スポンサードリンク

デュエルマスターズ カード評価集

DMvault利用者の方々に投稿して頂いている、デュエルマスターズのカード評価集です。

ヒント:評価の高いカードやよく使われるカードを知りたいときは、カード別ブラウズで、ソートするのがオススメです。

弾:
投稿日:
表示順:
投稿者:
(総合評価)カード名 コメント
 十番龍 オービーメイカー Par100
 このカードの召喚コストを減らす条件と、相手ターンに「クリーチャー」「タマシード」が出た時の能力を封じる条件が噛み合っているのが、優秀だと思います。19000という高パワーによる「マッハファイター」で、大抵のクリーチャーを除去出来るのも、強みだと思います。 (22/10/05)
 ネオ・ボルシャック・ドラゴン/ボルシャックゾーン
 このカードがドラゴンデッキにおいて真価を発揮するのは2→4ではなく3→5でのブーストだと思う。特に多色の多いデッキでは、123で多色を置けることからハンドの単色要求値が他の龍軸ブースト札と比べて1段と楽になる。もちろん栄光や呼び声なども3→6で多色置きで多色要求値を下げられるが、こちらは3ターン目に単色を要求しない点で、ある種栄光よりも強い場面がある。もちろんメンデルスゾーンと比較すると微妙なのは当たり前だが、こちらもこちらで唯一無二の立ち位置を築いていることは無視できないと思う。 (22/10/04)
 護神のインガ イヌハッカ
 キキの海幻が出た事で、突然使い勝手が上がったカード。インパクトリガーのような召喚された時効果やシビルカウントの補佐としての活躍が期待出来るかもしれません (22/10/04)
 電脳の海を彷徨うエレキギター
 よくオリカのネタになっていた呪文版メルゲがついに登場。そりゃ強いよね。 (22/10/04)
 氷牙レオポル・ディーネ公/エマージェンシー・タイフーン
 今期はシヴァンリンネからクリーチャー面が出てくることがあって笑ってしまう。しかも結構強い。 (22/10/04)
◎ ついに出たエマージェンシータイフーンのツインパクト。性質上クリーチャー面はアクアマスターでも強いが、レオポルディーネ公ならギリ素出しすることもありそうだし悪くない。 (21/10/17)
 R.S.F.K./オールイン・チャージャー
 3マナ1ドロー1ブーストが強いのは長い歴史が証明してるので、見た目以上によく見るカードになると思われる。ガチンコルーレットと違って山掘れるし、ドラゴン参照のノイズやGJの下ブレ要員にならないのも非常にえらい。 (22/10/04)
 ‘‘麗片禅‘‘戦車 バッドラマー
 赤青覇道の強化パーツ。とはいえ露払いとしても早出し手段としても中途半端に重く、あの完成度の高いデッキに入る余地があるかは微妙な気がする。 (22/10/04)
 キキの海幻
 様子見で○。鬼面城で無理やり手数確保してたデッキで2パスは結構重い気がするのと、その手のデッキでは打点になるカメヲロォル優先な気がするが果たして。可能性は感じる。 (22/10/04)
 アクア・スペルブルー/インビンシブル・オーラ
 センスあるツインパクトだなあ。ワンチャン環境でインビンシブルオーラが発動するかもしれないってだけで笑える。おそらくサイクルだろうから他の組み合わせにも期待。 (22/10/04)
 ブレイン・テンタクル
 「GRクリーチャー」の中では、手札交換能力を持つ「ブロッカー」である点が、強みだと思います。 (22/10/04)
 キキの海幻
 1マナの城だと強すぎるけど2マナのクリーチャーだと弱すぎるから間を取って2マナのタマシードにしたって事でしょうか? (22/10/03)
 アクア・スペルブルー/インビンシブル・オーラ
 アクアスペルブルー自体が強かったので、外れ無しガチャに出きるのも強いし、実質8枚採用出きるのも強い (22/10/03)
 キキの海幻
 神になった海底鬼面城。ゴッドサポートが受けられるドローソースというだけでも面白いと思います。ゴッド専属ってわけでもないけど、ゴッドデッキ組んでる人開拓がんばれー(脳死)。 (22/10/03)
 悪魔の契約
 やっぱり昔のデメリット持ちカード(笑)は某5コスドラゴン君を除いて強いんだなぁって。  もう、いっそのこと昔のデメリット持ちカードを全部殿堂させよう(暴論) (22/10/03)
 悪魔の契約
 GP2022で「悪魔の契約でアプルをメタって、で、そっからは?」の答えが出た。まさかグルメ墓地のリペアパーツになるとはねぇ。 (22/10/03)
 砕慄接続 グレイトフル・ベン
 真っ当なコントロール風の使い方から離れて、セルフランデス系のデメリットを帳消しにする踏み倒し先として活用されているので、だいぶヤってる匂いがしてきたカード。これを減らしたところでどうにかなるわけじゃないので規制とは無縁だろうけど、これがいる限り「マナを大量に削って踏み倒し」みたいなギミックは迂闊に刷れないよなあと。 (22/10/03)
 悪魔の契約
 既にグルメ墓地のリペアに使われてるし、気が早いけどトラブルアルケミストの代わりとしてゼーロベンリペアを務める可能性もあるし、遅かれ早かれ死にそうな匂いがする。単純な話、この手のカードは、マナ空っぽでも動けるギミックが増えすぎたせいで正当なトレードオフになってないのよな。 (22/10/03)
 そのウサギ、クセ者につき
 初見の印象は無駄に色が濁ったヤッタルワンだったが、このポジションで闇マナ確保できるのは唯一性があって普通に強かった。コートニー効果はオマケだけどたまに役立つ。 (22/10/03)
 困惑の影トラブル・アルケミスト
 ダメだこれ。生前葬はお早めに。 (22/10/03)
◎ ちょっと気が早いけど、ゼーロベンから何か1枚差し出すなら前科もあるコイツだよなあ。当時はデメリットの自嘲でしかなかった「また、やってもうた。」が別の意味に聞こえるすごいカードだ。 (22/08/29)
 CRYMAX ジャオウガ
 アナカラーハンデスが歴代ハンデスほどヘイト集めてない(気がする)の、これがフィニッシャーだからじゃない? こいつはこいつでドエライオーバーパワーだけど、やっぱりしっかり盾殴って勝つ気があるのは正統派な印象ある。 (22/10/03)
◎ コストとブレイク数しか合ってないけど、現代版Bロマ的な趣を感じるフィニッシャー。7コス払って真っ当に盾割って勝つならこのくらい盛ってもいいでしょ、という潔さを感じてたいへん好感が持てるデザイン。 (22/07/30)
 検問の守り 輝羅
 こちらも影響を受けるものの、カードを出す様々な手段を、2コストで封じられるのは、優秀だと思います。Gストライクが付いているのも、強みだと思います。 (22/10/03)
 罪恐!零MAX
 青黒のSTとして非常に強力なカードです。相手獣2体の攻撃&ブロックを封じられるため、受け札としては悪くないですし、墓地肥やしと墓地回収もこなせるため、手札に来ても腐らないようになっていて、かなり使い勝手がいいカードです。効果的に採用するのは墓地を利用するデッキに限られますが、4コストとは思えない非常に良い性能となっています。盤面次第では、両方の効果を使えるというのも偉いです。 (22/10/02)
 ラドン・ベップバーン
 最上級の踏み倒しメタ効果を持っているため悪くないのですが、如何せん重いため使いにくいです。似たような効果を持つブラキオやガイアハザード、ギャイアなどは、どれも種族を活かして早出しできるのに対して、このカードはそういったことも特にないため、かなり微妙な立ち位置になっています。一応、クイーンオブネイチャーやアマキリから出せたり、ガイアッシュの軽減を受けることはできるため、使えないことはないですが、このカードでなくても他のカードでほとんど代用できてしまうため、大抵は採用を見送られてしまいます。 (22/10/02)
 龍装者‘‘JET‘‘レミング/ローレンツ・タイフーン
 下にエマタイと同じ効果を持った呪文がついたツインパクトなので、墓地ソ系のデッキではそれなりに使えます。さすがに、本家エマタイがついたレオポルディーネのツインパクトには劣ってしまいますが、墓地ソに不足しがちな火文明のカードとして使える場面もあるので、こちらもこちらで悪くないです。 (22/10/02)
 熱血姫様プリン/狩人秘伝ハンター・ファイア
 ↓コスト低いこと忘れてました 5コストならまだあるのか…? (22/10/02)
○ ハチ公本来のペースを落とさずにメタクリを除去できるので強いと思います 8投できる点も魅力的 火力が低いところはご愛嬌 (22/10/02)
 勝熱と弾丸と自由の決断
 コスト3以下のカード除去、自分クリーチャーに相手プレイヤー直接攻撃付与、相手クリーチャーの能力無視、これらを2回使えるのは優秀だと思います。「ジョーカーズ」デッキなら、状況次第でノーコストで唱えられるのも、強みだと思います。 (22/10/02)
 超幽龍アブゾ・ドルバ/切り札を狙う悪魔!!
 ドラゴンが多く入っているコントロール寄りのデッキに、受け札兼逆転要素としてピン投するなら使えるかもしれない (22/10/01)
 ボルシャック・テイル・ドラゴン
 バトライオウを出すのに適しているカード (22/10/01)
 D2V3 終断のレッドトロン/フォビドゥン・ハンド
 手札を1枚切ることで3コストで召喚できるコマンド獣の上面に、2面止めが可能なSTの下面がついた優秀なツインパクトです。効果的に汎用性は低いですが、相性の良いドルマゲドンのデッキでは、攻守ともに活躍してくれる欠かせないカードになっています。 (22/10/01)
 終断X ベガスランチャー
 ニンジャストライク持ちのコマンド獣なので、ドルマゲドンのデッキでは重宝されます。ハンゾウやハヤブサリュウより出しやすく、3000以下除去も腐りにくい効果であるため、枠が余ったらとりあえず採用しておきたい1枚です。 (22/10/01)
 暗黒の騎士ザガーンGR
 GRで数少ないデメリット無しWブレイカーで、更に種族にコマンドを持っているため、文句なしに優秀なカードです。マナドライブ勢のような特殊な効果は持たないため、入るデッキは限られますが、何かのついでにパワー7000のWブレイカーが出てくるのは普通に強いです。 (22/10/01)
 応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」
 下がST持ちの除去呪文で、上は実質0コストで出せるスノーフェアリーとなかなかにおかしい性能をしています。ステージュラと相性がいいのは言うまでもありませんが、単純に打点を並べるのにも役立つため、赤緑型の速攻デッキでも活躍してくれます。現在はオービーメイカーとの相性が非常に良いため、かなり見かけることが多いカードになってきつつあります。 (22/10/01)
 氷結龍 ダイヤモンド・クレバス
 墓地、マナ、場から進化元を持ってきて高打点を叩き出すスノーフェアリーのフィニッシャーです。最近はオービーメイカーを主体にしたスノーフェアリーデッキのサブプランとして使われたり、ポレコやジャスミンの地版を進化元にした出せるクリーチャーとして赤緑アポロヌスに採用されています。 (22/10/01)
◎ 墓地、マナ、場から進化元を持ってきて高打点を叩き出すスノーフェアリーのフィニッシャーです。最近はオービーメイカーを主体にしたスノーフェアリーデッキのサブプランとして使われたり、ポレコやジャスミンの地版を進化元にした出せるクリーチャーとして赤緑アポロヌスに採用されています。 (22/10/01)
 呪紋のカルマ インカ
 実質緑の単騎マグナムといえるカードです。1コスト重くなっていて、本家と比較すると扱いにくさが目立ちますが、詰め札としてはやはり優秀です。最近はタマシードやGSが登場したことによって、これ1枚では過信はできなくなりましたがカツキングやクロックなどのSTを封殺できるため今でも悪くないです。 (22/10/01)
 十番龍 オービーメイカー Par100
 オリジナルならスノーフェアリーギミック、アドバンスならGR、殿堂0なら豆と、とにかく緑のクリーチャーを大量に並べられるデッキ全般でフィニッシャーにされてて、その実力が遺憾なく発揮されているなと。だけど個人的には種族の欄にジャイアントとドラゴンが書いてあることをもう少し考えてほしかった。 (22/10/01)
 武家類武士目 ステージュラ
