スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

白単トパーズ チョコザイカー型

DR優勝につき要望があったので公開 詳細追加しました

  • ■ デッキ作者:RK@復帰 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(自信作)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:a4b8e7b8cf51c1dc6759816830d43abe)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 予言者クルト 1 クリ 1コス ラプドよりは優先して立てたいですが、ラプソディとかぶっていたらそちらを出しましょう 
4 希望の親衛隊ラプソディ 1 クリ 1コス トパーズに進化できるため優先度はクルトより高くなります 
4 涼風の使徒ラプド 1 クリ 1コス 事故が怖いため12枚体制です 相手のデッキがわからない状態での1tラプドは悪手になりがちなので注意です 
4 瞬封の使徒サグラダ・ファミリア(殿) 2 クリ 2コス 攻めの核となります、相手のデッキ次第ではこれを横にするまで殴るのを控えましょう 
4 幻盾の使徒ノートルダム 2 クリ 2コス 白単にする明確な強みです、対速攻・ビートでこの数値のブロッカーは非常に刺さります 
4 一撃奪取 アクロアイト 2 クリ 2コス 2tで出せると3tでトパーズや1コス+3コス、2コス+2コスなどの展開ができるため、手札と相談しながら立てましょう 
4 増殖防御オンバル・チョコザイカー 3 クリ 3コス 詳細は下記ですが非常に強力です、デッキを見てシュライバーより優先する場合もあります 
4 剛厳の使徒シュライバー 3 クリ 3コス ビマナやヒラスネに対して面白いくらい刺さります、基本的にはチョコザイカーより優先して立てます 
4 クイック・スパーク 3 呪文 防御札 ハンドキープにやや難がありますが、シュライバーやトパーズに引っかからず手打ちできるのは便利です 
4 サイレンス トパーズ 4 進化 切り札 効果よりも2打点SAである点をメインに考えるべきです、返しのガンヴィ生姜を防げるのは強力ですね 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
4 イオの伝道師ガガ・パックン 4 貪欲バリバリ・パックンガー 15 白ビマナを匂わせていますがお好みでどうぞ 
3 勝利のプリンプリン 5 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30  
1 時空の花カイマン 5 華獣の覚醒者アリゲーター 10  

解説

■DR成績
2014/03 18人スイスドロー 4位
2014/04 16人スイスドロー 優勝

■概要
次元コンやビマナ、同型(速攻)に対して明確な優位を取れ、ヒラスネや手芸に関しても互角以上の戦いを望める白単です
赤白ハンタービートや黒白・青白速攻と比較されることが多いですが、こちらは性質上ブロッカーを積みやすいことからビート耐性があり、同型に押し負けにくいのが強みです
ただし、リソースを回復する手段がなく、SAも作りにくいため、一度切り崩されると立ち直しにくいのが欠点といえます

■プレイング
基本的には握っているものを投げつけていくのですが、相手のデッキ次第でカードの取捨選択が変わるため、細かい点は何回か回して確かめるのがオススメです
上述どおり立て直しが困難なデッキであるため、くれぐれも1枚1枚のカードを大事にしましょう

とにかく打点を揃えていくのが課題なため、対速攻以外での1tラプドは悪手と考えるべきです
3tはチョコザイカーとシュライバーで悩むところですが、明確に止めるべきカードがない場合はチョコザイカーを出した方が強い時もあるため、相手のマナを見て慎重に決めましょう

また、クイック・スパークは早々に埋めてしまいたくなりますが、相手のデッキがわからないうちは手放さないようにしましょう

■白単にする理由
白単にする直接の利点は《幻盾の使徒ノートルダム》が採れることだけであり、他の色を混ぜた方が強いのでは、というご意見をよくいただきますが、個人的にはこのノートルダムが重要だと考えます
2/3000のブロッカーでありながら殴れるのは大変優秀で、攻め手を休めずにビートを牽制でき、後述するチョコザイカーからめくれて強いカードを増やせるのは実に強力です
これのあるなしでは勝率が変わってしまい、他の色を混ぜてもいまいちしっくり来ませんでした

また、白には1~2コスに優秀なウィニーが揃っており、自然な流れで《増殖防御オンバル・チョコザイカー》を採れるのも利点と言えます

■チョコザイカーって何だ?
体感7割くらいの確率でテキスト確認を求められるカードですが、このデッキではそれなりの確率で3マナ2打点ブロッカーという驚異の性能になり、多少引きが悪くともごり押し要員になってくれるキーパーソンです

ただし、1/3強が連鎖に引っ掛からないカードであるため、打点増加をあてにしたプレイングは好ましくありません
外れた場合でも殴れるブロッカーにはなるため腐りにくいですが、前述にもあるよう、シュライバーとどちらを優先するか難しいところです
相手のマナを見て決めましょう

■採用候補・不採用カードについて
全カードが4枚積みという思いきった構築ですが、このデッキにはドロソがなく、初手+αが戦力の全てとなります
対応力を持たせるために1~2投のカードを増やしても引けなければ意味がなく、結果として器用貧乏になってしまうため、安定のためにも絡め手は捨てた方がよいと判断しました

《黙示賢者ソルハバキ》
よく「入れてないんですか?」と聞かれるカードで、調整段階では入ったり抜けたりしていましたが、けっきょく不要論にたどり着きました
マナからクイックスパークを拾ってフィニッシュなど強い動きはできますが、ハンドキープが難しいデッキなのでバニラになる場面が目立ちます
また、赤白カゲキリのように1~2コスのラインで戦えるデッキではないため、これを疑似1コスとして扱ったウィニービートは手札を切らすことになり、後が続かない悪手になることが多かったです

《剛力の使徒イグナッチオ》
最後の最後までチョコザイカーと喧嘩し、徐々に枚数を減らされ総入れ換えに至ったカードです
チョコザイカーと違って確実に打点を増やせますが、クルトやトパーズ、アクロアイトを絡めたルートではバニラにしかならず、使い勝手の悪さが目立ちました
イニシエート率を高くするのであればこちらを優先してもいいかもしれません

《聖天使グネス・パルキューラ》
強そうなので採用しようか悩んでいます
5000のクリーチャーを残しながらブロッカーを寝かせるため、手打ちクイックスパークより機能しそうですし、進化速攻の選択肢が生まれるのもよさそうです
でも枠が厳しいですね……

《聖天使グライス・メジキューラ》
グネスと違ってラプソディなどの非ブロッカーからも進化できますが、このデッキは横に打点を並べてナンボなので厳しいと思います
このデッキではバニラになってしまうため、グネス優先です

《霊騎コルテオ》
白いクロック……は大げさですが、詰んだと思われた状況でトリガーすると最後の1打点を通してくれることがありそれなりに強いです
しかし、クイックスパークと比べ引いた時の死に札ぶりが痛く、チョコザイカーのヒット率を下げるためあえなく見送りとなりました

《超次元サプライズ・ホール》
3tの選択肢+トリガーになります
入っていないのはチョコザイカーのヒット率が下がるからですが、パックンを用いることで5枚目以降のシュライバーとして使うこともでき、ビマナの多い環境であればチョコザイカーをこちらに寄せてもいいと思います
他のアタッカーも出せるため汎用性は高いです

《宣凶師ロッカナタ》
アクロアイトから繋がる2打点アタッカーですが、2打点はチョコザイカーでも作ることができ、そのチョコザイカーに引っかかってくれないのが痛かったです
アクロアイトがいないと基本的にお荷物という汎用性の低さも引っかかりました

《乱撃の使徒ミガロ》
2コスのイニシエートを追加するのであれば、ファンクに引っかからない分サン・ピエトロよりは優先できそうです
しかし2コス域はすでに充実しているため、これはイグナッチオを使う際の候補程度に留めておいたほうがよさそうです

《ガガ・ピカリャン》・《磁力の使徒マグナス》
どちらにしても手札の尽きるデッキなのでドロソは欲しくなりますが、これらをプレイする暇があれば質の高い打点を投げつけていきたいデッキですので、いろいろ考えてもスペースはなさそうです

《電光の使徒ミール》・《束縛の守護者ユッパール》
軽量タッパーが欲しくなることはたまにありますが、これらを使うならグネスの方が強いのではないかというのが私見です

変更履歴

2014/04/11 公開
2014/04/10 DR優勝

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 123

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク