スポンサードリンク

陽々さんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 メガ・イノポンドソード
 インパラスカスの超強化版。汎用性の塊。メインデッキに進化元を含めなくても進化クリーチャーが盤面に出られるという点が素晴らしい。 (20/01/22)
 超次元ドラヴィタ・ホール
 こういう強いカードが解除されるたびに古参が新規を初見殺しする事態が発生する。特に超次元関連はそれが顕著なので逝ったままの方が良かった。 (19/12/24)
 クリスマⅢ
 ミッツァイルが殿堂となったので悪用される恐れは無くなった分、使いどころが不明。だけれどもGRのマナ加速要員は貴重なので入るデッキはたくさんあるが、現環境、次環境あたりでは入れる枠が無い… (19/12/24)
 Dの牢閣 メメント守神宮
 他にも壊れているカードが何十枚とあるのに、現状暴れていないこのカードを殿堂する理由が判然としない。次弾以降のカードとの関係があると思われるが、だとしたら赤単バルガのような大量展開速攻あたりの強化を行うのかな?… (19/12/24)
◎ 速攻に利用されている以外では良調整と思えるカード。今回再録されて安くなっているし、そもそも色んなデッキに入る。速攻デッキに入れると化け物じみた活躍をするので、このカードの敵対色(赤、黒)のカードが公開領域(マナ、墓地、バトルゾーン、超次元)にあれば能力が発動しないぐらいの制限を付けても良かったのでは?と思えるほど。 (19/07/26)
◎ 現環境でも色んなデッキで見かけるカード。全員にブロッカー付与なんて反則でしょ。例えばメタリカの攻撃曲げはこのカードと組み合わせるだけで無限ブロッカーになってしまう。また、小型クリーチャーをたくさん並べるデッキでは、その分シールドを生成しているのとほぼ同等の効果を得られる。現環境は速くなっているので、小型ブロッカーを並べるのはかなり有効な作戦。相手がこれを出したとき、こちらも何らかのD2フィールドを出さないと詰んでしまう。 (18/08/09)
 煌銀河最終形態 ギラングレイル
 クランヴィアデリートなどの博打デッキのやや当たり枠として使うのかな…基本的に勝っている時にだけ強く、負けている時には全然使えないという特徴を持つカードなので腐る場面が多い。現状ではファンデッキで使える域を出ません。 (19/12/24)
 セブンス・タワー
 ビマナを復活させるために殿堂解除したんだろうけど、そもそもループパーツなので何故に殿堂解除したのか。 (19/12/24)
 奇石 オリオン
 シールドトリガーが付いたクリーチャ版ハムラティスジャッジが弱いわけがない。しかも小型メタリカというオマケ付き。今弾の小型メタリカではバグバイブスと並ぶ強さ。ST付きのクリーチャーという点が大きく、オリオティスジャッジと併せて入れておくと防ぐ手段を持たない覇道、バルガ、墓地ソなど大型クリーチャーを踏み倒してくるデッキにとっては大きな脅威となり得る。 (19/12/19)
 音奏 バグバイブス
 強い。今弾の小型メタリカではオリオンと並ぶ強さ。御嶺やブロッカーに代表される殴れないクリーチャーがメタリカには多いので、このクリーチャーが盤面に居るだけでその問題が解消されるというのが大きい。ダイヤモンドソードとの使い分けはあるが、こいつを出してついでにクリーチャーを2体増やした方がメタリカというデッキにはマッチするので今後GRクリーチャーが増えていく中で採用率は上がって行きそう。 (19/12/19)
 神楯と天門と正義の決断
 間違い無く完璧系で最も弱く使い所が謎のカード。現状だと天門に入れたり、いま環境に居なくもない絶十に入れる事も有り得なく、何か使い所があるとするとサザンメタリカぐらい。サザンメタリカでもおそらく4t目に打てるのが最速となるが、サザンメタリカでやれる事が少ない…やるならばサクソメロディを2体出すとかなのか。残念だけど素出しで2体フリーズを使う事はほとんど有り得ないし、盾を増やすなら似たコスト帯で優秀なものがたくさんあるし、光のブロッカーを出すなら天門でいい。残念ながら専用のデッキを作らない限り使いどころがないし、その専用のデッキですら環境に入る事は有り得ないでしょう。 (19/12/15)
 九番目の旧王
 ST付きで1体選んで-12000か全てのクリーチャーを-3000を選択出来るのが強い。しかもたったコスト5で黒単色。今だとミッツァイルに代表されるGR大量展開系のデッキに刺さる。使うとするとスザク、墓地ソに入りそうなのは容易に想像できるが、素で打てる準備が出来る黒緑、アナカラーあたりにテック団の代わりに採用されそう。 (19/12/10)
 天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー
 2019年末の弾における最強の汎用札。呪文面から出したクリーチャーが手札に戻る事でミクセルなどの踏み倒しメタを回避しつつクリーチャーの登場時能力を使う事ができるのでクリーチャーカードを呪文のように使う事が出来る。容易に想像できるのがサイクリカの使い回し。つまり5tループする事は容易だし相手が殴ってくれば最速相手のターン中に1tループする事も可能では?おまけでドラゴンズサイン、アイチョイスの5枚目。クリーチャー面のメタリカ、ドラゴン、ブロッカー、全タップ、1ドローとそこそこの性能。唯一無二の能力なのでガチデッキからファンデッキまで多用される事間違いなしの1枚。 (19/12/10)
 バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ
 両面ともに強い。そしてメラビート、ドンジャングル、シータミッツァイルの強化。クリーチャー面はメラビートで雑に出して全体除去、ジョマキが打てるようになるし、ドンジャングルはドンジャングルからタダで3体も出てくるという意味不明な動きができるし、シータは特にエモG型でグレープダールから飛んできておまけで2体出るのでミッツァイルの種として使える。何気に呪文面も強く、例えばジョラゴンがタップしている状態で相手が殴ってきて、これがSTで捲れると相手はジョラゴンを殴るしかないが、ジョラゴンに殴り勝てるクリーチャーは現環境ではそれほど多くない。誰でもドンジャングルになれるという点で強く、GRクリーチャーが大量に並ぶ環境では非常に心強い存在。 (19/12/05)
 BUNBUN・ヴァイカー
 壊れ。5コストで出て良いパワーと能力ではないし能力が自己完結している上にコンボにも応用可能でコンボが発動すると連ドラをも凌ぐ展開が可能に、しかも連ドラと違って失敗なし。更に赤単色のカードが行うべきではないドローも可能というインチキ。5コストで実質最低2体出てくると考えると適正なパワーラインは1500といったところなのに5000もあるというのも異常。ビッグバンフレアでメタクリの除去にも使えるし欠点らしい欠点が無い1枚。ミッツァイルが居なくなればバックラスターとコンビを組んで暴れまわること間違いなし。 (19/12/03)
 帝神龍装 ティーゾリス
 テキストの効果が理解し辛く現状の裁定のままでは弱いかもしれない…その辺りを一旦置いておくとすると書いてある事が異常。VRだが12月発売の弾の中では確実に最強の部類に入るでしょう。容易にループ出来る事が想像できるし、恐らく最速4t目でループ可能。半死状態だったマフィギャングのクリーチャー達のデッキが生き返るし、もちろん墓地系デッキにも入るし、何故かドラゴンが付いているので様々なドラゴンデッキに入る事は想像に難くない。故に可能性の塊。 (19/11/11)
 緑知銀 ダッカル
 サッヴァーク強化。ダッカルが居る状態で裁きの紋章を1枚打つと表向きのシールドが2枚増える。ハイオリーダと同時に居る時に2コストの憤怒を撃つとGR2体出てくる。転生などのサバキZと組み合わせると6~7ターン目あたりに表向きの盾が20枚に達している事もありハイオリーダと一緒に居るとGR12体が1tで全て展開できる事も。天門に入れて強いし、アレフティナ、アミダナスカとの組み合わせも良い。とにかく盾操作系クリーチャーや呪文と組むと変な動きが出来る。 (19/10/25)
 極楽轟破5.S.トラップ
 デンジャデオン、ゴデンジャー、キュラックス強化。というかグランセクトデッキ全般の強化。確定除去した上でクリーチャーも出せるし、出すクリーチャーによっては更なる除去も可能。これがSTから捲れれば次のターンにスロットン→キュラックスで相手は死ぬし、そうでなくても相手が4枚目を捲る一歩手前でキュラックスを出せば相手が即死するという点は見逃せない。そういった無言のプレッシャーをかけるという点でも、このカードは強い。 (19/10/19)
 罪・羅・卍・罰
 ドラガンザーク強化のつもりなんだろうけど、黒オーラデッキにはノイズにしかならないので差してもピンだから実質使えない。墓地から唱えられれば強かった。現環境には刺さるデッキがいないというのも大きい。 (19/10/19)
 ♪君は煌銀河の正義を見たか?
 単体でほぼ仕事しないから何かとのコンボになるわけだけども、一番親和性の高い裁きデッキにはノイズにしかならないので入れてもピン。ダッカルと素晴らしく相性が良いので裁きか天門だろうなという事になるけど、単体で仕事しないのがキツい。 (19/10/19)
 コヴ・シディア/ライトハンド・ライトニング
 幾つか用途は思い浮かぶけどコイツじゃなくても良い感はある。たとえば黒緑ドンジャングルにタッチで入れてドンジャングルから出してドンジャングルタップとか…一番強そうなのはマッドデーモン閣下が場に居るときに打つと無限回収出来る点かな。 (19/10/19)
 ツムリカルゴ・ラ・でんでんⅢ世/ローリング・トラップ
 普通にデンジャデオン強化かな。ギガタックVVデンジャデオンデッキにおいてエイトビートルズの上位互換となる。 (19/10/19)
 卍夜の降鳳祭
 デ・スザーク強化。デ・スザークの5枚目というだけではなく、盾の内容の確認も出来るし、ラビリピトの相棒としてタダ撃ち全ハンデスできる。タダ撃ちできる条件も凄まじく緩い。このカードを入れる事で魔道具の純度は減るけども、手札の質を高める事が出来るので、構築さえ間違わなければデ・スザーク強化と考えて問題ない。ただ、このカードでデ・スザークが環境に復権できるかと言うと違うかな。 (19/10/18)
 “閃忍勝” 威斬斗
 現環境では使う場面がイマイチ思い浮かばないけど、マスターGGGの条件自体は容易に達成できるので簡単に打つ事が出来る。ゼンメツースクラッパー打った後にタダで1ドローできると思えばかなり強い。 (19/10/18)
 FZゲイザー feat.アアルカイト
 スコーラー強化。青白スコーラーに入れて強い。銀河→銀河→銀河で水GRを3体召喚してしまえば呪文をタダで撃てるのでスコーラを出し易い。呪文自体はけっこうありふれた能力で、この呪文を撃った後から出てきたクリーチャーには効かないのが痛い。スピードアタッカーやマッハファイターを擁するミッツァイルやダムドには全く意味をなさないので呪文自体は弱いので、青白スコーラ以上に有用な使い道があるのかはかなり疑問。 (19/10/18)
 天上天下双極∞
 全ツインパクトカードの5枚目となり得るカード。ウラギリダムスで山札操作した後に打つと任意のツインパクトを3枚打てることになるので、大仕掛けのホーガンブラスターと考えて良いかもしれない。ロジックサークルでも可能なので、マナは溜まったものの狙ったカードが手元に無い時に探して来て山札の一番上に置いて、このカードを使うと強いかもしれない。ループやデリートの新ルートを開拓出来る可能性を持った1枚。 (19/10/18)
 天地ヲ別ツ龍断ノ裁キ
 サッヴァーク強化。サバキZはついていないもののカリバーと併せて使う事でミッツァイルの猛攻を凌げる1枚。強過ぎず弱過ぎず良調整だが、魑魅魍魎が跋扈している現環境を鑑みると物足りない感がある。追加で「この呪文が唱えられない効果を無視する」ぐらいあっても良かったのではないか。 (19/10/17)
 “魔神轟怒”万軍投
 壊れ。捨てた事に反応するので墓地ソース、またはカリヤドネデッキと親和性が非常に高い。ピットデルやメルゲ→イワシンというムーブと激烈に相性が良いので最速1t目にGR召喚3回という頭のおかしいムーブが出来る。また、カリヤドネ自身を出す過程でついでのように唱えられるのでGRを全面展開して殴り切る事も可能になるかも。 (19/10/09)
 超時空ストームG・XX/超覚醒ラスト・ストームXX
 壊れ。環境が低速化すると必ず現れるヤツ。出すのがそれほど難しくない割に連ドラ以上のオーバーキルを行えるのでやってもやられてもデュエマしておらない。登場ルートは絞られるもののガンヴィート→7コス以下のサイキックの黄金ムーブに至るムーブが強くて止め辛い。これ以上低速化してもガロホがプレ殿しないなら、こいつがプレ殿でも良いのではないかと思える1枚。 (19/09/25)
 浄界の意志 ダリファント
 マナドライブ縛りがきつい。これがマナドライブ5だったらデジルムカデやハイオリーダーと連携出来る事は容易に想像できるが現状では使い方が想定し辛い。また、盾送りの条件も進化なし7コスト以下となっており中々使い辛い。これが進化も含むのであればダムド対策に入れて強かった。STから使うのであれば仰ぎ見よ~か正義の意思~あたりからの反撃となるのだろうが、いまのところこれが入るデッキを想定できないのでこの評価。入るとするとマナが伸びやすい緑入りなので、現状だと黒白緑か白緑あたりなのかなと… (19/09/20)
 ジャガライガーV7
 Jミッツァイル強化であるし、緑単ジョーカーズに光明を与えるかもしれない1枚でもある。基本的にはサファリチャンネルやドルツヴァイアステリオと似たようなポジションになるし、バングリットと併せるとサファリやズンドコと似た動きが出来る。達成条件であるGR3体は重そうだが幸いにして緑ジョーカーズにはソイソイミー、ウォッシャ幾三、ガチャダマンと優秀なGRリクルーターがおり、ジャガライガー自身もGR召喚できるのでGR3体を揃える事自体は難しくなくマナを倍にする事自体の要求値は低い。ジャガライガーを早期に出せる天体かんそ君やグレープダールなどマナ加速しながらJチェンジで出てくる前提だとすると、6t目あたりには条件が揃って12マナぐらいのクリーチャーが着地できるのかな。12マナというとゲームエンド級のパワーカードが何でも使える。緑ジョーカーズに拘るならラドン・ベップバーンを出す事で現環境の大部分のデッキ沈黙する。現環境で6tは遅いと言わざる負えないが、もし安定して10マナ以上のクリーチャーを6t目に展開できるなら強いと言わざる負えない。 (19/09/19)
 救命の意志 テュラー
 メガマグマやゼンメツーなど全体破壊系の効果から必ず1体を救えるのが大きい。ただしウルトラセイバーではないので「バトルゾーンを離れる時」ではないのでバウンスや山下送りなどには意味がない。うーん…光のGRクリーチャーは優秀なカードが多いので、その中でわざわざこれを選ぶかというと、かなり限定的と思われる。GR全般に言える事だが、本来であればシステムクリーチャーを展開する前にこういうクリーチャーを展開しておきたいがGRクリーチャーのため、それも叶わない。 (19/09/19)
