スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

羅刹

金色に煌くその総身に、暴力と憎悪と怨念を纏い立つ。《クリスティゲート》特化型、ドロマーアガサ。

  • ■ デッキ作者:あかがね さん (あかがねしごと
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン超次元
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:75676af2082b33bae626009ded83c874)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
1 エメラル(殿) 2 クリ 最速シールド仕込みクリーチャー。殿堂されてなかったらと思うと想像するだに恐ろしい。 
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ 安定のニンジャストライク。盾を消費するので防衛線の確保は重要。 
4 アクア・スーパーエメラル 3 クリ シールド仕込み用クリーチャーの主力。是非とも《クリスティ》を撃つ前に呼びたい。 
2 凍結の魔天ダイイング・メッセージ 7 クリ 白デーモン枠その1。場に出るだけで強い。生き残れば最早相手クリーチャー永続封殺機。 
1 威牙の幻ハンゾウ 7 クリ デーモンコマンドにして安定のニンジャストライク。状況次第ではあるけど、手札に握っときたい。 
2 魔刻の斬将オルゼキア 7 クリ デーモンコマンド。《アガサ》立ってる時に出ると相手クリーチャーが出たのに減っていたという謎の事態が発生する。 
2 偽りの羅刹 ミスディレクション 8 クリ 白デーモン枠その2。派手さはないけど、盾補給能力があるので彼の存在は重要。《アガサ》から出ると酷い。 
4 偽りの羅刹 アガサ・エルキュール 9 クリ 白デーモン枠の真打。戦略の根幹にして切り札。最速で出されたらと思うと考えたくもない。 
4 シークレット・クロックタワー 2 呪文 《クリスティ》からの《アガサ》を確実に決める為の円滑油。コンボパーツ三枚を序盤で揃える必要があるこのデッキでは重要。 
4 クリスティ・ゲート 3 呪文 戦略の中心。3マナではあるけれど、最速で自棄っぱちで撃つよりは、仕込みの後で撃ちたい。《アガサ》に拘る必要もない。 
1 魂と記憶の盾 3 呪文 光/水 白青デッキの基礎除去。《アガサ》が立ってるならば、自分の《ダイイング》や《オルゼキア》辺りに撃つ択もなくはない。 
3 超次元ブルーホワイト・ホール 4 呪文 光/水 シールド仕込み用。《エメラル》系統と違って盾が増える。中盤以降は積極的に使っていきたい。呼ぶのは主に《勝利プリン》。 
4 超次元シャイニー・ホール 5 呪文 基本超次元呪文。タップ効果は相手ターンでも呪文使用可能なこのデッキにおいてすこぶる強い。 
1 超次元ドラヴィタ・ホール 5 呪文 呪文回収超次元呪文。大体《クリスティ》か《ガード》を回収するのがお仕事。 
2 デーモン・ハンド 6 呪文 安定ST除去。全体的にクリーチャーのコスト重めなので《デスゲート》よりはこっち派。勿論、好みで入れ替えても。 
2 反撃のサイレント・スパーク 6 呪文 光/水 色調整やドローも兼ねられる素敵なスパークスペル。こちらも好みで《DNA》や《プリズン》にしても構わない。 
2 ロスト・ソウル 7 呪文 手札殺戮。《アガサ》立ってる時に呪文の返しで撃てればほぼ勝ち確定、というかまさに《精神喪失》。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 時空の喧嘩屋キル 2 巨人の覚醒者セツダン 7 サイキック保護用サイキック。覚醒条件は大体満たしてる。 
1 アルプスの使徒メリーアン 3 豪遊!セイント・シャン・メリー 39 ブロッカー。《ブルーホワイト》の事を考えると《ZABUUUN》よりはこっち。 
1 時空の霊魔シュヴァル 5 霊魔の覚醒者シューヴェルト 12 《ブルーホワイト》から出て来る主力要員。このデッキなら覚醒条件を満たし易い。 
2 勝利のプリンプリン 5 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 《ブルーホワイト》から出て来る主力要員。こんな効果が相手のターンで出て来るのが怖い。 
1 時空の精圧ドラヴィタ 7 龍圧の覚醒者ヴァーミリオン・ドラヴィタ 14 白7コスサイキック主力。《アガサ》の後で出せば、相手は呪文を撃つ気も失せるでしょう。 
1 時空の不滅ギャラクシー 7 撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー 9 白7コスサイキック主力。この覚醒条件はサイキック対策が進んだ今、より詐欺臭い。 
1 アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉 7 弩級合身!ジェット・カスケード・アタック 24 ドローエンジン。序盤の手札消費が激しいデッキなので、《クリスティ》撃った後は是非呼びたい。 

解説

《クリスティ・ゲート》による白デーモンコマンドの早期召喚を狙い、相手をぐうの音も出ない程に叩き潰す事を旨としたコンボデッキ。
デッキ名は陰陽座の曲「羅刹」より拝借。

有名なデッキタイプですが、プレイング周りに関する解説を一応。

基本的には白デーモンコマンド最大の大ボス、《偽りの羅刹 アガサ・エルキュール》の召喚を狙うのが定石。
こいつさえ出せれば他の白デーモンはおろか、黒デーモンコマンドですら芋蔓式に呼び込めるので一気に戦力を充実させる事が出来ます。
また、呪文を踏み倒す効果も強力。序盤で状況を整える為にドローを撃ったら、返しで《ロスト》が飛んで来て何も出来なくなったという状況も有り得ます。

ただし、この強力なコンボは、《クリスティ》の特性である盾を見ないで選び、それが白デーモンであれば~という特性上、極めて安定しません。
よって盾に《アガサ》を仕込んでから発動する訳ですが、そうなると今度は三枚コンボとなる為、手札に必要パーツが揃いにくい関係からやはり安定しません。
一応必要キーパーツフル積み、及び《シークレット・クロックタワー》による円滑油によってコンボが揃う可能性を上げてはありますが、それでも安定しません。
《アガサ》でなくとも白デーモンを仕込めるならば、まずはそちらを呼ぶ事を考えましょう。当てずっぽうによる《クリスティ》詠唱は最後の手段。他にやる事がどうしてもない時限定です。
(ちなみに、当てずっぽうによる《アガサ》ヒット率は単純計算で10分の1、白デーモンヒット率は5分の1です)

また、このデッキは盾を重要なリソースとする為、盾の管理が極めて重要です。
首尾良く《アガサ》をめでたく出せたとしても、盾に強力なカードや有効なカードがなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。
《エメラル》系統や《超次元ブルーホワイト・ホール》で埋めるカードには細心の注意を払い、相手が一番困るような物を選択しましょう。
勿論、盾はデュエルマスターズというゲームにおいては命同然でもある要素。使い過ぎてたら返しで死んでたという事も十分有り得ます。《アガサ》の能力や《クリスティ》のご利用は計画的に。

全体的に個性的なプレイングを要求する、難易度の高いデッキタイプですが、決まった時の爽快感は格別。
ファッティで押しまくりたいプレイヤーにはお勧め出来るデッキです。

◆カード解説

《偽りの羅刹 アガサ・エルキュール》
デッキコンセプトの中心である白デーモンコマンドの最強クリーチャー。
その圧倒的存在感と能力は、立ってるだけで相手に対する牽制となるでしょう。何分、何かすればそれだけ強力なカウンターが飛んで来る可能性が大きいのですから。
よって極力、効果の大きい序盤で出したい所。そこから上手く生き残ればもう勝ちです。
逆に手出しとなると、この配色の関係からかなり重たいのが難点。《クリスティ》以外での召喚は稀とも言えるでしょう。

《クリスティ・ゲート》
その《アガサ》を序盤で送り込む為のカード。その他にも、白いデーモンコマンドであれば何でも召喚する事が出来ます。
しかし効果はかなり不安定である為、盾に何かを仕込んで、効果を安定させてから撃ちたい所。
その為3マナという軽量コストではありますが、最速でぶっ放すのは《エメラル》召喚後でもない限りは避けたい所。キャントリップもついてますが、やはり割には合いません。
ちなみにSTが付いてるので、仕込みさえ確認出来てれば防御的にも使えますが……あらゆる意味でリスクが大きいので当てにはしないよう。

《偽りの羅刹 ミスディレクション》《凍結の魔天ダイイング・メッセージ》
《クリスティ》からの《アガサ》が当然ながらこのデッキの理想系ですが、盾仕込み用のカードも含めて三枚のカードを使用するコンボである以上、最序盤で安定させるのは難しいです。
ので代わりにこの辺りのクリーチャーが出せるのであれば、こちらを積極的に狙って行きましょう。両者共に派手さにはやや欠ける物の、序盤で出るにはやはり強力です。
特に《ダイイングメッセージ》は一度動き出すと、相手クリーチャーが常時一体欠けている状況を作り出せます。相手からしてみればかなり厄介なクリーチャーです。
また《ミスディレクション》も、盾をリソースとするこのデッキの関係上重要。出たら積極的に攻撃していっても良いかと。

《超次元ブルーホワイト・ホール》
二つの追加効果を併せ持つ二色超次元呪文。
役割がそれぞれ攻撃、防御とはっきりしている為同時にその効果がフル活用される事は稀ですが、盾を仕込める超次元呪文という時点でこのデッキにおける存在意義は十分です。
単純に盾の枚数が増える為、STを埋めて単純に防御力を上げるのも良し。《アガサ》《クリスティ》のコンボをちらつかせながら、撹乱させましょう。
詰めの際には《勝利のプリンプリン》をこれから呼んで、《ハヤブサマル》をもすり抜けられる大群を作り出すのが吉。

変更履歴

2013/04/01 更新
2013/04/01 更新
2012/11/29 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 0

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク