スポンサードリンク

隻眼のetさんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 罪恐!零MAX
 青黒のSTとして非常に強力なカードです。相手獣2体の攻撃&ブロックを封じられるため、受け札としては悪くないですし、墓地肥やしと墓地回収もこなせるため、手札に来ても腐らないようになっていて、かなり使い勝手がいいカードです。効果的に採用するのは墓地を利用するデッキに限られますが、4コストとは思えない非常に良い性能となっています。盤面次第では、両方の効果を使えるというのも偉いです。 (22/10/02)
 ラドン・ベップバーン
 最上級の踏み倒しメタ効果を持っているため悪くないのですが、如何せん重いため使いにくいです。似たような効果を持つブラキオやガイアハザード、ギャイアなどは、どれも種族を活かして早出しできるのに対して、このカードはそういったことも特にないため、かなり微妙な立ち位置になっています。一応、クイーンオブネイチャーやアマキリから出せたり、ガイアッシュの軽減を受けることはできるため、使えないことはないですが、このカードでなくても他のカードでほとんど代用できてしまうため、大抵は採用を見送られてしまいます。 (22/10/02)
 龍装者‘‘JET‘‘レミング/ローレンツ・タイフーン
 下にエマタイと同じ効果を持った呪文がついたツインパクトなので、墓地ソ系のデッキではそれなりに使えます。さすがに、本家エマタイがついたレオポルディーネのツインパクトには劣ってしまいますが、墓地ソに不足しがちな火文明のカードとして使える場面もあるので、こちらもこちらで悪くないです。 (22/10/02)
 D2V3 終断のレッドトロン/フォビドゥン・ハンド
 手札を1枚切ることで3コストで召喚できるコマンド獣の上面に、2面止めが可能なSTの下面がついた優秀なツインパクトです。効果的に汎用性は低いですが、相性の良いドルマゲドンのデッキでは、攻守ともに活躍してくれる欠かせないカードになっています。 (22/10/01)
 終断X ベガスランチャー
 ニンジャストライク持ちのコマンド獣なので、ドルマゲドンのデッキでは重宝されます。ハンゾウやハヤブサリュウより出しやすく、3000以下除去も腐りにくい効果であるため、枠が余ったらとりあえず採用しておきたい1枚です。 (22/10/01)
 暗黒の騎士ザガーンGR
 GRで数少ないデメリット無しWブレイカーで、更に種族にコマンドを持っているため、文句なしに優秀なカードです。マナドライブ勢のような特殊な効果は持たないため、入るデッキは限られますが、何かのついでにパワー7000のWブレイカーが出てくるのは普通に強いです。 (22/10/01)
 応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」
 下がST持ちの除去呪文で、上は実質0コストで出せるスノーフェアリーとなかなかにおかしい性能をしています。ステージュラと相性がいいのは言うまでもありませんが、単純に打点を並べるのにも役立つため、赤緑型の速攻デッキでも活躍してくれます。現在はオービーメイカーとの相性が非常に良いため、かなり見かけることが多いカードになってきつつあります。 (22/10/01)
 氷結龍 ダイヤモンド・クレバス
 墓地、マナ、場から進化元を持ってきて高打点を叩き出すスノーフェアリーのフィニッシャーです。最近はオービーメイカーを主体にしたスノーフェアリーデッキのサブプランとして使われたり、ポレコやジャスミンの地版を進化元にした出せるクリーチャーとして赤緑アポロヌスに採用されています。 (22/10/01)
◎ 墓地、マナ、場から進化元を持ってきて高打点を叩き出すスノーフェアリーのフィニッシャーです。最近はオービーメイカーを主体にしたスノーフェアリーデッキのサブプランとして使われたり、ポレコやジャスミンの地版を進化元にした出せるクリーチャーとして赤緑アポロヌスに採用されています。 (22/10/01)
 呪紋のカルマ インカ
 実質緑の単騎マグナムといえるカードです。1コスト重くなっていて、本家と比較すると扱いにくさが目立ちますが、詰め札としてはやはり優秀です。最近はタマシードやGSが登場したことによって、これ1枚では過信はできなくなりましたがカツキングやクロックなどのSTを封殺できるため今でも悪くないです。 (22/10/01)
 武家類武士目 ステージュラ
 ドラリンでスノーフェアリー強化が来たことによりかなり強化されていましたが、今回、相性の良いオービーメイカーが登場したことによって、さらに化けることになりました。書いてある効果はどれも悪くないですが、このカードの真価はやはりG0でしょう。スノーフェアリー自体並べるのが容易な種族なので、条件達成は簡単で、早い段階で一気に多面展開することができます。オービーメイカーの軽減やシビルカウント補助として非常に強力な1枚なので、今後も何かと使われていきそうです。 (22/10/01)
 スプーン=ンプス
 性能だけで言えばドゥンブレの上位互換に当たるカードです。アビスデッキの初動として使えるのはもちろんのこと、幅広いデッキで盾回収札として使われるでしょう。一応、コダマンマ系と違い、カード指定の盾回収ではありますが、今の環境だとほとんど変わらないので、その枠はこのカードが優先されることになりそうです。 (22/10/01)
 ベル=ゲルエール
 2コストで2枚墓地を肥やせてアビスラッシュまで持っている、アビスデッキの初動として優秀なカードです。ジャシン帝がいなくても素でアビスラッシュを持っているため、多少手札が事故ったとしても、このカードさえ墓地にあれば何とか巻き返せることがあります。単純に軽量の打点としても使えます。 (22/10/01)
 フォーク=フォック
 墓地を肥やしながらアビスを回収できる無難に優秀なクリーチャーです。ジャシン帝がいる状況では、1コストでリソースを増やしながら出てくる実質SA獣と化すので、非常に強力です。 (22/10/01)
 邪侵入
 3コストで4枚墓地を肥やせて4以下のアビスを出せるというだけでも十分強いのに、シビルカウント2でSTになる効果までついており、本当に文句のつけようがない優秀なカードになっています。素で使ってももちろん強いですし、STで使っても4コスト以下だと、ジャシン帝やハンマダンマ、バウワウジャといったで受け札として使えるカードがいるため、かなり活躍してくれます。今後も受け札として使えるアビスはどんどん増えていくでしょうから、アビスデッキでは必須カードになりそうです。 (22/10/01)
 アビスベル=ジャシン帝
 4コストとは思えないレベルの性能を持った、アビスデッキ最高のサポーターにしてフィニッシャーでもある強力なカードです。アビスにアビスラッシュを与えて、さらに2軽減まですることができるというだけでもかなりやばいのに、ブロッカー2打点に除去耐性まで持っているため、非常に厄介極まりないです。現在は墓地利用環境ということもありかなりメタられていますが、それでも結果を残せているので、今後の環境やカード次第ではさらに化けそうです。 (22/09/30)
 テブル=ザザーム
 手札を1枚捨てなくてはならない条件こそあるものの、墓地から出せば3コスト実施SAの2打点として使えるので強いです。ジャシン帝がいればさらに軽減して1コストで出すことができるため、殴りに行く際は重宝されます。一応、手札を捨てるのがデメリットのようにはなっていますが、アビスデッキでは墓地が増えるのはむしろメリットなので全く問題ないでしょう。淡白な性能ではあるため、必須というわけではないですが、攻めに重きをおくのなら採用しておいて損はないでしょう。 (22/09/30)
 悪灯 トーチ=トートロット
 うまくいけば3面止めることができる優秀なアビスのSTです。相手が選ぶタイプの除去であるため、そこまで刺さらない場合もありますが、このクリーチャーがブロッカーであるため、最低1面は止められますし、場合によってはアポロやオニカマスといったこちらからは選べないクリーチャーを除去できることもあるため、かなり強いです。ジャシン帝と組み合わせることで、毎ターン出して相手の盤面をぼろぼろにするなんてこともできますし、単純にSTとして強いだけでなく、他にもいろいろできる良カードとなっています。 (22/09/30)
 ハンマ=ダンマ
 墓地肥やししつつコスト指定除去ができる非常に優秀なST獣です。状況次第ではどんなクリーチャーでも破壊できるというだけで価値がありますし、たとえ、墓地が肥えていなかったとしても、2コスト以下であれば破壊できる保証があるため、採用しやすいです。また、コストが軽いため素出しでも使えるようになっていて、STで出ずとも腐らなくなっているのも偉いです。 (22/09/30)
 深淵の三咆哮 バウワウジャ
 現状、アビスデッキに必須といえるとにかく便利で優秀なカードです。序盤は墓地肥やしとして、中盤から終盤にかけてはブロッカーかつATで除去しながらTブレイクする除去耐性持ちクリーチャーとして使えるため、いつ引いても腐りません。4コストなので出すのも簡単ですし、タマシードクリーチャであることにより、盤面にクリーチャーが並ばない限りは基本的に除去されることはないので、場持ちもよく、非常に恐ろしい性能に仕上がっています。 (22/09/30)
 恋愛妖精アジサイ
 スノーフェアリーの置きドロソとして使えるカードなので無難に優秀です。スノーフェアリーは2→4で繋げられるカードが多いため、他の種族のドロソよりもかなり使いやすいです。オービーメイカーの登場により久しぶりにスノーフェアリーが勢いづいているので、今後しばらくは見かける機会が増えそうです。 (22/09/29)
 十番龍 オービーメイカー Par100
 早期に出せるブラキオなので弱いわけがありません。効果を発動するには盤面に5体以上自然のクリーチャーorタマシードが必要という条件を達成しなければいけませんが、軽減を使う都合上、自然と達成できるためさして問題はないです。ブラキオと違い相手ターン中にしか効果が発動しませんが、その分タマシードの効果を消せるようになっているため、トントンといったところでしょう。正直、効果は似てるとはいえブラキオとは使い方や役割が全く違うので、一概に比較はできないです。 (22/09/29)
 刻一黒の成長 グレートブリテン
 秘密結社アウトレイジと組み合わせることで早期からワンショットを狙えるカードになっています。それ以外にも、アウトレイジというだけで多くの恩恵を受けられますし、そもそも、1コストでほぼデメリット無しの闇のクリーチャーは貴重なので悪くないです。ただ、墓地にカードがないと死んでしまうというピーキーな性能で多少使いにくいですし、墓地を利用するデッキが増えたことでそれをメタるようになりつつありますし、ワンショット自体、年々盾が強くなっていることで決まりづらくなっているため、今使うのはかなり難しいです。 (22/09/21)
 道玄坂マングース、ココ・ユユ・ドクソン/エンジョイプレイ! みんなの遊び場! GANGPARADE!
 覚醒獣を使うデッキで色が合って枠が余るようならとりあえず入れておきたい1枚です。これだけでブロッカーを1度無力化できるので、天門のようなデッキを相手にする際は非常に役立ってくれます。座美の花という同様のことができる競合がいますが、効果以外はいろいろと差別化できる点が多いので、そこまで気にする必要はないでしょう。 (22/09/21)
 リュウセイ・ジ・アース
 SA2打点のコマンドドラゴンで、出たときとハンデスされたときに1ドローあるいは1ブーストできるという、6コストの性能としては十分なものになっているのですが、周りのインフレがやばすぎて、使われなくなりつつあります。如何せん他のドラゴンと比較すると、1ドローか1ブーストできるという効果は地味で、盤面に影響を与えるものではないため、明確な役割が見いだせず採用を見送られてしまいます。幸いなことに今の環境はハンデスが多いため、ここで輝くことがあればまた化けるかもしれません。 (22/09/21)
 サツイ 丙-一式
 マナドライブで得られる効果がスレイヤーだけなので、他のGR獣と比較すると弱く見えてしまいますが、冷静に考えると何かのおまけでスレイヤーが横に出てくるのは普通に強いです。他の人が言っているように、カマセバーンを確定除去にできるのは、このカードだけであり、本当に魅力的です。 (22/09/21)
 漆黒の四男 一松
 零龍の破壊の儀を達成する要員になれるということで一時は注目されましたが、結局このカードがなくても普通に達成できることが分かったので、次第に使われなくなりました。クリーチャーが破壊されることに意味があるカードが出てきたらまた使われるかも知れませんが、攻撃後の自壊は扱いが難しいため、他が優先されそうです。 (22/09/21)
 ツイート
 ATで1ドローするだけのしょっぱいクリーチャーなので使うことはないでしょう。一応、水単で組めばパワーは上がりますが、+4000したところで今のインフレにはついていけないので無意味です。 (22/09/21)
 0点男
 申し訳程度のパンプアップとATの3枚墓地肥やしという効果しか持たない時点で微妙ですが、闇単にしなければパンプアップすらできずパワー1000のくそ雑魚と化してしまうため本当に使えません。墓地を肥やすならデッキを選ばず使える終焉の開闢やプライマルスクリーム、ホネンビーGSなどで十分です。 (22/09/21)
 パシフィック・ドミネイター
 無条件でブロックされない上位互換が何枚もあるのに、わざわざ7枚もマナをためないと同様の効果が得られないこのカードが使われるわけがありません。 (22/09/21)
 キュート・ウィスパー
 2コストのただのバニラ獣なので、普通に考えると使えたものではないのですが、ナメティックアカデミーの登場により、割と使えるようになりました。とりわけこのカードは他のバニラ獣と比べて種族が優秀なので、フィニッシュに据えるカードによっては優先的に採用されます。ただ、バニビ自体がデッキとしては微妙なのでこの評価です。 (22/09/21)
 電磁封魔ロッキオ
 できることが山上2枚だけ操作だけなので微妙です。昔だったら強かった種族も、今となってはどれも普通以下ですし、なにより今の環境で山上を操作するならアクアベララーがいるため、このカードが使われることは基本的にないでしょう。 (22/09/21)
 ピヨーズ・ブートキャンプ
 パンプアップとブレイク数を1枚増やすだけの呪文なので使えません。コスト論的には適正なんでしょうが、できることが微妙すぎます。 (22/09/21)
 魂の絆 ダッカル&ヨミジ
 シンカパワーで選べる効果はどちらも悪くないのですが、進化できなければただのブロッカーを持った準バニラ獣なので、扱いにくいです。踏み倒しをデッキが多い環境の際に、進化獣を多く採用するデッキを組むなら使えるかもしれませんが、逆にいえばそのような環境にならない限りは厳しいでしょう。王来編の進化プッシュによって強力な進化獣が多く登場したため、このようなシンカパワー任せのカードでも今はまだ使えますが、今後の環境で進化獣が消えるようであれば、どうあがいても使われなくなるでしょう。 (22/09/21)
 月に宛てたテガミ
 本当に何に使うのかわからないカードです。せめて2コストぐらいであったなら、軽減獣やシスクリを除去する目的で使えたかもしれませんが、4コストなのでそれも無理です。どう考えてもコストと性能が見合っていません。 (22/09/21)
 病に魅せられたヤミイシャ
 cipで盾を増やして、pigで盾を減らすことができる、オシオキムーンと組み合わせてくれと言わんばかりのカードになっています。自前で盾を増やしつつ任意のタイミングでオシオキムーンの効果を発動させることができるため、性能としては悪くないです。しかし、これからオシオキムーンの強化が来そうにないため、将来性があまりありません。オシオキムーン以外の採用先が見つからないようであれば先行きは暗いです。 (22/09/21)
 月を閉じ込めたヒバナ
 単体のスペックだけで見るとそこまで強くなさそうに見えますが、影世界のシクミと組み合わせることで、手軽に超耐久することができかなり強いです。スパイナーなどと組み合わせることで、ループすることもでき、想像以上に使い道があるカードです。 (22/09/21)
 腐聖 ベガ-2
 ブロッカーでササゲール2持ち、pigで1枚ランダムハンデスと効果が噛み合っていて扱いやすいディスタスです。ミルザビミラのようなディスタスサポートがいるデッキでならかなり強力です。しかし、このカードしかできないという明確な役割がないため、他のカードに押しのけられて採用されないことが多いです。現在のディスペクターがササゲールで軽減せずとも、他の方法で普通に出るようになってしまっているのも向かい風です。 (22/09/20)
 腐聖 ブラッドウ-2
 ブロッカーでササゲール2持ち、cipで1ドローと癖がなく扱いやすいディスタスです。ミルザビミラのようなディスタスサポートがいるデッキでなら普通に使えますが、他だと、ササゲールで軽減するよりも別の方法で出した方が手っ取り早いため、あまり採用されません。 (22/09/20)
 天龍神の翔天 ピラッキ
 墓地回収獣の一つの完成形といえるカードです。cipで墓地を肥やし、ATで墓地回収、ターン終了時にアンタップする効果に、おまけでGSまでついて2コストなので破格といえる性能でしょう。ランデス呪文を唱えてはこのカードで回収しての繰り返しで、ロックをかけることも可能です。ただ、殴らなければ効果を使えないだけに、どうしてもビート寄りになってしまい、トリガーを踏んで逆襲されることがあるため、使い勝手はいうほどよくないです。 (22/09/20)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク