スポンサードリンク

デュエルマスターズ カード評価集

DMvault利用者の方々に投稿して頂いている、デュエルマスターズのカード評価集です。

ヒント:評価の高いカードやよく使われるカードを知りたいときは、カード別ブラウズで、ソートするのがオススメです。

弾:
投稿日:
表示順:
投稿者:
(総合評価)カード名 コメント
 鬼ヶ大王 ジャオウガ
 疑似デビルドレーンを放てるので、様々なコンボが狙えます。特に邪王門との相性は抜群です。 (22/08/30)
 Re:奪取 マイパッド
 奪取サイクルにGSがついており、十二分に優秀です。コモンなのも偉い。 (22/08/30)
 龍装者 バルチュリス
 ダメ押しとして最高峰の性能を誇ります。すべてのガードストライクと大半のSTが効かないため、条件さえそろえば止めることは困難です。コスト5のドラゴンという点も優秀で、ドギラゴン剣をはじめとする多くのクリーチャーと革命チェンジが可能。あえて弱点を書くとすれば、決めに行くとき以外だと腐りやすい点でしょうか。 (22/08/30)
 トレジャー・ルーン
 2ターン目にコスト4のタマシードを使えるため、今後活躍するポテンシャルは十分秘めていると思います。 (22/08/30)
 トレジャー・ルーン
 タマシードのカードパワーが軽視されているからこそ刷られてそして使われていないカード。  WIN編以降のタマシードクリーチャーのカードパワーのインフレ次第では規制も十分にありえる。 (22/08/30)
 ベイビー・バース
 こういうデッキから直接引っ張り出す系はいつか化けるって相場が決まってる。 (22/08/30)
 勇愛の天秤
 鬼スペ。エマタイに除去がついたらそりゃ強い。 (22/08/29)
 革命魔王 キラー・ザ・キル
 好きなカードの一つ。大味な効果とイラストが子供心を掴んで離しません。 (22/08/29)
 巨大設計図
 フレーバーテキストが予言じみてて笑えるカード。これ再録版じゃなくて10年前の初版のテキストなのかよ。「大喰いを呼ぶ儀式は簡単だ。大量の食事と、大量の食事、そして、大量の食事を用意すればいい。――儀式大全 第4巻 第67ページ」 (22/08/29)
◎ 8投できるようになって、これにリソースを依存した構築が作れるようになったのでぶっ壊れたカード。潜在的に危ないカードだったのに、今使われてないからいいかーの精神でツインパクト版を刷ってしまったのは見通しが甘かったと思う。 (21/12/22)
 困惑の影トラブル・アルケミスト
 ちょっと気が早いけど、ゼーロベンから何か1枚差し出すなら前科もあるコイツだよなあ。当時はデメリットの自嘲でしかなかった「また、やってもうた。」が別の意味に聞こえるすごいカードだ。 (22/08/29)
 闇王ゼーロ
 もともとベンとの組み合わせがヤバそうとは言われていたが、構築が洗練されヴィルジャベリンループが一般化してからはかなりヤってる寄りのカードになった感。この手のカードはどうせいつか壊れるんだからもう刷るなよ、と思ったけどわかっててやってるんだろうし、ビルダの構築欲を刺激するジャンルなんだろうなあ。 (22/08/29)
 ドラゴンズ・サイン
 そろそろ殿堂した方がいいガス抜きになると思うけど、新シリーズのライバルも光ドラゴン使いみたいだしなあ。一見無害なテキストしてるクセに何年環境にいるんだこいつ。 (22/08/29)
 有象夢造
 手打ちでも高水準なリアニトリガーなのに、謎のルーター効果までついてて自己完結してるのおかしい。これを最大限活かそうとするとデッキパワーが低くなりがちなので良カードに収まっている感はあるが、将来の殿堂カードと言える風格がある。 (22/08/29)
 グングン☆マグネットマン
 相手のランデスを自分で選べるならよかった。普通に使うなら《星空に浮かぶニンギョ》でいい。 (22/08/29)
 凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ
 上位互換とは何たるかの机上論でよく引き合いに出されるので、使用率のわりに知名度が高いカード。ドルマゲドン再ブームで中量コマンドの見直しが行われてる今なら、1枚くらい忍ばせても面白そう。 (22/08/28)
 凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ
 禁断の轟速レッドゾーンX、時空の禁断レッドゾーンX、デッドダムド等最近主流な侵略者がどれも2打点なので、この子のピーピングハンデスを決められたら盾への攻撃回数を減らせるので便利そうだなとは思う。若干重たいのも今のカードプールならば一工夫でなんとでもなるはず。 (22/08/28)
 FORBIDDEN SUNRISE ~禁断の夜明け~
 クロニクルデッキで優秀なコマンドが増えたのでドルマゲドン共々使いやすくなったかもしれない。余談ですがデュエキングMAX5箱開けたのに実物を見たことが無い(マジで) (22/08/28)
 新世界王の闘気/Volzeos-Balamord
 キングセル全般にいえることだが、構築の幅を大きく広げてくれている良カード。無かったときに戻れる気がしない。 (22/08/28)
 凶鬼14号 ヴェガングル
 9軸ガチロボのサブプランとして使える。 (22/08/28)
 ボルシャック・秘伝・ドラゴン
 アタックチャンスで召喚できるマッハファイターで、種族にドラゴンを持っていて、ATでブーストとマナ回収ができるボルシャックと、弱い要素が一切無い優秀なカードです。やってることが地味なので過小評価されがちですが、使ってみて初めて分かる強さがあります。 (22/08/27)
 シブキ将鬼の巻
 火文明で手札補充ができる貴重なタマシードなので、アポロヌスデッキでは大変重宝されています。単純な効果ながらも、替えが効かない存在なので今後も使われていくでしょう。 (22/08/27)
 海底鬼面城
 4枚入れてやっと基盤として使えるカードだったため、1枚になった今だと安定して使えないでしょう。ただ、初手に来さえすれば全盛期と同様に使えるため、上振れ要員として余った枠に入れるカードとしては悪くないです。 (22/08/27)
 超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン
 盾を全部割り切って一気に勝負を決めに行くことができる、文句なしのフィニッシャーです。タマシードや強力な周辺パーツの登場によって、安定して勝てるようになりました。戦い方は殴って勝つという単純なものですが、パーツを集めやすい赤緑型、選ばれない効果を付与して殴りに行ける赤青型など、色ごとに違った戦略がとれるため、案外奥が深いカードだったりします。 (22/08/27)
 蒼黒の知将ディアブロスト
 今はこいつ使ったギミックなくてもコントロール系統は5cザーディ然りアナハン然りアナダークネス然り除去には困らないしな。 (22/08/27)
 禁断の轟速 レッドゾーンX
 俺がデュエマ始めた革命編当時は赤バイを絶対視してたから「バイクの連続侵略ですぐ封印状態から復帰されるから弱いやん」と過小評価してた。0マナでEXライフや不死系耐性などを貫通する除去ができるこのカードを甘く見てた俺は先見の明が無かった。封印から復帰されると弱いっていう弱点も、そもそもこれは封印からの復帰を簡単に許すダラダラとした動きのデッキには使われないしな。 (22/08/27)
 カチコミ入道〈バトライ.鬼〉
 アポロヌスを環境に押し上げた諸悪の根源ともいえるカードです。種族が強いのはもちろんのこと、踏み倒しメタに弱いという、デッキの弱点を補うことができるバトル効果まで持っており、非常に優秀です。まさにアポロヌスのために生まれたカードといっていいでしょう。 (22/08/27)
 ボーンおどり・チャージャー
 何だかんだ闇マナ作ってくれる3コストチャージャーということでツインパクト版の5枚目以降としては利用価値あるし、そういうCS入賞レシピもそいつの登場以降確認された。俺ならスラッシュ使うけどな。 (22/08/27)
 禁断の轟速 レッドゾーンX
 アポロヌスの台頭やドルマゲドン強化によって、ここにきて急に株を上げたカードです。数少ない封印という除去方法を持っている侵略獣なので、言うまでもなく非常に強力ですし、単純に墓地から侵略できる火文明がこのカードだけなので、アポロヌスのようなデッキでは本当に替えが効かない存在になりつつあります。火か闇のコマンドが増えるたび強化されるカードなので、今後もまだまだ使われていきそうです。 (22/08/27)
 アストラルの海幻
 タマシードで手札交換を行える数少ないカードなので、赤青アポロヌスなどのデッキでは重宝されています。墓地に落とせるのもポイントで、ロマノフ.Starのようなカードで活用することができます。 (22/08/27)
 エイリアン・ファーザー〈1曲いかが?〉/魅惑のダンシング・エイリアン
 ダンシングエイリアンの片割れ。スレイヤー付与は現代でもウザい能力。スタースクリームと並べることで寝てる敵クリーチャーに特攻なんて芸当もできます。あとガガシリウスにスレイヤーつけてもなかなかいやらしい。 (22/08/27)
 マザー・エイリアン<よろこんで>/魅惑のダンシング・エイリアン
 なんだかんだリンクしたら盾5枚一気に焼けるフィニッシャーは頼りになります、セイバー付与のおかげで多少はリンクしやすいです。 (22/08/27)
 ヘルコプ太の心絵
 進化獣が入るデッキでタマシードを進化元として活用できるなら、とりあえず入れておいて損はないカードです。1コストで進化元になれて、4枚見て進化獣1体を手札に加えられるのはどう考えても破格の性能です。 (22/08/27)
 ジャリ〈デスマ.Star〉
 デスマーチの良い点をことごとく消している、ある意味失敗作といえるスター進化獣ですが、ケンジキングダムのデッキでは、タマシードから進化できる貴重な1コスト進化獣として採用されることがあります。ただ、1コスト進化獣としてもっと優秀なメイ様.starがいるため、基本的に5枚目以降の採用になります。 (22/08/27)
 晴舞龍 ズンドコ・モモキング
 評価変更。タマシードの登場により、かなり使いやすくなりました。最近では、2コストでブーストできる貴重な進化獣ということで、ケンジキングダムデッキで大変重宝されています。 (22/08/27)
▲ ステップルがそのままスター進化になったようなクリーチャーです。究極進化を使うなら悪くないかもしれませんが現状環境レベルではありませんし、それ以外ならステップルで十分なのであまり使われることはないでしょう。 (21/11/22)
 古代楽園モアイランド
 数少ない10コスト以上の呪文封じ非進化クリーチャーであり、バトルに勝ったら盾を3枚マナ送りにできるというおまけの効果まで持った非常に強力なクリーチャーです。コストが重いため基本は踏み倒すことになりますが、ガイアッシュの登場により、普通に出すこともできるようになりました。近年はタマシードが普及してきたため、過信はできなくなりましたが、今でも高い制圧力を誇る優秀なカードです。 (22/08/27)
 超神羅ギュンター・ペガサス
 究極進化MAXという性質上、ほぼケンジキングダム専用パーツとしてしか使えないですが、そのデッキでの盤面制圧力はまさに圧巻です。このカードが捲れる前にメタ獣を出せていなければその時点で負け、といえるほどの盤面を一瞬で作り上げてしまいます。このカードの効果で出てくるクリーチャーはすべてメタを貫通するため、一度出てしまえば止める手段は存在しません。地味ながら、マナからも出せる点も使い勝手の良さに拍車をかけています。 (22/08/27)
 神羅ケンジ・キングダム
 タマシードや優秀な軽量進化獣の登場により、一気に実用的になり、ここ最近見かけることが増えたカードです。元々性能自体はなかなかやってる寄りだったため、基盤が完成すれば環境入りするのは当たり前だったのかもしれません。多少運も絡みますが、場合によってはこのカードを出すだけで勝負が決めることができてしまう、まさに切り札といえる存在になっています。 (22/08/27)
 ディスタス・ゲート
 手札・墓地・マナゾーンから合計コスト7以下で好きな数ディスタスを出せるシールドトリガーという、書いてあることだけ見ればぶっ壊れもいいところのカードです。ディスタスも非常にたくさん種類がいるため、様々なディスタスと組み合わせることができます。しかしながら、ディスタス自身のカードパワーがやや非力なものが多いこと、ディスタスプッシュが現在は終了していることが弱みですね。 (22/08/26)
 蒼黒の知将ディアブロスト
 ブロッカー破壊とかいうキーワード能力はもう風化してるし、そろそろ上位互換出てもいいんじゃないですかね。 (22/08/26)
 賢者の紋章
 一枚持ってたら確実に止められる圧倒的防御力。入るデッキはかなり選ぶけどそれ以上に魅力的に見える。 (22/08/26)
 エンドラ・パッピー
 ドラゴンとエンジェルコマンドが出るたびドローできるのは偉いのですが、今の環境だと3コストでその動きは悠長だと言わざるを得ないです。ただ、革命0トリガーを用いたカウンター型のデッキであれば、話は変わってきます。そのようなデッキだったら、このクリーチャーを出す余裕は十分にありますし、デッキの回りもよくなるため、採用候補としては一考の余地があるでしょう。昔のカードなので、カードパワーで言うと全然足りていませんが、それでもこのクリーチャーでしかできないことがあるため、使えないことはないです。 (22/08/26)
 勇聖 アールイ-2
 性能自体は悪くないのですが、明確な使い道がこれといって思い浮かばないカードです。ササゲールを活かすならディスペクター基盤のデッキでの採用になるわけですが、4c型だと火か光が抜かれてしまうため、そもそも入れられませんし、5c型だとブースト呪文が優先されてしまうため、こちらでは入る枠がありません。ササゲール抜きでも使えないことはないですが、その場合、pigを能動的に使うことができないため、使いにくくなってしまいます。今ある型はもうすでに完成しきっているので、新たにこのカードが入るようなディスペクターデッキが出てこない限りは、かなり厳しいでしょう。 (22/08/26)
 キノコ将軍
 ターボラッシュで味方全員に+3000とマッハファイターを与えられる、2コスト獣としては破格の効果を持っています。ただ、ターボラッシュとマッハファイター付与はそこまで噛み合っておらず、盾を攻撃したくないからマッハファイターを付与したい場面でも、最低でも1枚はブレイクすることが強いられてしまうのがいただけないです。速攻デッキだと気にならないでしょうが、その場合だと今度はマッハファイター付与する必要がなくなるため、そもそも採用されないでしょう。速攻寄りでかつメタ獣がいると動けなくなるようなデッキに採用すればいいのでしょうが、現状そのようなデッキはあまりいません。 (22/08/26)
 剛撃無双カンクロウ
 最近プレイスの方でサイキックバグの制裁に使われたそうで。向こうと違って除去こそないものの、二年前みたいな唐突にデカブツが飛んでくる環境が来るたびに話題にはなれるかもしれない。話題には。 (22/08/26)
 サイコロプス
 昔「相手限定の全体除去を放てる上に1ドローのオマケ付き?凄い!」「種族も勝ち組のジョーカーズ!」今「スコーラーみたいな一旦クリーチャー並んだら除去受け付けないデッキが多々あるから弱いやん」「盤面除去したって手札マナ墓地とかのリソースジャブジャブ稼がれた時点で敗色濃厚やん」 (22/08/25)
 キャタピラ親方
 バスターより先に刷られたドルガンチュリスみたいなカード。明確なチェンジ先が出てきたらそりゃ使われるよね。すでに言われてるけどJOE2だったら壊れてた気がする。 (22/08/25)
 悪魔神王バルカディアス
 どうせ退化でしか出さないしな。パワー500の差で「デスマリッジにしとけばよかった〜〜」ってなることもそうそうなさそうだし、代用あるいは墳墓避けとしては十分ではないでしょうか。 (22/08/25)
 お口にチャックスパロウ
 タップした状態で出せる攻撃受けクリーチャーで、破壊される時にマナゾーンに置かれるという、理にかなった効果を持っているため悪くないです。しかし、カードパワー的に見ると高いわけでもなく、あまり採用しようとは思えません。一応、ファブノーレと組み合わせて耐久したり、Gジョラゴンで継承して疑似的にブロッカーとして運用することもできるため、使えないことはないですが、局所的な場面でしか活躍できないため、微妙です。 (22/08/25)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク