スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

神王キャヴァリエ

回りだしたらいつの間にか勝ってるデッキ

  • ■ デッキ作者:縦笛時計 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ファンデッキ
  • ■ パターンファンデッキ
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:f85b3665078f79bb581c8305b3d7947a)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
1 聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ 6 進化 フィニッシャー 
1 蒼世神 ADAM 7 進化 キャヴァリエ用 
1 創聖神 EVE 6 進化 キャヴァリエ用 
4 名も無き神人類 7 クリ ゼロ 核1 
2 妖精左神パールジャム 6 クリ ゼロ 加速 
4 神王マクベス 6 クリ 自然 核2 
4 神王リア 4 クリ 自然 加速 
4 神王タイタス 5 クリ 神王 
4 神王オセロー 3 クリ 神王 
3 G・A・ペガサス 5 クリ 星域サーチ 
3 イフリート・ハンド 7 呪文 申し訳程度のトリガー+色 
2 逆転のオーロラ 5 呪文 自然  
3 母なる星域 3 呪文 自然 キャヴァリエ出すために 
4 未来設計図 2 呪文 自然  

解説

神王が好きなので、つい思いついて作ってしまいました。

核となるカードは『神王マクベス』『名もなき神人類』の2枚です。

『マクベス』は四体でリンクしたとき、マナからゴッドをバトルゾーンに出す効果を
『神人類』は、ゴッドがバトルゾーンに出るとき、いずれかのゴッドからリンクを一枚外し、好きなカードの名前を追加した後、自身を好きなゴッドとリンクさせる任意効果を持っています。

つまり、神人類+マクベス含む4体ゴッドが完成すると、

マクベスで出す→神人類でリンクを外し再リンク→マクベス効果発動→…

と、効果がループし、マナゾーンから好きな数ゴッドを展開することができます。
このデッキではこれを活用して戦っていきます。
このループ自体は多くの方が考えていると思うので、今回は『ジーク・キャヴァリエ』を利用したエクストラウィンに仕上げてみました。

〇解説

まずは通常の手順で、オセロー→リアorギフト+リア→オセローから開始し、マナを伸ばしながら神王を並べ、4体リンクを作っていきます。
マクベスが含まれる4体神であればよいので、『タイタス・マクベス・オセロー・リア』以外に、『マクベス・神人類・パールジャム・リア』などでも問題ありません。但し、リアでマナ加速ができる都合上、おそらく『タイタス・マクベス・オセロー・リア』か『神人類(タイタス追加)・マクベス・オセロー・リア』が一番簡単だと思います。
これが完成した時点で、マナか場に神人類があればループが始動します。

場に神人類が居なければ神人類を最優先で出してください。
その後は、最初に『G・A・ペガサス』を出して『母なる星域』『逆転のオーロラ』を回収してください。(リアの加速は強制なので全て落ちる可能性があります)
以降は好きなゴッドを出していきます。
『マクベス・神人類・パールジャム・リア』の組み合わせを作ると加速できる枚数が二枚ずつになるので、早めに作ると楽だと思います。神人類の効果で上手く外して組み替えていきましょう。

『ADAM』『EVE』『キャヴァリエ』のどれかが盾に入っていた場合は、途中でループを止め、『逆転のオーロラ』を打つ必要があります。
この時、ゴッドの裁定が絡んできてちょっと面倒なことになったりします。
簡単に言うと
『手札から一体ゴッドを召喚する』ことで、このデッキの場合は神人類が反応してループが再びはじまります。
そういうものだ、という程度に認識しておいてください。
余裕があればこのとき設計図を打つとデッキボトムが調整できるのでお勧めです。

その後、デッキを減らして、最終的に

場に
神人類+マクベスを含む4体神×2セット+非進化クリーチャー1

マナに
ADAM+EVE+キャヴァリエ

の状況が揃ったらループ終了です。

神人類が二体いるので、ゴッドを出すときマクベス効果を二セット使うことができます。これを利用して4体神の上にそれぞれADAM・EVEを載せてGリンクします。
すると、『ブロッカー』を持ち、『十枚のカード』で構成された『一体のクリーチャー』が完成します。
その後、残っているマナで『母なる星域』をプレイし、この上に『ジーク・キャヴァリエ』を重ね、攻撃するときメテオバーンで下のカードを全て墓地において、効果でEXウィンとなります。

一見難しそうですが、要するに4体神が揃った時点でほぼ勝ちです。

また、仮に失敗した場合も、『オセロー』はリンクするごとにブレイク数が増える効果を、『ペガサス』はリンク時に選ばれない効果を持っていますので、うまく組み合わせればとりあえず殴っても勝てると思います(

〇総括

デッキ自体はそこそこの出来ではあると思うのですが、盾落ちが怖くて色々と余計な枚数増やしすぎた感があります。
今回は速度を意識してこのような構築になりましたが、安定性を上げるためには『神秘の宝箱』『逆転のオーロラ』辺りを積んでもいいかもしれません。
あと、マクベスが来ないと始まらないので、『トレジャー・マップ』の採用も視野に入ると思います。

さておき、使っていて楽しいデッキには仕上がったのでは?と思います。カードがある方はぜひ使ってみてください!

…プロジェクトゴッドのエラッタを利用しようとしたはずが、気が付くと普通の4神王になっていたのは何故でしょうね…

変更履歴

2016/10/25 更新 オーロラ型に変更
2016/10/24 更新
2016/10/24 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 14

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク