スポンサードリンク

デュエルマスターズ カードFAQ集

これまでに投稿された事務局確認済みFAQです。

関連
質問自分のバトルゾーンに種族アウトレイジMAXを持つクリーチャーがいます。
そのクリーチャーをアウトレイジとして扱い《無重力 ナイン》をG0で召喚することは出来ますか?
回答1
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2013/04/21
  • ■事務局確認日:2013/04/20
いいえ、できません。

暫定ですが種族アウトレイジとアウトレイジMAXは別種族として扱います。
ですので種族アウトレイジMAXのクリーチャーがバトルゾーンにいたとしても《無重力 ナイン》をG0で召喚することはできません。

回答者4
回答2
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2013/04/26
  • ■事務局確認日:2013/04/26
公式より裁定変更です。
http://dm.takaratomy.co.jp/rule/rulechange/change29.html

《無重力ナイン》のテキストにある

「G・ゼロ-バトルゾーンに自分のアウトレイジがあれば、このクリーチャーを コストを支払わずに召喚してもよい。」

この単独の「アウトレイジ」という表記は 「種族に”アウトレイジ”とあるクリーチャー」という解釈です。
なので「アウトレイジMAX」もこの効果の対象となり、 バトルゾーンにクリーチャーがいない状態で《無重力ナイン》を出せば手札にある他の《無重力ナイン》も連続で出せます。

この種族の表記は他でも適用され、 例えば「ドラゴン」の対象になる種族は キング・コマンド・ドラゴン、アーマード・ドラゴン、ドラゴン・ゾンビなど、 種族の一部に「ドラゴン」とあれば全て対象となります。
回答3
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2013/04/27
  • ■事務局確認日:2013/04/28
できます。

公式より裁定変更です。
http://dm.takaratomy.co.jp/rule/rulechange/change29.html

《無重力ナイン》のテキストにある

「G・ゼロ-バトルゾーンに自分のアウトレイジがあれば、このクリーチャーを コストを支払わずに召喚してもよい。」

この単独の「アウトレイジ」という表記は 「種族に”アウトレイジ”とあるクリーチャー」という解釈です。
なので「アウトレイジMAX」もこの効果の対象となり、 バトルゾーンにクリーチャーがいない状態で《無重力ナイン》を出せば手札にある他の《無重力ナイン》も連続で出せます。

この種族の表記は他でも適用され、 例えば「ドラゴン」の対象になる種族は キング・コマンド・ドラゴン、アーマード・ドラゴン、ドラゴン・ゾンビなど、 種族の一部に「ドラゴン」とあれば全て対象となります。

また、公式に「この種族の表記は他でも適用され」とありますが
今現在このような裁定が適用されるのは種族「アウトレイジ」と種族「アウトレイジMAX」と種族「ドラゴン」を含むクリーチャー、
また《サイバー・D・ゲーザ》等のテキストより種族「サイバー」を含むクリーチャー、種族「コマンド」を含むクリーチャーのみになります。(※4月28日更新)

よって種族「ジャイアント」と種族「ジャイアント・インセクト」、種族「フィッシュ」と「ゲル・フィッシュ」、種族「ヒーロー」と種族「キカイヒーロー」などは全て「別種族」扱います。
そのため《西南の超人》で種族「ジャイアント・インセクト」のコストを下げたり、種族「ジャイアント」を参照する進化クリーチャーの進化元として種族「ジャイアント・インセクト」のクリーチャーを扱うことは出来ません。

回答者4
回答4
  • ■投稿者:鐘子
  • ■投稿日:2013/05/11
  • ■事務局確認日:2013/05/11
できます。

公式より裁定変更です。
http://dm.takaratomy.co.jp/rule/rulechange/index.html

今後、カードテキストに書かれた「種族名」または「種族名の一部」は、「種族に○○とあるクリーチャー」として扱われます。

例)《無重力ナイン》

「G・ゼロ-バトルゾーンに自分のアウトレイジがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。」

上記クリーチャーの場合は、
「G・ゼロ-バトルゾーンに自分の種族にアウトレイジとあるクリーチャーがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。」
として扱います。

ですので、バトルゾーンに「アウトレイジMAX」がいる場合も、種族にアウトレイジとあるクリーチャーがいることになるのでコストを支払わずに召喚することができます。
このルール裁定は「アウトレイジ」だけではなく、「ドラゴン」や「ジャイアント」などにも適用されます。



公式の裁定変更の更新によりカードテキストに書かれた「種族名」または「種族名の一部」は、「種族に○○とあるクリーチャー」として扱われるようになったので
以前は「種族に○○とあるクリーチャー」として扱わなかった
種族「ジャイアント・インセクト」は「種族にジャイアントとあるクリーチャー」、種族「ゲル・フィッシュ」は「種族にフィッシュとあるクリーチャー」、種族「キカイヒーロー」は「種族にヒーローとあるクリーチャー」として扱います。

そのため《西南の超人》で種族「ジャイアント・インセクト」のコストを下げたり、種族「ジャイアント」を参照する進化クリーチャーの進化元として種族「ジャイアント・インセクト」のクリーチャーを扱うことも可能になりました。

回答者4
操作
  • 「編集」ボタンで、そのFAQを編集できます。関連カードの追加・削除、既存FAQの裁定変更時の回答追加は、ログインしていれば誰でも可能です。投稿済み質問・回答の修正は、投稿者のみ可能です。
  • 事務局確認日は、2008/5/26に追加した項目です。それ以前のFAQでは、回答文中に、違う事務局確認日が書かれている場合、回答文中の日付が実際の確認日です。
  • 回答欄にある「回答者1~」などについては、「事務局(ルール問い合わせ)のまとめ」のページをご覧下さい。有志の方が事務局さんの傾向をまとめて下さいました。
  • よく知られていることですが、事務局裁定は時折予告無しに変わります。怪しいと思われた場合、事務局に問い合わせて、ここに投稿して頂ければありがたいです。
スポンサードリンク