 極幻空 ザハ・エルハ
 汎用性はないが、これは壊れなのでは?速攻も可能、御嶺が付くと除去できない、スローリーチェーンをSTか手札から唱えると焼却も効かない完璧な疑似シールドセイバーになるのは不味い気がする。御嶺がランダムなので運が悪ければロックまでは行かないものの、破れないシールドとしてはコントロ+ミタラシオ、鯖+ロージア+カリバーより要求値が低く、より強い。速攻が環境に復権するのか? (19/09/19)
 ガンマスター・超天・マキシマム
 ジョーカーズデッキはクリーチャー並べてナンボのデッキが多い中で、このカードの有用性は決して高いとは言えない。しかし、コスト軽減効果は比較的容易に達成できるし、パワードブレイカー持ちが多い中での全クリーチャーパンプアップは大きく、パワードブレイカー持ちは大抵の場合1ブレイクを追加で得る事が出来るだろう。そのような意味ではナッシングゼロを少し使い辛くしたバージョンと言えなくもない。また、能力的にはジョジョジョ・マキシマムの方がシンプル且つ使い易く、そのうえ強いので、枠の取り合いという意味でも負けている。現環境だと厳しい。 (19/09/17)
 我狼罪 フェンリ業ル
 単純に考えるとドラガンザーク強化というよりは、このカードをコンセプトにしたデッキが出来る感じなのかな…?ギャンやSTで出たランジャの上に重ねれば攻撃時に墓地に落ちている9〜10コストのクリーチャー、オーラを色指定なしで踏み倒しでバトルゾーンに出せるのは強い。マナ加速と墓地肥やしを同時に行っていくデドダム、ダークライフと非常に相性が良いし、ダムドの新しい形を作れるパーツとなり得る1枚。 (19/09/16)
 大魔王 ウラギリダムス
 パッと思いつくのは墓地肥やし系デッキに入れてユニバースでエクストラウィンかな。またはミノガミの黒版として使えるので墓地利用ループ系や、そもそもミノガミの代わりとして使える。いずれにしろ墓地から好きなカードを5枚も選んで敗北回避時に好きな順序で山札下に戻せるというのはかなり強い。明らかにループパーツとしてご活用下さいと言わんばかり。面白いカードではある。 (19/09/16)
 爆銀王剣 バトガイ刃斗/爆熱王DX バトガイ銀河
 誰が何処をどう見ても完全な壊れ。これが良調整と言っている人はモルネク使いなんでしょう。モルネク殿堂入りのフラグにしか見えない。4t目に始まる連ドラという狂気の沙汰。使っても使われても気分が悪くなります。 (19/09/15)
◎ モルネクが場に出れば除去しても除去してもクリーチャーが出てくる出てくるという…処理が追いつかなくなると禁断爆発されるかオーバーキルされるというバトライ閣を彷彿とさせる厄介さを連想させる。これはモルネクが環境上位に喰い込めるようになる1枚。モルネク時代は長かったので、ちょっともう勘弁して欲しい… (19/06/29)
 共鳴音奏 リリックバッハ
 自己完結している呪文アンタッチャブル。出すだけで自分が呪文アンタッチャブルを得るという素晴らしさ。メタリカ専用ではあるが、強い能力は種族と色で縛るべき。デメリットとしては現環境ではコスト4というのが少し重いのと、選ぶ呪文を使うデッキが少ないし、同コストにバーナインがいるというところかな。 (19/09/15)
 龍装車 ピオドーロ/毒汁100%
 ツインパクト、マッハファイター持ちで、スピードアタッカーやマッハファイターを止められるクリーチャーがドラゴン持ちとして登場したのが素晴らしい。しかも、おまけでST付き。弱いわけがない。 (19/09/15)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク