スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

蝕み:“Quiet Invasion”

微々たるアドバンテージをコツコツと積み重ねてゆく純正青黒コントロールデッキ。アドバイス&コメントお待ちしております。

  • ■ デッキ作者:Farmer さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:7af64276557972e0c34504ca29f46d9e)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
2 アクア・スーパーエメラル 3 クリ  
1 サイバー・ブレイン(プレ殿) 4 呪文  
3 ブレイン・チャージャー 4 呪文  
2 邪道神キキ 5 クリ  
3 アクア・サーファー 6 クリ  
4 解体人形ジェニー 4 クリ  
1 スケルトン・バイス(プレ殿) 4 呪文  
4 龍神ヘヴィ 5 クリ  
2 黒神龍ドボルザーク 5 クリ  
2 外道神カイカイ 5 クリ  
3 凶星王ダーク・ヒドラ(殿) 6 クリ  
3 デーモン・ハンド 6 呪文  
2 魔天降臨(殿) 6 呪文  
2 魔龍バベルギヌス(殿) 7 クリ  
2 魔刻の斬将オルゼキア 7 クリ  
4 電脳封魔マクスヴァル 3 クリ 水/闇  

解説

『龍神へヴィ』を主軸とした青黒コントロールデッキ。
微々たるアドバンテージを重ねてゆくことで勝利を目指す、コントロールの王道を突き進みデッキです。
『凶星王ダーク・ヒドラ』と『龍神へヴィ』のループにより、場と手札のアドバンテージを積み重ねます。『邪道神キキ』と『外道神カイカイ』のGリンクにより相手の手札を牽制しつつ、『魔天降臨』に繋げマナを縛る。
覆る事のない状況を作り上げた後は、場に並んだクリーチャーで一斉に殴りかかりましょう。

〜カード解説〜
▼『龍神へヴィ』
クリーチャー1体破壊+1ドロー。
リンクしても強力ですが、単品でも及第点を与えられます。
単体では微々たるアドバンテージですが、『凶星王ダーク・ヒドラ』と組み合わると気持ち悪いほどのアドバンテージを生み出します。
種族も非常に優れており、このデッキでは『邪道神キキ』や『邪道神カイカイ』を投入することにより『凶星王ダーク・ヒドラ』による回収率が大幅に伸びました。
『電脳封魔マクスヴァル』から繋がる点も見逃せません。
ただ、“破壊”のオプションに伴う強制ドローが曲者。終盤では山札の枚数がもちません。そのため、このデッキでは終盤用に『魔刻の斬将オルゼキア』を挿しておきました。

▼『邪道神キキ』&『邪道神カイカイ』
『龍神へヴィ』と違い、こちらはリンク後にこそ価値が発揮されます。
『龍神へヴィ』と『凶星王ダーク・ヒドラ』によるループは、相手の手札も奪い去ってゆくようになります。以前の「奇々怪々デッキ」では、マッドネスクリーチャーに痛い目を見せられましたが、一旦ループが始まってしまえば恐くはありません。
相手の手札を枯らしつつ、『魔天降臨』を狙い済まして打ちましょう。

▼『電脳封魔マクスヴァル』
このデッキでは要となるクリーチャー。
『龍神へヴィ』と『凶星王ダーク・ヒドラ』によるループのサポートはもちろん、“ブロッカー”ということで動きの遅いこのデッキの序盤を支えてくれます。
こちらは「リキッド・ピープル」という種族が入っているので、『凶星王ダーク。ヒドラ』の恩恵を非常に受け易い。自身の能力で2枚目以降を軽量化してくれるため、『地獄スクラッパー』等で何体かまとめて焼かれても、手札に一枚握っていればすぐに場を再構築できる。
ちなみに、『電脳封魔マクスヴァル』⇒『邪道神カイカイ』⇒『邪道神キキ』と繋がると非常に美しい。

変更履歴

2008/01/27 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 264

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク