03/15 更新
2017/03/15 更新
2017/03/15 更新 ご指摘頂いたところを直しました。
2017/03/15 更新
2017/03/14 更新
2017/03/14 更新
2017/03/03 更新
2017/02/26 更新
2017/02/26 更新
2017/02/25 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 4

みた人からのコメント

エフマホウ 2017-03-14 21:52:05 [2]
補足をさせていただくと、ヤッタレマンの効果でジョーカーズのコストは0にはならないので、プレリュードからでもチョートッQは1コスト払わなければならないためです。
rinsyari15 2017-03-15 03:53:25 [3]
》magiciansred様
ご指摘ありがとうございます。私自身、言われるまで気づきませんでした。指摘頂いたところは直させていただきました。このデッキはこれからも改善していくつもりですので、また気がついたところがあればアドバイスいただけると幸いです。
rinsyari15 2017-03-15 03:56:28 [4]
》エフマホウ様
ご指摘ありがとうございます。丁寧な補足でとても助かりました。指摘頂いたところは直しさせていただきました。このデッキはこれからも改善していくつもりですので、今後ともよろしくお願いします。
brave818 2017-03-15 15:08:27 [5]
コメント失礼します。
ヤッタレマンの効果がコンセプトの邪魔になる以上、デッキから外したほうがいいように思えます。2コストバニラのジョーカーズが出るようなので差し替えを考慮できませんか?
また、オニカマスもそこかなぁと思っていたのですがニヤリーゲットやナッシングゼロの都合上ゼロ文明の比率を下げるのは得策ではないでしょうからスラッシュとダンディを3;2にして残りの三枚分の枠にオニカマス、と自分ならします。が、スラッシュ、ダンディ、オニカマスの比率は環境に対するメタの部分もあるのでやはり自分で回して見るのがいいかと。
長文失礼しました。
rinsyari15 2017-03-15 21:47:21 [6]
》brave818様
コメントありがとうございます。
まず、The ラー漢(ジョーカーズの2コスバニラ)ですが、焼かれやすいパワーとニヤリー・ゲットはチョートッQ召喚のタイミングでも打てることから、採用とはなりませんでした。
次にオニカマスですが、メタ効果もさることながら選ばれないという点でフィニッシュの際に革命0トリガー等に阻害されないため、試験的に投入してみたいと思います。
またアドバイス等あればぜひともよろしくお願いします。
長文失礼しました。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク