スポンサードリンク

ororo066さんのカード評価

弾:
表示順:
(総合評価)カード名 コメント
 とこしえの超人
 1コストのカードまでインフレの対象になった現代のデュエマ。相手のみしか縛らないの、最高に頭悪い(褒めてる) (21/04/18)
 滅界の魔将バフォロメア
 強いことばかり書いてるドルマゲドンのデッキにとっては救世主みたいな存在。 (21/04/18)
 虚∞龍 ゲンムエンペラー
 主な使われ方はデスザ.Starやマルコ.Starのつなぎになりそうだけど、シンカパワーの除去でミクセル等のメタクリーチャーを焼きつつ拾ったクロスファイアを投げられるダースレインとの組み合わせも面白そう。 (21/04/11)
 マニフェスト 〈マルコ.Star〉
 手札を増やしつつ攻撃するデッキコンセプトは過去にも結果を残しているものは多いので、手札補充にバウンスと擬似的な除去耐性まで持ってるこの子は今後も十二分に活躍できると思います。 (21/04/11)
 天災 デドダム
 色の合うデッキはもちろん、必須ではないものの色の合わない赤黒邪王門や赤黒ドギラゴン閃のようなデッキですら候補に名前が出てくるヤベ―やつ。 (21/04/11)
◎ いまだに色が合うなら雑に4積みしてもいいくらい汎用性の高いカードではあるが、今回のクロニクルデッキの低コスト龍覇たちの凶悪さと比べたらなんか可愛く見えてきた(感覚マヒ) (20/08/31)
◎ 3ターン目に出そうとするとマナの置き方に注意が必要になるけど、それにしたって強いことしか書いてない。各種侵略者との相性はもちろん、個人的にはΛの進化元にも使ってみたいなと思ってる。 (19/07/26)
 運命の選択
 10年くらい前にドラピを投げつけるために使った覚えがある。「超次元デドダム・ホール」という名前を付けた人のセンスに感動した。 (21/02/25)
 フェアリー・シャワー
 STで使えること、チェンジザのような呪文を使う能力に対応するところ、マッハファイターの的にならないところ等を活かさないかぎりはウマキン☆プロジェクトの方がいいと思ってしまう。使い勝手自体は悪くない、むしろ良いもののはずなんですが最近デッキを組む際に候補に挙がることが減ってしまったのでこの評価。 (21/02/25)
◎ 2→4→6の最も美しい形。最近は佐助の超人と比べられることがありますが純粋なブースト目的ならば手札の減らないこちらの方が良い。 (17/09/23)
 【ガチ】アイスバトルチャレンジ【対決】
 スタジェムの呪文面のマッハナックル(←うろ覚え)よりは使い勝手が良さそう。 (21/02/24)
 一王二命三眼槍
 都合の良いことしか書いてない。 (21/02/24)
 Dの博才 サイバーダイス・ベガス
 今あるD2フィールドの中でも相変わらず汎用性は高いので希望のジョー星の対策が面倒に感じたら候補に入れている。新しいD2フィールドも増えてきたのでそれの除去に使えるし、逆に相手に張り替えられるリスクも増えてくるのでゲーム的には面白そう。 (21/02/24)
◎ このカードを採用するとデッキの1/4くらいがコレと呪文で枠を取られる(特にガロホ殿堂前なんて酷かった)から当時のガロホ殿堂は構築の幅が広がるという意味では嬉しかった(小声)  どんなデッキにも4枚突っ込めるメメントとは別ベクトルの強さを今でももっている。 (19/06/14)
◎ 博打を匂わせる名前とは裏腹に堅実な防御力を実現するカード。今後カード指定の除去をどんどん増やして使いにくい環境へと変えていくであろう開発の思考がなんとなく読み取れるのでいずれはダイス離れしないといけない気がする反面、あまりの使い勝手になかなか手放せないという点はギャンブル依存症と似たものを感じます。・・・もしかしてそれを狙ったネーミングなのかも。 (18/05/09)
◎ 最近使いこなせるようになってきました(今更感) とはいえ使い勝手のいいカード除去、強力な呪文ロック等が増えているので少しずつ使いにくくなりつつあります。 (17/10/23)
◎ 相手が使うととてつもなく強いのに、自分が使うとなぜか上手く使いこなせないorz (17/05/17)
 超次元バイス・ホール
 このカードそのものは強いと思いますが、禁止のままでないといけないかと言われたら少し疑問に思う。1枚くらいなら…何なら無制限にしても良さそうと思ってしまうくらい今は強いカードが溢れている。 (21/02/24)
◎ 双極篇が終わって1年後の、次回の殿堂解除への期待を込めて無限回収を始めた。5色Z等を使いたいのに7コストのホール3種類だけでは今の環境では太刀打ちできない。優秀な踏み倒しメタが多数存在してる今、コレが解除されても通用するか怪しいですが・・・。 (19/01/27)
◎ 単体のスペックを見ると解除されても文句を言う人は少ない気がするが、開発陣がツインパクトを推すつもりならば殿堂解除はもうしばらくは無い気がします。仮に1枚制限、あるいは無制限になれば今後も出てくるであろう強力なツインパクト達に牽制をかけながらフィニッシャーを出せる面白い立ち位置のカードになってデッキの幅が広がりそう。 (18/03/28)
◎ 5色Zとの組み合わせはアレだったけど、当時の1発プレ殿は衝撃的でした。これ1枚戻ってくるだけで次元ハンデス系の立ち回りが強化されるでしょうね。 (17/09/28)
 最終龍覇 グレンモルト
 耐性持ってるわ、ドラゴンズ・サインから出せるわ、3色持ってるから5色デッキの色基盤に使えるわ…いろんな使い方でデッキコンセプトになれる超パワーカードですね。 (21/01/17)
 銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ
 相変わらず強くてカッコいい切り札。ただでさえこれが強いんだからこの子を呼び出すドラグナーも強くしたら化け物になるよね。 (21/01/17)
 最終龍覇 ボロフ
 基本的には赤いウェポンとの相性が良いので性能を引き出すならデッキの中に火文明を入れるのがいいと使っていて思いました。 (21/01/17)
 ドドンガ轟キャノン
 最近カード指定の除去が欲しいなと思ったら大体このカードが最初に思いつく。コスト5というのはそこそこ範囲が広く、SSTでのワンチャン生成も見た目以上に強力だったりする。 (21/01/17)
◎ 手打ちもしやすいシンプルなカード指定除去。SSTだと強力な防御札になる。大体のショップでプロモなどが安値で手に入る点も含めてこの評価。 (17/11/03)
 剛力羅王 ゴリオ・ブゴリ
 パワードブレイカーにとって微妙に足りない5000という数値を「他の味方のアバレチェーンで補ってね」っていうデザイン、なんかすごく調整されてる感があって好き。 (21/01/11)
 兵繰凄の鎖 サイノ・ブサイ
 イメンズ・サインから出すことで最大4体止められるのも強いし、ハヤブサツインのようなクリーチャーから踏み倒してそれらをアンタップさせて再度攻撃させたり、相手をタップさせて味方のアバレチェーンを起動させるための的を作ったりもできる。現状すんなりと入るデッキは少なそうですが、1枚で複数の役割をこなせるなかなかのパワーカードだと思う。 (21/01/11)
 傾国美女 ファムファタァル
 並べたクリーチャーが2打点以上になって一斉攻撃してくるのは普通に脅威。色が合う並べるデッキならフィニッシャーとして候補にできる。 (21/01/11)
 激浪のリュウセイ・スプラッシュ/灼熱のリュウセイ・ボルケーノ/大地のリュウセイ・ガイア/真羅万龍 リュウセイ・ザ・ファイナル
 どの面も、ただひたすらに便利。 (21/01/02)
 ジョルジュ・バタイユ
 ムゲンクライムのデッキに数枚忍ばせて∞龍を召喚するために並べたクリーチャーを使って召喚させると場持ちの良いアタッカーとしてそこそこ使えそう。 (20/10/04)
 ∞龍 ゲンムエンペラー
 一部のデッキを否定する能力ではあるものの、出すための手間がかかったり小型クリーチャーを除去されるのが辛い等わかりやすい弱点があったり、なによりもド派手でカッコいいので使いたくなる魅力がある。最速2ターン目に出てくるのはゲーム的にヤバいけども。 (20/10/04)
 「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏
 まだ使っていないから何とも言えませんが、コダマンマ→この子→バクロと順番に出して殴らせると打点が過剰になりすぎてしまうのではないかと思ったりもする。革命の鉄拳や百鬼の邪王門でめくれると嬉しいド派手なサイズとあって無いようなデメリット、専用でデッキを組む価値はあるかも。 (20/09/20)
 偽りの星夜 ブラック・オブ・ライオネル
 ドルマゲドンのデッキに1枚挿しておくと面白い子。盾追加の強さももちろんあるが、ダイレクトアタックに必要な打点を1つでも減らせる消却効果が地味に強い。 (20/09/20)
 勝熱龍 モモキング
 ラビリピトと組み合わせて運用すると最速4ターンでオールハンデス+マッハファイター2回分(うち1回は1ドロー付き)という性能を発揮するので英雄との差別化ができる。それ以外だと基本的には英雄のほうのモモキングで事足りるのでこの評価。 (20/09/03)
 勝熱英雄 モモキング
 単体である程度完結した能力なのでこの子をメインにいろいろなデッキパターンを作れるのが楽しい。ウマキン☆プロジェクトの値段等でいろいろ文句を言われていますが、シータモモキングというデッキコンセプトはここ最近で1番デュエマらしい動きをするカッコいいものだと思ってる。 (20/09/03)
◎ キリフダッシュ専用で組むのも面白そうだし、ドラゴンを活かしてモルネクと合わせて過剰な打点を生み出したりできるのも面白い。今まで以上に「殴って勝つぜ」感のあるデザインは主人公らしさがあって良いですね。 (20/03/31)
 絶望と反魂と滅殺の決断
 正直今のカードってどれも殿堂入りしてもおかしくないくらいハイスペックだから逆に予想できない。最終的に殿堂入りを決定するのは開発者たちなので消費者がワーワー言っても仕方ないんですけどね。  本題:汎用性の高さで言えば決断サイクルで1、2を争う。蘇生ももちろん強いけど、相手へ干渉する効果の2つともがとにかく強力。 (20/08/31)
◎ 惜しいですね、パワー低下が一番上に書かれていればU・S・A・BRELLAを除去しつつ踏み倒しがおこなえたんですが・・・。  本題:ちょっと値が張りますが黒魔導具や黒オーラ、その他墓地を使うデッキに1~2枚入れておくだけでもそこそこ便利です。 (20/02/21)
 ヘブンズ・フォース
 選択肢が豊富なこの手のカードは出せる強いクリーチャーが増えるたびにヤバいと言われる。今回ばかりは見逃してもらえないかもしれませんね。 (20/08/31)

総合評価とは、カードへの評価を、評価と投稿数を★で表したものです。参考程度にどぞ。

スポンサードリンク