スポンサードリンク

新世界王の闘気/Volzeos-Balamord
(シンセカイオウノトウキ/ヴォルゼオス バラモルド)

表示順:
総合評価:
 こいつのおかげで数多のファンデッキやガチデッキが色バランスとテンポを両立でるように (22/01/11)
 マナか手札にそろえなくては出せず、そのうえで9コスト支払わなくてはならないためなかなか使いずらそうに見えますが、ディスペクターであるためササゲールの軽減を受けられますし、デッキの性質上GSが多くなるため速攻相手でも耐えることができ、想像の何倍も出しやすいです。パーツとしてみると自然が入っているため扱いやすく、モモキングJOのデッキとうまくかみ合った色になっているため出張して使われることが多々あります。 (22/01/03)
 〇強いところその①:アンブロッカブルのSAWBパワー55555。単純にでかすぎる。大型トラックで人を引けば氏ぬように、こんだけクソデカスタッツが突如マナから爆誕すれば形成は一発で逆転できます。 (21/12/20)
 やっぱ、マイナー気味のネクラカラーであっても、序盤のタップインを回避できて自然が含まれているのは偉いよなあ。で、いざとなれば全ハンデスかましながら攻勢に転じられるわけで。従来の5cやドロハンのフィニッシュ像とは異なるが、公式が新しい風をインフレ以外の形で示したい、という気持ちはビンビンに伝わってくる。自然を含む3色多色を、タップイン無しで最大8枚積めるのはデカい。というかむしろ伝説サイクルの立場が危うい。 (21/12/18)
スポンサードリンク