 ドラリンでスノーフェアリー強化が来たことによりかなり強化されていましたが、今回、相性の良いオービーメイカーが登場したことによって、さらに化けることになりました。書いてある効果はどれも悪くないですが、このカードの真価はやはりG0でしょう。スノーフェアリー自体並べるのが容易な種族なので、条件達成は簡単で、早い段階で一気に多面展開することができます。オービーメイカーの軽減やシビルカウント補助として非常に強力な1枚なので、今後も何かと使われていきそうです。 (22/10/01)
 スプーン=ンプス
 性能だけで言えばドゥンブレの上位互換に当たるカードです。アビスデッキの初動として使えるのはもちろんのこと、幅広いデッキで盾回収札として使われるでしょう。一応、コダマンマ系と違い、カード指定の盾回収ではありますが、今の環境だとほとんど変わらないので、その枠はこのカードが優先されることになりそうです。 (22/10/01)
 ベル=ゲルエール
 2コストで2枚墓地を肥やせてアビスラッシュまで持っている、アビスデッキの初動として優秀なカードです。ジャシン帝がいなくても素でアビスラッシュを持っているため、多少手札が事故ったとしても、このカードさえ墓地にあれば何とか巻き返せることがあります。単純に軽量の打点としても使えます。 (22/10/01)
 フォーク=フォック
 墓地を肥やしながらアビスを回収できる無難に優秀なクリーチャーです。ジャシン帝がいる状況では、1コストでリソースを増やしながら出てくる実質SA獣と化すので、非常に強力です。 (22/10/01)
 邪侵入
 3コストで4枚墓地を肥やせて4以下のアビスを出せるというだけでも十分強いのに、シビルカウント2でSTになる効果までついており、本当に文句のつけようがない優秀なカードになっています。素で使ってももちろん強いですし、STで使っても4コスト以下だと、ジャシン帝やハンマダンマ、バウワウジャといったで受け札として使えるカードがいるため、かなり活躍してくれます。今後も受け札として使えるアビスはどんどん増えていくでしょうから、アビスデッキでは必須カードになりそうです。 (22/10/01)
 ブラッディ・タイフーン
 擬似サーチ・複数枚の墓地肥やしを、2コストでこなせるのは、優秀だと思います。 (22/10/01)
 B.F.F. モーメント
 アポロヌスへのカウンターとして有力なトリガーです。速攻などにもよく刺さりますし、最近流行りのアビスに対してもなかなか。テック団というライバルがいますが、水単色のトリガーを採用したいのであれば十分候補に上がります。 (22/10/01)
 電脳の海を彷徨うエレキギター
 偶然ながらカード名が五七五になってるタマシード。■除去されにくい置きドローは非常に強力です。ターンの制限もないのでループを組めば無限ドローも可能。 (22/10/01)
 カダブランプー
 最近はやや不採用気味ですが、キラスターと相性抜群のキリフダッシュです。ほかにもATで手札補充できるカードともコンボが可能で、特に「ATで持ってきてから」使えるという点が二刀流系のカードとの大きな違いになります。リーフスターのマニフェストと組み合わせると、侵略したりバルチュからの革命チェンジしたり他のキリフダッシュを持ってきたりとまさにやりたい放題。 (22/10/01)
 二刀流Re:トレーニング
 使ってみたところ、思ったより悪くない活躍をしてくれます。ATでドローやサーチができるクリーチャーと相性がよく、大量の手札補充ができます。そこからバルチュリスに繋げたりすると宇宙。GSがついているので最低限も受けも可能です。しかし、より汎用性の高いパーフェクトファイアがいるため、1コスト軽いことを生かさない限りなかなか厳しいでしょう。ひとまずは〇で。 (22/10/01)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク