スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

青緑t火退化ロック

侵略やマナ進化を退化させてロックする。

  • ■ デッキ作者:RenHyakka さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:de6e32323065fb230536c37070961ee2)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 奇天烈 ガチダイブ 5 進化 退化元その1。 
4 龍脈術 落城の計 3 呪文 キーカード。 
3 ムゥリャン 2 クリ 進化元サイバー。 
4 エンペラー・マリベル 3 進化 侵略元水クリーチャー。 
3 海底鬼面城(殿) 1 ドローソース。 
4 トロン 1 クリ 進化元サイバー。 
1 パラダイス・アロマ(殿) 3 クリ 侵略元水クリーチャー。 
3 密林の総督ハックル・キリンソーヤ 3 進化 自然 退化元その2。 
3 界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ 11 クリ 自然 cip封じの超大型。 
3 時空の庭園 2 呪文 自然 進化元を仕込みます。 
3 進化設計図 2 呪文 自然 進化クリーチャーを拾える。 
2 永遠のリュウセイ・カイザー 8 クリ 味方スピード・アタッカー化。タップインのロックをかけるマッドネス。 
1 百万超邪 クロスファイア 7 クリ ガチダイブが除去されたときのため。 
2 完全不明 11 クリ 無慈悲なターン飛ばし。 

解説

――カード解説

◾︎龍脈城 落城の計
メインカード。S・トリガー。《ガチダイブ》や《キリンソーヤ》を剥がして大型クリーチャーを展開させる。

◾︎奇天列 ガチダイブ
退化元その一。水の3コスト以上を侵略。cipで下にクリーチャーを仕込んで二枚ドロー、剥がして仕込んだクリーチャーを展開。

◾︎密林の提督ハックル・キリンソーヤ
退化元その二。3コスト、自然クリーチャーからマナ進化。《ワルド・ブラッキオ》を進化元にすることができる。剥がして展開。シールド・フォースで最後の一押しにも。

◾︎時空の庭園
2コスト、マナブースト。実質1コストで好きなクリーチャーを退化元の下に仕込める。

◾︎海底鬼面城
多く求められるパーツを無理やり回収。

◾︎進化設計図
S・トリガー。投入理由は上に同じ。《海底鬼面城》だけでは不安。

◾︎ムゥリャン
2コストのサイバー・ロード。《マリベル》の進化元。海底鬼面城のパーツ回収効率を上げるられる。アタックできてパワーが高い。

◾︎トロン
1コストのサイバー・ロード。《マリベル》の進化元。痒いところに手が届く。ブロッカー。殴れない。

◾︎エンペラー・マリベル
3コストのサイバー・ロード。3ターン目に侵略されて《ガチダイブ》に繋ぐ。メテオバーンで除去もこなす。

◾︎パラダイス・アロマ
3コストのサイバー。サイバー・ロードがいればG・ゼロで沸いて出る。最速2ターンで《ガチダイブ》に侵略されることが可能。目指せ3ターンキル。

◾︎界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ
11コスト。大型自然クリーチャー。主に《キリンソーヤ》の進化元か、時空の庭園で仕込まれる。cip封じのワールド・ブレイカー。

◾︎永遠のリュウセイ・カイザー
8コストのマッドネス。ハンデスに若干強く。《ワルド・ブラッキオ》と同時に現れると凄まじい破壊力を見せる。タップインでスピード・アタッカーを封じる。

◾︎百万長邪 クロスファイア
《マリベル》に二回くらい侵略した《ガチダイブ》が除去されると奇襲が始まる。大抵は倒せる。

――基本戦術
《ワルド・ブラッキオ》を4ターンまでに出すことがこのデッキのコンセプト。《ワルド・ブラッキオ》がこのタイミングに出れば大抵はなんとかなる。

1ターン目
《鬼面城》よりも《トロン》を優先。

2ターン目
基本、《進化設計図》を最優先。手札に《マリベル》があるならば、《トロン》がバトルゾーンにない場合、《ムゥリャン》、その次に《トロン》を優先する。

3ターン目
手札に《時空の庭園》、もしくは《ガチダイブ》を持っていれば《トロン》や《ムゥリャン》を《マリベル》へと進化。《ガチダイブ》があれば有りっ丈の《ガチダイブ》で侵略、《ワルド・ブラッキオ》が最優先、状況に応じて《永遠のリュウセイ》、《完全不明》のどちらかを優先して進化元に仕込む。《トロン》か《ムゥリャン》がいない場合は、可能な限り《ワルド・ブラッキオ》を進化元にした《ハックル・キリンソーヤ》を召喚する。

4ターン目
マナが4枚あるのならば、《時空の庭園》で場にある進化クリーチャーの下にクリーチャーを仕込む。《落城の計》で剥がす。運が良ければ次のターンに《ワルド・ブラッキオ》や《永遠のリュウセイ》でのワンショットが可能。

5ターン目
《庭園》で仕込んだ場合は《ワルド・ブラッキオ》が召喚酔いから解き放たれる。《ハックル・キリンソーヤ》で一押しをすれば、何者にも止められないワールド・ブレイカーになる。

――対戦考察

実際にテストをしたのは準赤単モルト NEXTくらいしかないから割と適当。
3割くらい勝てれば相性がいいと思ってる。書かれていない相手もいるけど、それは疲れたからなので、後で追加するつもりでいます。

対準赤単モルト NEXT
2ターン目に《メンデルス・ゾーン》、3ターン目に《ミツルギ・ブースト》の流れをされたら死ぬ。諦める。さらに、《ジャックポット・エントリー》が来た場合も辛い。
ただ、《ワルド・ブラッキオ》さえ出てしまえば、S・トリガーや革命0トリガーが軒並み沈黙。防御がほとんど機能しなくなる。
ただ、4ターン目に《ワルド・ブラッキオ》を出しても召喚酔いがあることもある。渡したターンに《ジャックポッド・エントリー》からの《不敗のダイハード》がでることにより、時間を稼がれ死ぬ場合もあるので注意。《マリベル》を最大限に利用する。

たまに《トロン》につまづいてくれる。

対緑単ベアフガン
先攻で最速を決められると、9割方死ぬ。
《トロン》で《ベアッサー》をブロックするくらいしか生き残る術がない。《トロン》が破壊されたら《ムゥリャン》を召喚する。相手は次のターンに《キリンソーヤ》でシールド・フォースを使いながら、《ベアッサー》を《ベアフガン》に侵略してくる。シールドが全部飛ぶ。S・トリガーで《進化設計図》が引けなければまずい。《マリベル》で《ムゥリャン》を進化、《ガチダイブ》で侵略して、《マリベル》のメテオバーン。《マリベル》を墓地に送り、《ベアフガン》を除去、《ハックル・キリンソーヤ》にアタックして破壊する。相手のバトルゾーンは更地になる。

ただ、相手の2ターン目の《進化設計図》で《ハックル・キリンソーヤ》が二枚見えたら死ぬしかない。

それ以外なら、《ガチダイブ》を退化させて《ワルド・ブラッキオ》と《ムゥリャン》でワンショット。もしくは《永遠のリュウセイ》などでロック、《マリベル》でバウンスをしながら戦えば希望はまだある。

対ヘブンズ・ゲート
《ヘブンズ・ゲート》が来る前に《ワルド・ブラッキオ》が出せれば、《ミルザム》&《エメラルーダ》は沈黙する。
この退化デッキはマナを大して必要としないデッキであり、逆に《ハックル・キリンソーヤ》でマナを消費すればアドを失わずに《グローリー・スノー》に強く出れる。次のターンに《ブラド・ブラッキオ》が出せればなお良い。

退化が使えないと死ぬ。けれど《マリベル》や《パラダイス・アロマ》で侵略目当てにアタックするのは怖い。それでも序盤さえ切り抜けて大型を出せればなんとかなるので勇気が必要。

対黒単ドラグナー
キーカードをハンデスで落とされたら無理。《永遠のリュウセイ》や《クロスファイア》に希望を託すしかない。
盤面が揃う前に《ハックル・キリンソーヤ》や《マリベル》に侵略した《ガチダイブ》で速攻をして倒したい。《ワルド・ブラッキオ》は手札から落とされると怖いので、早めにマナゾーンに置くこと。運さえ良ければ《ワルド・ブラッキオ》や《完全不明》でドラグナーを圧倒できる。その場合は《デス・ゲート》や《ファンタズム・クラッチ》が怖い。完全に運次第になる。それでもほぼ負けると考えていい。

対超次元ドロマー
呪文デッキには絶望的な相性の悪さを見せる。やっぱりハンデスは辛い。無理。

対ビックマナ
《ドドすこナウ》が辛い。《ワルド・ブラッキオ》が吸い込まれて終わる。代わりに《永遠のリュウセイ》で奇襲をかける戦法が有効。大型を出される前に進化クリーチャーでビートダウン、あわよくば退化をして、《永遠のリュウセイ》などをばら撒きながら倒したい。

――総評
どのデッキにも運が良ければ勝てる程度。しかし、運が良ければ本当に勝ててしまうので、捨てたもんじゃない。退化させずに普通に殴って勝てる可能性もあるので、そこもポイント。安定感は意外とあるので、一度でも良いので使って見てください。

――没カード集
投入を検討したが結局入れなかったカードたち。

◾︎電磁封魔ルチアーノ
サイバー・ロードでもあり、メテオバーンの種として有用。しかし実際に回してみて、《マリベル》のメテオバーンは《ガチダイブ》で侵略してから《マリベル》自身を飛ばすことが多かった。進化元にいるまま除去されたら、その能力の存在を忘れていることもしばしば。さらにパワーが低く没。

◾︎エメラル
殿堂入りするほど強力な、2コストのサイバー・ロード。ただ、仕込みたいS・トリガーがなかった。それでも手札交換として機能し、《海底鬼面城》をいらなくなったら自力で剥がせるところも魅力的だが、パワーが低かった。気が向いたら入れても良い。

◾︎霧隠のテンサイ・ジャニット
ガチダイブの侵略元にもなりうる。さらには3コスト以下をバウンスでき、ニンジャ・ストライクも持っている。強い。ただ、枠がなかった。2コスト以下のサイバー・ロードから、3ターン目に《マリベル》や《パラダイス・アロマ》でアタック、侵略の流れを保つ中では必要なかった。《ムゥリャン》、《トロン》を減らしてこれを入れれば、《ガチダイブ》への安定感が増す。全ては環境の高速化が悪い。

◾︎エンペラー・ヒミコ
サイバーから進化、3コスト。出たら一枚引ける。超便利。しかし同じく3コストの進化サイバーである《マリベル》に除去を依存していたため、枠の争いをして負けた。ドローソースは《海底鬼面城》、《進化設計図》、《ガチダイブ》で充分ではないがなんとか回る。気分で何枚か《マリベル》と交換するときもある。

◾︎超電磁マクスウェルZ
8コストの大型サイバー進化。主に《ガチダイブ》の能力で仕込む。水の3コストは全てサイバーなため問題なく退化先として扱える。進化設計図で回収できる点も優秀。ソウルシフトで、最悪な場合は素出しも可能。呪文封じ、ただし自分も使えなくなるので注意。便利だが、《完全不明》がいたため見送られた。

◾︎「修羅」の頂 VAN・ベートーベン
言わずと知れたロックカード。コマンドとドラゴンを封じる。没理由はマナの色を生み出さないから。色が合わないカードといえば、《クロスファイア》と《永遠のリュウセイ》がいるが、それらは握っていて、タダで出すチャンスがある。しかしこいつは無理。ただ、安定感を少し捨てて、一枚差しても良いかもしれない。

◾︎光神龍スペル・デル・フィン
《マクスウェルZ》の比じゃないくらいの呪文封じ。《ベートーベン》と同じ理由で投入が見送られた。

◾︎偽りの王 ナンバーナイン
上と同じ。

◾︎ガンリキ・インディゴ・カイザー
7コスト。少なくとも一回は沈黙させられる。呪文に強い。ヘブンズ・ゲートに若干だが強く出れる。
《完全不明》に出番が取られた。

――おまけ

最高の回り方の場合。可能性は1パーセントもない。

《トロン》&《パラダイス・アロマ》→《進化設計図》、《パラダイス・アロマ》でアタック、《ガチダイブ》四枚で侵略→《落城の計》、《ガチダイブ》を退化、《ワルド・ブラッキオ》でさらにG・ゼロ、《クロスファイア》が展開される。

――入れた方が良いカード、抜いた方が良いカード、アドバイス等々、よろしくお願い致します。

変更履歴

2016/09/24 更新
2016/09/23 更新←よく見たら裁定ミスってたっぽいので訂正
2016/09/23 更新
2016/09/22 更新
2016/09/20 更新
2016/09/20 更新
2016/09/19 更新
2016/09/19 更新
2016/09/19 更新
2016/09/19 更新
2016/09/19 更新
2016/09/16 更新
2016/09/16 更新
2016/09/16 更新
2016/09/13 更新
2016/09/13 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 3

みた人からのコメント

nico922 2016-09-20 23:34:57 [1]
クロスファイアをVANにしたらどうでしょう?
RenHyakka 2016-09-23 02:15:24 [2]
アドバイスありがとうございます。
VANは確かに強力なカードですが、正直なところ気が進みません。
マリベルにガチダイブ二体で侵略すると、6枚のカードの束になります。このカードの束が退化する前に墓地に送られてしまったときの喪失感を補うためのクロスファイアです。このカードを抜くということは、破壊になんの対策も講じないと同義です。それでも潔く抜いた方がいいかもしれませんが私は怖くてできません。
誠に申し訳ありませんが、ご理解をお願い致します。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク