獰猛ブラスター

ら行杯優勝デッキ

  • ■TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■vault大会実績:なし
  • ■デッキ作者:DNAの暇 さん
  • ■デッキ分類:ガチデッキ(自信作)
  • ■デッキパターン:地雷
  • ■対応レギュレーション:殿堂殿堂+未発売RevF

レシピ

(ハッシュ:8122cc3251fe3bef76cc45206054d1e3)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 ガチンコ・ルーレット(殿) 3 呪文 自然  
3 青銅の鎧 3 クリ 自然  
2 天真妖精オチャッピィ 3 クリ 自然 獰猛の種になるしキクチ回避できて美味しい 
4 獰猛なる大地(殿) 8 呪文 自然  
2 フォーチュン・スロット 4 呪文  
4 ドンドン吸い込むナウ 4 呪文  
4 ホーガン・ブラスター(殿) 5 呪文  
2 サイバー・N・ワールド 6 クリ  
3 腐敗無頼トリプルマウス 5 クリ 闇/自然 超強い 
2 無双竜鬼ミツルギブースト 5 クリ 火/自然  
2 ボルシャック・スーパーヒーロー 6 クリ  
3 勝利宣言 鬼丸「覇」(殿) 10 クリ  
3 偽りの王 ヴィルヘルム 9 クリ 闇/火/自然  
2 偽りの王 モーツァルト 11 クリ 闇/火/自然  
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 クリ 進化 NEO 呪文 ギア 進ギ D2
6 4 2 12 2 10
3 3 2 8 8
2 2 3 3 2 12 12
自然 9 5 4 3 2 23 15 8
9 6 9 4 4 3 3 2 40 22 18

解説

コンセプト的には、獰猛にホーブラを突っ込んだというよりかはホーブラに獰猛を入れた型となっています。
なので、所謂獰猛ブラスターとは若干異なっており、扉の様相を強く呈してると思います。
今回は2コスブーストを切った型にしました。以下、解説となっています


3→5からホーブラに繋げますが、速攻やビート以外が相手ならそれよりもマウスやルーレット連打など、ブースト優先がいいです。
ホーブラで強いカードが出やすい構築にしてありますが、マナが溜まってない段階で賭けに出るのは危険です。弱いカードが捲れて返しでハンド削られたりすると相当厳しいです。

マナが7の時は、さらにブーストするか、それを絡めつつ余ったマナでホーブラ撃つなどでいいと思います。
ルーレットor青銅orオチャを2回使って次に覇素出し、ないしトリッパー昇竜されてもヴィルヘルムが出せるようにしておくという流れになります。
上記のブースト+ホーブラの場合、ハンドに獰猛かヴィルヘルムがほしいです。また、タップインの可能性もあるので、その際に動ける他のカードを用意しておくと安定します。

8以降あれば、獰猛、ヴィルヘルム、覇などを選択していく感じになるでしょう。
相手にされると困る状況にならない内はヴィルヘルムでアド取りつつ、打点を地味にそろえるのが大切です。
覇のGJは相当勝ちやすいですが、さすがに単騎ではリスクが大きすぎるので、ターンえれなくてもジャスキルできる程度には欲しいところです。

その他、吸い込む、スロット、N、ミツルギ、ヒーロー、モーツァルトなどは状況に応じて使ってください。
吸い込むを撃たずに昇竜警戒でキープするとか、相手のマナや場を見てハンドを与えても大丈夫かを考慮してNを出していくなど色々ありますが、とりあえず割愛します。


ホーブラはありますが、速攻やビートが若干きついです。
特に、早撃ち、キクチあたりは天敵ですね。早撃ちはホーブラからの展開を抑止されますし、キクチにいたってはcipまで阻害され初動が3コスである以上先攻取られるとブーストができません。
ライフなど2コスブーストを採用すればやや耐性が付きますし、安定はすると思います。ホーブラやGJの威力が下がりますが、そちらも考えてみるといいと思います。


候補:オチャの増量、ミツルギの増量、

変更履歴

2013/05/03 更新
2013/02/20 更新
2013/02/20 更新
2013/02/20 更新
2013/02/20 更新
2013/02/19 更新
2013/02/18 更新
2013/02/18 更新
2013/02/17 更新 ec3101f6f5e78138c38ce752b260e692 ら行杯の時のレシピ
2013/02/17 更新
2013/02/15 更新
2013/02/15 作成

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。