スポンサードリンク

禁時王秘伝エンドオブランド
(キンジオウヒデン エンドオブランド)

表示順:
総合評価:
 除去、手札交換、5コスト以下呪文封じを5コストでこなせてしまうため、手打ちでも十分強いラッカディスペクター呪文です。前からザーディクリカやガリィングマールのアタックチャンスとして唱えられるということで、高い評価を得ていましたが、バラモルドの登場によってさらにその株を上げることとなりました。純粋に強いカードなのでディスペクターがいないデッキにも採用されることがあるかもしれません。 (22/02/14)
 つっっっっっよ  雑な盤面ロックから呪文制限、器用なルーターからリアニメイトの布石まで  現状の環境は呪文主体はたいてい5以下だし (21/12/28)
 コスト8以下のクリーチャー破壊・手札交換・コスト5以下の呪文を一時的にロック、これらを一枚でこなせるのは、優秀だと思います。 (21/06/30)
 新弾のガリィングマール が、このカードと組み合わせるとコスト5以下の呪文を封じつつ  アンタップするのは、(実践では使えないと思いますが)ロマンがあっていいなと思いました。 (21/06/29)
 手打ちできて破壊があるのがかなり大きいように感じます。アタックチャンスはおまけ感があるものの、それ以外のスペックに目を向けても高水準。手札を入れ替えつつ場に触りながら呪文をロックするのは使いやすい。チェンジザとの相性も◎ (21/05/17)
 アタックチャンスが絶妙に使いづらい気はするが、まあ3ターン確キルされるくらいならこれくらい腰を据えてくれた方が暴れないか。チェンジザ範囲内だし、チャフとの選択になるのかな (21/05/17)
 手打ちやチェンジザで使っても強いうえにACまで付いてる超スペック、AC活かせないデッキでも採用出来る検討出来るレベルですね (21/05/17)
 ドキンダンテと組めば相手が動いても動かなくてもこいつを撃ち込める。でも実際はザーディクリカとも色々噛み合ってからそっちと合わせて使われそう (21/05/16)
 手打ちでも軽く高性能なあたり、E2のアタックチャンスからの進化を感じる。ザーディクリカからも撃てるのいいね。 (21/05/16)
スポンサードリンク