スポンサードリンク

零獄接続王 ロマノグリラ0世
(レイゴクセツゾクオウ ロマノグリラ ゼロセイ)

表示順:
総合評価:
 11コストと重いだけあり、出せさえすればしっかりとゲームを決めきる性能になっています。発表された当初は、重いわりに盤面やマナゾーンに左右されてしまうという点で過小評価されていましたが、実際使ってみると盤面にクリーチャーがいないことの方が稀でしたし、大抵ベンやヒャクメでマナが伸びているため何を出しても強いという状況になるためそこまで気になりませんでした。攻撃ロックができるのも地味に強力です。 (21/12/25)
 オマケだと思っていた攻撃制限がEXライフ込みでかなり強かったので◎。任意の2体を狙って踏み倒せる性質から、ネイチャーのようなループ始動要員としての素質を秘めていることを覚えておきたい。重すぎるように見えるが、ヒャクメ4と色が一致するし、この調子でササゲール3〜4が増えるなら早出し手段には事欠かなくなりそう。 (21/09/30)
 出た時にマナと墓地を増やす能力から、2体のクリーチャーの踏み倒しにつながるのは、優秀だと思います。高パワーのマッハファイターである点、タップ状態なら攻撃されない能力を持っている点も、強みだと思います。 (21/09/30)
 ジスタジオと合わせて並べた際の元祖シャングリラ以上の強固な守りはおおよそのデッキを詰ませられますね。コストの高さ等がネックになるものの単体で相方となるクリーチャーを呼び出せる、いい感じに自己完結している能力なのでデッキ構築自体も楽しそうです。 (21/08/29)
 これでメテヲシャワァ+ユニバースを出したいが効率的なルートが思いつかない (21/08/28)
 そろそろディスタスゲートが悪さ始めるかなぁと  ササゲール3も出てきたし (21/08/19)
 巨大なクリーチャーだがこれ自体にフィニッシャー性能はなく、堅実な効果が合わさった中継ぎカード。弱くはないのだが、これを噛まさずフィニッシャーを素出しするプランの方が安定しそうなので、活かせるとしたらササゲール爆盛りで早出しするディスタスデッキになりそう。まあ既存の5cには入らないんじゃないかなあ。 (21/08/19)
 11コストとかなり重いもののほぼ勝負を決める能力。ただし、あくまでマッハファイターであることから相手の場にクリーチャーが居なければ付随する踏み倒しも攻撃抑制も発生しないのが少々の問題点。さらに、このカードで決めるというよりは踏み倒したカードで決める性質上デッキの枠を多めに食うので、ディスペクターサポートをうまく使っていかないと重さに見合うかは怪しいと感じました。 (21/08/18)
 場に出して殴ることさえできれば勝負を決められるレベルの出力がある。  どうやって着地までもっていくか、頭を捻るのが我々の仕事。 (21/08/18)
スポンサードリンク