スポンサードリンク

ドンドド・ドラ息子
(ドンドドドラムスコ)

表示順:
総合評価:
 キリフダッシュのコストを下げられるとなると筆頭格か。SAキリフダッシュだと実質的にマンガノキャッスル状態。モモキングならフィニッシュ力が凄まじく、オーシャン・ズーラシマなら次のターンの後続に繋がり無駄がない。 (20/03/27)
 コスト軽減、サーチのどちらも強くて優秀です。 (18/08/01)
 赤ジョーカーズを実践レベルに持っていくであろうカード。パワーは低いですが効果は非常に優秀。コスト軽減とサーチを兼ね備えており、JOEをすでに持っているクリーチャーにも重ねがけ出来るので強いです。 (18/07/26)
 出た当時から赤ジョーカーズを使っている人ならわかると思いますが、赤ジョーカーズが弱かった理由は大きく分けて2つ、「相当特殊(ヤッタレ2枚以上引くとか)な場合を除いてメラビートが4ターン目以内に出せない」「手札にメラビートとJOEフィニッシャーを揃えなければいけない」の2点でした。前者はドギ剣をはじめとした多くの環境ビートが4ターン目までにフィニッシュできるため追いつけ無いという速度の問題、後者は事故要因なだけでなく、前者をカバーする為速く動こうとすればするほどアドを稼ぐ暇がなくなり余計に手札の質が悪くなってしまうため、「大して速くもないのに速く動くことを強制され、かつ速く動くほど弱くなる」という自滅の道一直線だったわけです。が、このカードその2点を1枚で全部解決してるんですよ。こいつ使えばメラビートが4ターン目に間に合うし手札の質も上げられる、加えてJOE持ってない赤ジョーカーズもメラビートで出せるロマンもあると強化以外の何物でもありません。ステが低いので焼かれたらご愛嬌ですが…まあ焼くのに1ターン使わせたと考えましょう。それで5ターン目に届けば今までの出し方でいいわけですから。 (18/07/17)
 ジョーカーズが今後赤で組まれる理由の一つ、サーチとコスト軽減が一緒は不味いでしょ(呆) (18/07/16)
 火「ジョーカーズ」クリーチャーに、コスト軽減と擬似キャントリップを付与するのは、優秀だと思います。バトルゾーンに出した時の擬似サーチ能力も、大きいと思います。 (18/07/06)
 赤ジョーカズの軸となりえる1枚。J.O.E.能力は重畳するので、J.O.E.能力を持っている赤ジョーカーズを激安コストで召喚でき、更に手札も爆発的に増やせるというニヤリーゲット的な動きもする。メラビート・ザ・ジョニー復権? (18/07/01)
 メラビートから伝説の決闘者出しましょう!  サーチまで付いてるのは何でですかね… (18/06/23)
 ニヤリーゲットが殿堂したらヤッタレマン→こいつ→ガヨウ神or戻してジョラゴンという流れが定番になりそう。赤ジョーカーズ強化としてもかなり優秀。 (18/06/23)
 JOE無しで組み合わせたいのはメラビート位ですが、JOE持ちのコストを更に2少なくする使い方も出来るので(多分)見た目よりも器用。おまけのように付いてるドロー効果が強いので、赤ジョなら迷わず4入るカードだと思います (18/06/23)
スポンサードリンク