スポンサードリンク

深淵の三咆哮 バウワウジャ
(シンエンノサンホウコウ バウワウジャ)

表示順:
総合評価:
 現状、アビスデッキに必須といえるとにかく便利で優秀なカードです。序盤は墓地肥やしとして、中盤から終盤にかけてはブロッカーかつATで除去しながらTブレイクする除去耐性持ちクリーチャーとして使えるため、いつ引いても腐りません。4コストなので出すのも簡単ですし、タマシードクリーチャであることにより、盤面にクリーチャーが並ばない限りは基本的に除去されることはないので、場持ちもよく、非常に恐ろしい性能に仕上がっています。 (22/09/30)
 ブロッカーでありながら除去耐性、3打点持ちの墓地肥やしとアビスの中核を担う強さを持つトップレア。特にジャシン帝下で2コストでわらわら沸いてくると手がつけられない。 (22/09/25)
 派手さはないものの、純粋なコスパのよさだけでフィニッシャーを務める、新主人公1発目の切り札としては適切なデザイン。4コスTBブロッカーでAT破壊に耐性持ちって書き出すと凄いなあ。 (22/09/25)
 すっごく乱雑に言うと、強いテンザン。こっちは除去耐性もあるので、アビスに4投確定になるのかは知りませんが少なくとも2~3枚は入るはず。 (22/09/23)
 アビスついてるトリガー踏んでしまうとこいつがいきなり巨大ブロッカーとして立ちはだかるのがエグい。生半可な攻めも守りも許さない恐ろしいカード。 (22/09/23)
 cipで墓地肥やし、さらに除去耐性を持って長く残り続け、ひとたびクリーチャーになれば巨大ブロッカーかつ3打点の怪物に変身するという凶悪アビスです。 (22/09/23)
 現状のカードプールだと邪侵入でジャシン帝がなかった時のザブプランとして優秀なので(他がデッキジャシン位)、唯一のアビスTBという点も含め採用優先度が高いですね。ジャシンから踏み倒しても強く、他の4コスのアビスフィニッシャーが出るまではアビスデッキの中核を担うでしょう (22/09/20)
 出た時、墓地を4枚も肥やす能力は、優秀だと思います。闇のクリーチャー・タマシードが4つ以上になれば、攻撃時に相手クリーチャーを破壊出来る上、自分のターンは破壊以外の方法で離れない能力のおかげで、攻撃しやすい点が噛み合っているのも、優秀だと思います。 (22/09/20)
 こいつらがブロッカーを持っているから、ワンショットに至るまでに守りが手薄にならねえんだよな。そこが偉い。ジャシン帝に至っては下手に退かそうとするとアビスラッシュの攻め手が増えかねないし。封印でチマチマ削っていくのが刺さりそうではあるけど、そこでこのタマシード/クリーチャーの性質が一筋縄ではいかなくさせるんだろうなと。 (22/09/18)
スポンサードリンク