スポンサードリンク

ワンショット・フレーム
(ワンショットフレーム)

表示順:
総合評価:
 タップされていない、がなくても壊れとかにはならないんですけどね。 (14/04/26)
 確かにトリガー呪文が1コスト上がったぐらいでパワー1000ライン上がるのは強力だとは思いますよ。でもちと制約がきつくないですか? (14/04/25)
 イラストは好きなんですけどね。実用性はそんなに・・・。炎獄の存在が。 (12/04/21)
 手打ちならミリオンスピア、トリガーで出ても少なくとも攻撃したクリーチャーはタップされているのでスクラッパーやスーパーバーストショットの方が良いです。 (11/03/29)
 重いがシールドトリガーでくればいいカード (09/04/07)
 使えばわかる強さ。 (09/04/07)
 マッドビートなら割と使えます  ビートルーダーも灼けるので (09/03/17)
 火力が高くなったが限定されたバースト・ショット。自分まで巻き込まれるのは少々いただけない。ああ、全員ブロックすれば問題ないのか。 (09/03/11)
 スクラッパーやバーストショットでいいような気がする。 (08/05/25)
 地獄スクラッパーを使いましょう。 (07/12/25)
 スクラッパーやショットのほうが使う。タップアンタップの状態を見るよりは全部破壊したほうがいい。 (07/07/06)
 駄目だ。タップされているクリのほうが多いと思う。 (07/04/24)
 バ−スト・ショットの方が使いやすい。 (07/02/13)
 ・・・入れるとしても、ホノオのファンデッキくらいですかね? (07/02/11)
 はっきり言えば難しいカード。アンタップ専用は使いにくい気が。 (07/01/26)
 トリガーして出てくるタイミングがずれると重いだけの呪文に・・・ (07/01/04)
 速攻相手に盾1枚目にトリガーすれば中々だと思うんだけど、どうかなぁ。 (06/12/21)
 赤単速攻による同系対策? (06/10/12)
 対象とっていない除去呪文は強いと思うのです。 (06/09/28)
 シールド墓地がデメリットと言い切れない現環境では、灼熱波のほうが上かな。トリガーで出たとしても、スクラッパーのほうが確実だと思う。評価下げ。 (06/09/07)
 裁・スクラッパー・万力・バースト・スピア等と比べるとちょっと見劣り…速攻対策にもならないし、いまいちかも (06/08/30)
 微妙火力。 (06/08/24)
 それなりには使えると思います。  ペトを焼けないのが痛いですが、マリエルや双月、青銅辺りの種も除去できるので。  ただ、バースト・ショットと役割が被りますね。 (06/08/11)
 SGL環境の全体除去に関してはまあいいかと (06/08/08)
 バーストショットを使います。 (06/07/27)
 偶発と弾幕の要塞のほうが好きですが(殴 (06/07/25)
 SGL環境ではバトル場を制圧するようなデッキが増えそうなのでその対策になる (06/07/22)
 最後まで引っ張ってくれば効くかな? (06/07/18)
 タイミングが合えば、《バーストショット》よりも強力。  2000と3000では大きな違いがある。  《バーストショット》《サウザントスピア》と、どれを選ぶかが腕の見せ所になりそうだ。 (06/07/09)
 コレに助けられたことがあります (06/07/07)
 基本は《地獄スクラッパー》《バースト・ショット》だけど、ない場合はこれでも代理にはなると思う。 (06/07/06)
 タップされていないっていう所が邪魔です (06/07/06)
 うまくすればエグゼを止められるかも?自軍の影響が大きいかorz (06/06/30)
 基本的に速攻対策というよりもシステムクリーチャー除去のためのカード。ということは、トリガーは有効には働かず(この部分ではスクラッパーのほうが上)、手札から使うには重い(灼熱波が上)というどうにも使いづらいカードに成り下がってます。 (06/06/30)
 正直使い道が分からん、バーストショットやスクラッパーと比べても、これを使おうとは思わない。 (06/06/29)
 地獄スクラッパーがこっちを見ています。 (06/06/29)
 タップされてるやつ限定ですか・・・ (06/06/26)
 避けられるかもしれないけど、非タップ獣というのが破壊されれば、相手の攻撃が減って便利。やっぱり、トリガーでくると恐ろしいカード。 (06/06/25)
 結構使いにくかった。7マナならスクラッパー入れた方がいいですよ。 (06/06/25)
 裁、サウザンド、バースト、スクラッパー・・・。こいつらを押しのけてデッキに入るとは全く思えない。 (06/06/25)
スポンサードリンク