スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

白青黒ハンデス超次元

ハンデスから各種超次元で制圧していくドロマー。 クイーンロック搭載型。

  • ■ デッキ作者:zero0513 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターンハンデス
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:a64b74edbc95662f35cc842a9fde35b2)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 特攻人形ジェニー 2 クリ  
2 ゴースト・タッチ 2 呪文  
4 解体人形ジェニー 4 クリ  
3 超次元ミカド・ホール 5 呪文  
3 超次元リバイヴ・ホール 5 呪文  
1 スパイラル・ゲート(殿) 2 呪文  
3 ザ・ストロング・スパイラル 2 呪文  
4 エナジー・ライト 3 呪文  
3 コアクアンのおつかい 3 呪文  
1 パクリオ 4 クリ  
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ  
3 超次元シャイニー・ホール 5 呪文  
1 超次元ドラヴィタ・ホール 5 呪文  
3 墓守の鐘 ベルリン 2 クリ 光/闇  
2 天使と悪魔の墳墓 4 呪文 光/闇  
2 聖鎧亜クイーン・アルカディアス 6 進化 光/闇  
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
2 時空の喧嘩屋キル 2 巨人の覚醒者セツダン 7 バウンスを無効にするサイキック。2体撒きたい。 
1 勝利のリュウセイ・カイザー 6 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 テンポアドを取る。ここから《時空の喧嘩屋キル》へ繋ぎたい。 
1 アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉 7 弩級合身!ジェット・カスケード・アタック 24 ドロソ。《超次元ミカド・ホール》からの《勝利のガイアール・カイザー》で死なないのもポイント。 
1 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 7 凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート 13 タップされたクリーチャーを除去できるサイキック。《勝利のガイアール・カイザー》とは使い分け。 
1 時空の不滅ギャラクシー 7 撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー 9 除去体制のあるサイキック。地味に《スパイラル・ゲート》《ザ・ストロング・スパイラル》と併せて疑似SA化も可能。 
1 勝利のガイアール・カイザー 7 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 定番サイキック。《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》に進化可能。 
1 時空の封殺ディアス Z 8 殲滅の覚醒者ディアボロス Z 16 フィニッシャー。積極的に覚醒も狙って行きたい。 

解説

ハンデス→超次元でおなじみのドロマー。

思ったよりいける感じなんで回してます。

★デッキ解説

いつも通りのドロマー。

ハンデス&ドローで相手の流れを断った後、各種超次元で制圧。
《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》でロックしてから殴るのも安全。ただし《アクア・サーファー》には気をつけること。

2→4→《サイバー・N(エヌ)・ワールド》とか勘弁。

★適当な話

案外戦える。

《超電磁コスモ・セブ・Λ(ラムダ)》を出されると相当きついのでハンデスするか種を除去して止めること。

結構《アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉》or《勝利のリュウセイ・カイザー》から《時空の喧嘩屋キル》×2であっさり決まってしまったりもする。

★各カードの解説

☆ハンデス
4《特攻人形ジェニー》/2《ゴースト・タッチ》/4《解体人形ジェニー》/1《パクリオ》

ドロマーを作る上で一番悩むのがやはりハンデスの部分だと思う。

《特攻人形ジェニー》はクリーチャーだし《超次元リバイヴ・ホール》との相性もいいので4投ほぼ確定。
しかし2コストハンデス4枚だけでは少ないので《ゴースト・タッチ》を採用。《マインド・リセット》でもいいけど、まさかのスカが怖いのと、《サイバー・N(エヌ)・ワールド》や
《超電磁コスモ・セブ・Λ(ラムダ)》などクリーチャーも落としたいのでこちらに。

《解体人形ジェニー》はやはり確実に《超電磁コスモ・セブ・Λ(ラムダ)》を落とせるし、詰めの時にシノビを落としたりできるのも優秀。
《パクリオ》は《永遠のリュウセイ・カイザー》を埋められることと、青マナ増やすためにも投入。でも《コアクアンのおつかい》との兼ね合わせもあるので結構難しいところ。

☆ドローソース
4《エナジー・ライト》/3《コアクアンのおつかい》

《エナジー・ライト》の4投は安定性を考えたらほぼ確定。

《コアクアンのおつかい》の枠は、殴れる《セブ・コアクマン》でも悪くないが、2コストハンデスをフル投入していないこのデッキでは、初動3ターン目も普通なので、軽いこちら
を採用した。

☆除去/バウンス
1《スパイラル・ゲート》/3《ザ・ストロング・スパイラル》/2《天使と悪魔の墳墓》

《スパイラル・ゲート》の枠は別に《ザ・ストロング・スパイラル》でもよかったが、《アクア・サーファー》や《ミスター・アクア》を投入していないこのデッキでは少しでもトリガーを
増やしておきたいのでこちらに。サイキックのバウンスはもちろん、速攻相手のクリーチャー(《闇戦士ザビ・クロー》など)をバウンスしてテンポを取ったりも。

《天使の悪魔の墳墓》は最近非常に刺さる。4t目に2ランデスとかよくあること。他にも《時空の喧嘩屋キル》×2を除去できたり色々役割はある。

☆超次元
3《超次元ミカド・ホール》/3《超次元リバイヴ・ホール》/3《超次元シャイニー・ホール》/1《超次元ドラヴィタ・ホール》

《超次元ミカド・ホール》:ビート対策もできる万能カード。4枚あってもいいかも。

《超次元リバイヴ・ホール》:《勝利のリュウセイ・カイザー》と《時空の喧嘩屋キル》を撒ける万能超次元。手札増減0でサイキックを展開できるので強い。

《超次元シャイニー・ホール》:《アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉》や《時空の不滅ギャラクシー》に《時空の喧嘩屋キル》×2と選択妓が多いのが特徴。
                  デッキ構成的に中々タップ効果を生かせないのが残念。

《超次元ドラヴィタ・ホール》:流石に殿堂。《ゴースト・タッチ》/《エナジー・ライト》/《コアクアンのおつかい》を回収しつつサイキックを展開できるのは流石に強い。

☆その他
1《光牙忍ハヤブサマル》/3《墓守の鐘 ベルリン》/2《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》

《光牙忍ハヤブサマル》:最強の壁。《超次元リバイヴ・ホール》との相性の良さも高評価。
               流石に入る。説明不要。

《墓守の鐘 ベルリン》:ハンデス対策&速攻対策。
             2では引けないが4だと多色多くなって事故るので3で。

《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》:フィニッシャー。
                     《ドンドン吸い込むナウ》/《スローリー・チェーン》/《DNA・スパーク》などを封じれるのは優秀。
                     コスト6と軽いながらも9000のパワーがあるところも優秀。

★採用候補

《超次元バイス・ホール》
《天雷の導士アヴァラルト公》
《魂と記憶の盾(エターナル・ガード)》
《威牙忍ヤミノザンジ》
《アンラッキー・ダーツ》
《アクア・サーファー》
《ミスター・アクア》

《時空の雷龍チャクラ》
《時空の賢者ランブル》・・・etc

変更履歴

2012/10/01 更新
2012/09/16 更新
2012/09/11 更新
2012/09/11 更新
2012/09/11 更新
2012/09/11 更新
2012/09/11 更新
2012/09/11 更新
2012/09/09 更新
2012/09/09 更新
2012/09/04 更新
2012/09/03 更新
2012/09/02 更新
2012/09/02 更新
2012/09/01 更新
2012/09/01 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 0

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク