スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

白青緑赤ドラグナー(剣聖ジゲン)

やまなCSの運営の皆さんから頂いた名前で。第1回やまなCSベスト8、第2回プレステージCSベスト8

  • ■ デッキ作者:jdwyryfvjk さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターンブースト
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:dd5d7e9b38265fb8f008884685e006e7)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 霞み妖精ジャスミン 2 クリ 自然 初動 
4 フェアリー・ライフ 2 呪文 自然 初動 
2 Rev.タイマン 3 呪文 自然 防御トリガー。緑が欲しかった。 
4 フェアリー・シャワー 4 呪文 水/自然 2→4の流れ。 
2 ドンドン吸い込むナウ 4 呪文 除去札、防御トリガーとして。 
2 飛散する斧 プロメテウス 5 クリ 水/自然 基本的には終盤のマナ回収が仕事。 
2 音感の精霊龍 エメラルーダ 5 クリ ビートメタ。バラディオスとの相性もいい。 
1 ボルメテウス・ホワイト・フレア 5 呪文 光/火 赤のスパークがほしかった。 
1 サイバー・N・ワールド 6 クリ デッキ回復。たまにエビデゴラスを起こすことも。 
3 龍覇 M・A・S 6 クリ ハンデス環境を意識して3枚。 
1 斬隠オロチ(殿) 6 クリ ドキンダムメタ。ニガグランデ決めたらこれ抱えて待つ 
1 龍仙ロマネスク 6 クリ 光/火/自然 ヘブンズヘブンから投げるとデメリットが消える。 
3 真・龍覇 ヘブンズロージア 7 クリ 基本的にはヘブンズヘブンを投げる。セイントローズでない理由はバラディオスに進化できるため。 
3 恐・龍覇 サソリスレイジ 8 クリ 自然 デッドマンでない理由は1ブースト。グランデのマナ武装のため。 
2 聖霊龍王 バラディオス 8 進化 全体フリーズ。基本的にはヘブンズヘブンから。 
3 不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ 8 クリ 2体フリーズ。ニガがいれば負けない 
2 覚星龍界 剣聖ジゲン 9 クリ フィニッシャー。フォートレスを起こして殴る。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 革命槍 ジャンヌ・ミゼル 2 聖槍の精霊龍 ダルク・アン・シエル 5 緊急の防御札。 
1 真聖教会 エンドレス・へブン 5 真・天命王 ネバーエンド 10 盾追加。ドキンダムに対しての防御は盤面でなく盾だった。 
2 龍波動空母 エビデゴラス 4 最終龍理 Q.E.D.+ 7 ドロソとして。 
1 不滅槍 パーフェクト 4 天命王 エバーラスト 7 トリーヴァ、イメンが見れる。 
1 恐龍界樹 ジュダイオウ 5 恐・古代王 サウザールピオ 8 ビートメタ。 
1 侵攻する神秘 ニガ=アブシューム 5 五邪王 ニガ=ヴェルムート 11 黒単にも速攻にも。 
1 天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン 5 天命讃華 ネバーラスト 9 1ターンにできることが圧倒的に増える。実質フィニッシャー。 

解説

こんにちは。かめと申します。
今回はこのデッキの解説をさせて頂きます。

序盤は普通のトリーヴァと同様、
2→4→6でエビデゴラスを建てます。
理想の流れとしては、そこから
7ロージア→8サソリスレイジ→9剣聖ジゲンでフィニッシュですが、相手のデッキタイプによっても左右されるので、個々の環境デッキに対して、以下で解説していきます。

・黒単、青黒などヘルボロフ系
エビデゴラスはもちろんのこと、ヘブンズヘブンとニガを建てるのが重要になります。
戦い方としては、バラディオスやグランデで相手のドラグナーやデスゴロスをフリーズさせて行くことになるのですが、ヘブンズヘブンとニガを建てておくことで、これらのブロッカーがマナと場を行き来することになります。それを繰り返して、剣聖ジゲンを引くまでの時間を稼ぎます。
勝率は7割くらいです。

・イメン
イメンに入っている超次元ゾーンのカードは、ほとんどが剣聖ジゲンで殴れば飛ばせるので、基本的には最速でジゲンを投げることを意識してブーストしていきます。もう1つのプレイングとして、不滅槍パーフェクトを装備したバラディオスを作る、というものもあります。イメンループにおいて、バラディオスを破壊することは困難であり、またガラムタから殴ってきたとしても、バラディオスの効果で全体フリーズが入ります。
しかし、最速でループされると間に合わないため、勝率は6割くらいです。

・モルネク
メンデルが成功した場合はかなり厳しいですが、そうでなければ、ヘブンズヘブンを建てて、フリーズ効果で遅延してジゲンまで伸ばしましょう。バトライ閣も除去出来ます。厳しいのがマナロックですが、revタイマンを手打ちすることで、1体なら返すことができます。
基本的に相手のブーストが成功するかどうかで勝負が決まるので微妙なところですが、勝率は5割くらいです。

・天門
ループではない場合は、バラディオスとニガグランデを建てておけば、こっちは負けなくなるのでLOで勝てます。ループに対してはかなり厳しいです。勝ち筋としては、ニガグランデを決めつつエバーラストを立てられればグランデが除去されなくなるので勝てます。また、ヘブンズヘブンをジゲンで起こしても、ループが成立しなくなるので大きく有利になります。
とはいえ相手がループに入る方がまず早いので、勝率は2割くらいです。

・ビート系統(赤単から赤緑ギフトまで)
ヘブンズヘブンからバラディオスなどの大型ブロッカーが出せれば勝ちなので、いかに7マナまで伸ばすかが勝負となります。エメラルーダでシャワーを埋めたり、革命2の状態でrevタイマンを手打ちしつつ2コストブーストを打つ、といった形で伸ばして行きます。
勝率は7割くらいです。

・ビマナ系統(刃鬼、トリーヴァ、5cなど)
基本的に厳しい戦いになります。VANが非常に重いです。そのため、対イメンと同様、最速でジゲンを投げることを考えてマナを伸ばしましょう。トリーヴァの場合は、ニガグランデが出来れば勝てるはずです。
ビマナ系統は人によって採用カードも大きく変わるので微妙なところですが、勝率は4割くらいです。

・レッドゾーン(ドキンダム入り)
ドキンダムの存在によって、ヘブンズヘブンから盤面制圧をしたとしても負ける可能性が出来ました。そのため、ニガグランデの盤面を整えてかつ手札にオロチを抱えるといった状況に持っていくことが必要となります。ただそもそも速度的にも不利なので、現状のままでは相手のベストの動きをされた場合、勝利は困難です。

・デッドゾーン(黒緑、アナカラー)
基本的にはヘルボロフと同じプレイングです。エビデゴラスとヘブンズヘブンを建て、トップからブロッカーを引いてデッドゾーンをフリーズし、ジゲンをめくるまでの時間を稼ぎます。相手がいくらハンドと盤面を枯らしても、ドラグハートが残っていればトップジゲンで勝てるので、いかに遅延していくかがカギとなります。

以上になります。基本的には、殴ってくるデッキには優位に立てますが、ループ系統には厳しい戦いを強いられます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
動きの軸はヘブンズヘブンです。自分の呪文のコストも増やしてしまうデメリットはありますが、それを補って余りあるほどの柔軟な動きを見せてくれます。
一例として、ターンの終わりにニガを龍解させ、マナから回収したブロッカーをヘブンズヘブンで投げることが出来ます。
ヒーロー性と実力を兼ね備えた剣聖ジゲンというカードを突き詰めてみました。
何かの参考になれば幸いです。

質問、意見、アドバイスなどあればぜひお願いします!

変更履歴

2016/01/31 更新
2016/01/31 更新
2016/01/31 更新
2016/01/31 更新
2015/12/31 更新
2015/12/28 更新
2015/11/27 更新
2015/11/26 更新
2015/11/26 更新
2015/11/26 更新
2015/11/26 更新
2015/11/25 更新
2015/11/25 更新
2015/11/25 更新
2015/11/25 更新
2015/11/25 更新
2015/11/24 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 70

みた人からのコメント

nagasan73 2015-12-29 17:12:19 [1]
質問なのですが、エンドレスヘブンは入らないのですか?
ジャスミンや腐ったプロメを盾に変換できるのは強いと思うのですが、
それと、現在単色環境なのでエターナルトラップは刺さると思うのですがどうなんでしょう
あと、天門ループ対策としてはアルカディアスかガイアクラッシュ・クロウラーがいいと思います
jdwyryfvjk 2015-12-31 14:28:55 [2]
コメントありがとうございます。
このデッキの軸は、ヘブンズヘブンでブロッカーを投げてフリーズさせつつこちらの場を固めていくという動きになるので、ロージアから投げる選択肢としてエンドレスヘブンは優先度が低いため抜いておりました。しかしレッドゾーンの環境入りによって、ブロッカーの盤面維持が困難なビートを見るためには必要になりそうです。いったん投入してみようと思います。
調和と繁栄の罠は以前は投入していたのですが、今はRev.タイマンにしています。
理由として、
・コストが低いため序盤にライフ等のブーストと併用できる
 同じ理由でマナロックを出された返しのターンにも打ちやすい
・革命2という条件はあるものの単色以外も止められる
 またビートに対してはルーダで仕込むことで革命2も達成できる
・構築上サイクリカを投入できないため、調和を回してターンを稼ぐ、一般的なトリーヴァの強みが発揮できない
というものがあります。特にマナロックメタとしての性能から、NEXTが環境に存在するうちはタイマンが優先されると考えます。
天門ループ対策として、ガイアクラッシュクロウラーは自分にも大きく刺さってしまうため困難そうですが、アルカディアスは選択肢に含まれると思いました。エメラルーダが進化元となりかつコスト的にもつながりますね。ありがとうございます。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク