スポンサードリンク

メルキス/EDHさんのブログ・動画


現在、DMEDHの対戦動画とルール解説動画の制作を並行して進めており、考えたことについてメモを残します。(全文表示

関連記事:ゲームの面白さとは?相互作用と駆け引きによるDMEDHのデザイン【DMEDH】デュエマで統率者戦ルールを作る際の100の検討項目DMEDHのルールでよく取り出される話題に「(たぶんMTGのEDHと比べて)規制カードが多い」「ゲーム内の追加ルールが多い」というのがあります。規制カードの妥当な数量や比率は誰も教えてくれなかったので、ここでは「規制されるカードが1枚以上ある」と読み替えておきます。ゲーム内の追加ルール(全文表示

MTGから生じたデュエルマスターズで、MTGの人気変種ルールである統率者戦をやるというアイデアは、どちらも知っている人からすれば容易に思いつくものであり、実際にDMEDH以外にも複数のルールが様々なプレイヤーによって考案されてきました。周知のとおり、DMEDHは地域のコミュニティに合わせてルールを調整することを推奨しています。レコードのルールは絶対的なものではなく、プレイヤーがルール作りの主役となって望んだゲーム(全文表示

DMEDHのゲーム参入への障壁の一つに「デッキレシピが見つからない」というのがあります。長く続けていると感覚が麻痺しがちですが、一からデッキを組めるような人は少数派で、多くの人は他人のリストを雛形にします。変種ルールではどのようなカードがよく使われているのか、というのも知りたい人は多いです。初心者が参考にできるようなデッキリストが不足すると、ゲームの参入への大きな障壁となります。この問題はずっと解決し(全文表示

突然ですがクイズです。このカード達は全て自身がタップインする効果を持っていますが、テキストの表記がすべて違っています。正しい組み合わせはご存じでしょうか?Kaijudo全カード翻訳リストを公開しました。これは「もうひとつの海外版」であるKaijudoに存在する約1200枚の全カードの日本語翻訳版のリストです。つまり1200枚の英語テキストを全部日本語に翻訳するという重労働をやったわけですが、なぜそんなことをしたのか、い(全文表示

スポンサードリンク