スポンサードリンク

ルドルフ・カルナック
(ルドルフカルナック)

表示順:
総合評価:
 グスタフループのフィニッシャー。良い印象が無い。 (18/08/06)
 《アダム・ケインズ》で意図されているムーヴメントっていうのは、《ヘモグロ》とこいつで完結しているじゃないか。それよりも1ターン早く建設できる可能性があるpigを立てたところで何だっていうんだよ。 (17/09/05)
 ???「餌は餌らしくしてなさい!」 (17/08/28)
 2コスハンデス→ヘモグロ→ルドルフ≫ヘモグロ破壊→ブスート≫ルドルフ破壊≫ヘモグロ破壊。 (17/07/22)
 cipを使い終わったクリーチャーをハンドに転換出来てブロッカー持ちなのは強いです。 (17/05/27)
 これ1枚で能動的なpigの起動、ドローソース、ブロッカーを兼ねられるのは中々強力。同コスト帯にはホネンビー、ヴェイダー、解体など粒揃いではあるものの、呪文多めな構成であれば十二分に採用価値がありそうですね (17/04/13)
 墓地肥やしを手札補強力に回したホネンビー。自分を破壊してもいいので4コス2ドローの呪文感覚で使って行ける。ギャングでは前のターンにヘモグロやジャリを出しているハズなので、そいつらを手札に変換していきたい。 (17/04/09)
 カタカナオンリーの名前が主に破壊する役、それ以外が主に破壊される役を担うのでしょうか。それはそうと手札補充としては中々のスペック。クリーチャーだから使いまわしが容易かつ呪文メタに引っかからず、pig起動役としても使いやすいのが良い。 (17/04/02)
 呪文対策のカードの影響を受けずに2枚ドロー出来るのは、便利だと思います。 (17/04/01)
 4コスト以下のクリーチャーが多いならホネンビーやウェイダーにもひけはとらないと思います。 (17/03/28)
 自分の生き物一体をエナジー・ライトに変える生き物。自分は残って守りを固められるのもよろしい。名前の由来となった哲学者はルドルフ・カルナッ『プ』か。 (17/03/27)
 黒単でクリーチャー以外の比率が多くなるのならヴェイダーの代わりに入れるのもあり! (17/03/27)
 実質闇文明のエナライなのは強そうです  黒単色だとヴェイダーとかホネンビーとかもいますがこれはこれで強いと思います (17/03/26)
 呪文感覚で使えるクリーチャって炸裂サイクルとかいたけどこのカードの場合それが他のクリーチャーも対象にとれてしかも2ドローなのでなかなか応用範囲が広く便利そうに見える.こいつ,医者でも凶鬼でもないのと命名を見るとポジション的にはジョルジュ・バタイユと同じクラスなのでしょうか.フレーバーがないのもなんでだろうなあと. (17/03/26)
 闇文明のドローカードとしては十分過ぎる1枚。  普通に使っても癖無く2ドロー、応用しやすい作りなので少しの工夫でよりアドバンテージを稼げそうです。    クールなイラストもgood (17/03/26)
スポンサードリンク