スポンサードリンク

砕慄接続 グレイトフル・ベン
(サイリツセツゾク グレイトフル ベン)

表示順:
総合評価:
 真っ当なコントロール風の使い方から離れて、セルフランデス系のデメリットを帳消しにする踏み倒し先として活用されているので、だいぶヤってる匂いがしてきたカード。これを減らしたところでどうにかなるわけじゃないので規制とは無縁だろうけど、これがいる限り「マナを大量に削って踏み倒し」みたいなギミックは迂闊に刷れないよなあと。 (22/10/03)
 生き残ってターンが帰ってきたら勝ちと言っていいほどの圧倒的カードパワーがあるカード。天門から出るのはザーディが7コス光ドラゴンであることと同様に未だ明かされていない謎となっている。 (22/01/13)
 ベートーベンが昔から好きな人間からすると、とても嬉しい一枚。  使い勝手も良く、シスクリの弱点である除去耐性を持っているのも偉い。欲をいえばマッハファイター欲しかったが、ブロッカーがあるので仕方がないか。 (22/01/11)
 ディスペクターの中では3本指に入るといっても過言ではないとても優秀なカードです。墓地のカードをすべてマナに送り、そのうえで毎ターンマナから召喚できるという点が見事に噛み合っており、非常に使いやすいですし、メタ獣を貫通して鬼札、ヘブニアッシュから出せるEXライフを持っている8コスト獣という点で優れています。ディスタスなら踏み倒せる効果もdisアイチョイスがいるため、現状でもかなり強力ですし、あと半年はディスタス強化が望めるため、これからもっと勢いを増していくのではないでしょうか。 (21/07/24)
 アドバンスでは対抗馬の多さもあってかそこまで使われてる印象は受けませんが、オリジナルでは活躍していたりと何だかんだかなり強いカード。  チョイスとのシナジーは勿論のこと、システムクリーチャーが耐性持ってることの偉大さを実感させられますね。 (21/07/22)
 脅威のマナブーストにくわえ、マナゾーンにあるクリーチャーを召喚できるので全く無駄がありません。しかもディスタスならコストを支払わずに召喚できるという太っ腹な能力。コスト8ながら踏み倒して出すこともできるのでさほど問題もなく、EXライフも完備と至れり尽くせりです。 (21/07/13)
 よくよく考えたらgrateful便なんだから快便ちゃんなんだよなこいつ。快便に買取4kがつくTCG。それがデュエマ。##本題## ディスタスの強さで調整するのかなあと思って眺めてたら、アイチョイスでフルスロットル入れるんだもん。そりゃあびっくりするじゃない。今シリーズのディスタス推しではもっとド豪いことになる。 (21/07/07)
 デザイナーの意図が透けて見えるササゲール推進カードなのに、実際は5cの追加オプションとして流行し、踏み倒すのもササゲール無関係のアイチョイスでちょっと悲しい。これとかディスタスゲート前提でササゲール持ちディスタスのカードパワー落としてるのはわかるけど、ちょっと気を遣いすぎた感はある。バウラ1とか露骨に調整入ってるし。 (21/07/05)
 汎用性が滅茶苦茶上がったワイルドサファリみたいなイメージ。基本的には出た次ターンで本領発揮するカードですが、ディスタス踏み倒しとEXライフ+ブロッカーのお陰で返しに殴り切られて負けるのをケア出来てるので見た目以上に使い勝手がいいです (21/06/29)
 マナから召喚するカードはタイムラグがありがちで使いづらいのですが、このカードはタダ出しできるのでタイムラグがありません。しかも除去耐性があるので、基本的に次のターンも効果使われちゃいます。やばいです  今後もディスタス強化が来るのが自明ですし、どんどん壊れていきそうな予感 (21/06/29)
 墓地のカードを全てマナに置く能力と、各ターン1回マナから召喚出来る能力がかみあった、優秀なカードだと思います。「ディスタス」なら、コスト要らずで召喚出来るのも、強みだと思います。 (21/06/29)
 カンタービレと比べると1色増えただけでめちゃくちゃコスパが良い。何かしら悪いこと出来そうな予感。 (21/06/05)
 NS射出機が自力で耐性を持ってるのって純粋にヤバいと思うよ。NSに拘らずともジャクポ圏内だし。 (21/06/03)
 現状組み合わせて強いディスタスが少ないのが気になりますが、最低限カルセドニーから手札の好きなコスト5以下のクリーチャーに繋がるのは助かります。ブロッカー/EXライフに+1アクションがつくのは純粋に強力で、出せさえすればビート相手のNSによる蓋まで担当という詰め込み方。光のブロッカーでもあるため色々なデッキを組みたくなる一枚。 (21/06/03)
 ブロッカー、EXライフにより単体での耐久性能はピカイチ。それでいて色もデドダムカラーから2色。そしてマナ召喚で潤滑油にも。各ターンと書いてあるのでNSをマナから出せるのも魅力。いろいろと便利そうなカードであると思う。 (21/06/03)
 直訳すると快適なベン。  本題、多色化と引き換えにかゆいところに手が届く様になったカード新しいデッキタイプを生み出せるスペックがあると思います。 (21/06/03)
 良カード。再誕の聖地+マナ召喚システムの時点で一定の強さはあるが、ササゲールと非常に相性がよく、ようやくデザイナーが考える通りのディスタス×ディスペクターデッキが形になりそう。「そこで切る?」みたいな作為を感じる名前も、ディスリスペクトの産物ということでどうかひとつ。 (21/06/03)
スポンサードリンク