スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

聖少女領域

聖なる少女の祈りを前にし、聖龍は躊躇う事無くその力を貸した。白青緑「シャンメリー」。

  • ■ デッキ作者:あかがね さん (あかがねしごと
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:63bc197f60be4d4a4d5fd7a76909d9bb)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 霞み妖精ジャスミン 2 クリ 自然 2マナ加速ブーストその1。クリーチャーなので《キャッスル》のドロー源にも。 
1 光牙忍ハヤブサマル(殿) 3 クリ あると安心なニンジャストライク。生存率の向上に。 
2 魔光王機デ・バウラ伯 4 クリ 呪文回収ブロッカー。《シャイニーホール》連打要員とも。 
2 パクリオ 4 クリ この配色だと貴重な妨害ハンデスカード。多少盾が増えようと《シャンメリー》のパワーの前には問題なし。 
1 雷鳴の守護者ミスト・リエス 5 クリ 鬼畜ドローエンジン。一枚制限故に使い所には気をつけたい所。 
2 次元流の豪力(プレ殿) 5 クリ 自然 サイキック呼び出しクリーチャー。当然、お好みで《ヨーデルワイス》にしても。 
2 アクア・サーファー 6 クリ STバウンス。いざという時頼りになるのはやっぱりこいつ。 
2 サイバー・N・ワールド 6 クリ 鬼畜ドローカード。本体スペックも高い五枚ドロークリーチャーとか正気を疑いたくなるレベル。 
1 不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー 7 クリ 白の最強生物。立っているだけで威圧感抜群。《キャッスル》とのコンボも有効。 
1 アクア・ナルトサーファー 7 クリ 新鋭ハンター。除去手段の少ないこのデッキにおいては貴重な複数除去。 
1 クラッシャー・ベア子姫 7 クリ 自然 新鋭ハンターその2。緑色の《タイガーグレンオー》。かわいい。 
1 スパイラル・ゲート(殿) 2 呪文 お手軽バウンス。サイキック環境の現在あまりにも有効過ぎる除去。 
4 フェアリー・ライフ 2 呪文 自然 2マナ加速ブーストその2。ST付きなのが地味に有難い。 
2 超次元サプライズ・ホール 3 呪文 超次元呪文。STでもあるのでいざという時役に立つかも。 
4 エナジー・ライト 3 呪文 安定過ぎるドロー。手札枚数が重要なデッキなので四枚ガン積み。 
1 魂と記憶の盾 3 呪文 光/水 軽量除去。《ドラヴィタ》で使い回したい呪文ナンバーワン。 
3 超次元シャイニー・ホール 5 呪文 白の基本超次元呪文。タップキルで妨害しながら《シャンメリー》のパーツを展開。 
1 超次元ドラヴィタ・ホール 5 呪文 オーバーパワーな超次元呪文。ただこのデッキだと《シャイニー》の方が重要度高かったり。 
1 アポカリプス・デイ 6 呪文 リセットボタン。《シャンメリー》が立ってる状況で使えば相手は悲鳴を上げる事でしょう。 
2 ナチュラル・トラップ 6 呪文 自然 ST除去。この配色の場合安定とも言える確定除去手段。 
2 ハッスル・キャッスル 5 自然 場持ちだけなら《ミスト》よりも上なドローエンジン。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 光器シャンデリア 2 豪遊!セイント・シャン・メリー 39 サイキックセルその1。除去耐性はこのデッキの場合オマケ程度。 
1 時空の喧嘩屋キル 2 巨人の覚醒者セツダン 7 アンチバウンス。覚醒リンクの成功率を大きく上げるのに貢献。 
1 アルプスの使徒メリーアン 3 豪遊!セイント・シャン・メリー 39 サイキックセルその2。是非ともST《サプライズ》から出て欲しい。 
1 光器セイント・アヴェ・マリア 6 豪遊!セイント・シャン・メリー 39 サイキックセルその3。出し易く使い易いブロッカー。 
1 タイタンの大地ジオ・ザ・マン 6 貪欲バリバリ・パックンガー 15 マナ回収役。《豪腕》の存在意義。手札を増やすのにも地味に貢献。 
1 時空の不滅ギャラクシー 7 撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー 9 いつ観ても可笑しい覚醒条件持ち。《アポカリプス》で巻き込みたい。 
1 時空の雷龍チャクラ 7 雷電の覚醒者グレート・チャクラ 14 元祖白サイキックの切り札。今でも十分強いはず。 
1 ホワイト・TENMTH・カイザー 7 シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン 39 《シャイニー》連打機。時には遠回りの方が速い事もあったり。 

解説

白のサイキック・スーパー・クリーチャーである《豪遊!セイント・シャン・メリー》を切り札に据えたデッキ。
デッキ名はALI PROJECTの楽曲「聖少女領域」から拝借。

《シャンメリー》の強さと言えば当然手札一枚でありとあらゆる除去から身を守れる強烈な除去耐性でしょう。
これだけの巨大さと打力、そして防御能力を備えたクリーチャーが立ち塞がるのですから、相手としてはやってられた物ではありません。
しかし当然ながら手札がなければブロッカーいじめとも言える現環境のカードプールの関係上、さらっと除去されてしまいます。

そこで手札をひたすら補充し、それを切らさないようにする構築。
《Nワールド》や《ミストリエス》、《ハッスルキャッスル》で地盤を固めながら《シャンメリー》の能力起動源を確保します。
そうしながらサイキックセルを揃えるのがこのデッキの基本的な動き。幸い、《シャンメリー》を構成する三種のサイキックセルは、コスト6、3、2で構成されており、とても展開し易いです。
また、全てのサイキックセルは5コスの基本超次元呪文サイクルから展開出来るので、主にこれを使って展開する事になるでしょう。
勿論、他のサイキック呼び出し手段も非常に有用。複数展開出来る際に別の手段でサイキックセルを出していたら《キル》でも一緒に呼んであげましょう。
一度覚醒リンクさえ出来れば勝利は目前。上手く手札を保持して殴り切ってくださいー。

手札を消耗する仕様上、《ロストソウル》は天敵。
また、《ガンヴィートブラスター》や《キリュージルヴェス》にも気をつけるべきでしょう。ハンデス対策にマッドネスを入れても良いかもしれません。

◆カード解説

《光器セイント・アヴェ・マリア》《光器シャンデリア》《アルプスの使徒メリーアン》
《シャンメリー》を構成する三種のサイキックセル。
前述の通り極めて展開し易いコストで揃えてあるので、実用性はかなり高いです。
二回5コスの超次元呪文を叩き込めれば最速覚醒リンクが可能なのはかなり大きいはず。
一度覚醒リンクしてしまえば、《シャンメリー》を除去出来るようなデッキなど殆ど存在しません。踏み潰してしまいましょう。
ブロッカーが二体もいる関係上、セル自体は除去され易い点には注意。諦めずに何度も展開する事が覚醒リンクへの近道。

《ホワイト・TENMTH・カイザー》《超次元シャイニー・ホール》
それを助けてくれるのがこのクリーチャーと呪文。
《シャンメリー》のサイキックセルが全て《シャイニーホール》から展開出来る事を利用し、このクリーチャーによるループコンボで揃えにかかります。
またこのサイキック自身も《シャイニーホール》から展開出来るのがポイント。逆に言えば、必要な超次元を余分に消費する事になりますが、そこは《デバウラ》辺りでカバー可能。
不安であれば、《シャイニーホール》を四枚積むのもありでしょう。

《サイバー・N・ワールド》《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《ハッスル・キャッスル》
デッキの展開を補助すると同時に、《シャンメリー》の能力コストを補充するカード群。
特に《Nワールド》は《シャンメリー》に対して強烈な除去耐性を付加してくれる事でしょう。覚醒リンク後に出せば相手の心が折れる事請け合い。
《ミスト》《キャッスル》は展開時に張っておく事で次の展開の手を補強してくれます。上手くサイキック二体展開など出来れば大きなアドバンテージ。

《アポカリプス・デイ》
このデッキ究極の除去呪文。自分も相手も巻き込む無差別除去です。
ただし何度も言っている通りこのデッキの切り札たる《シャンメリー》はこの状況下にあってもやはり手札一枚で簡単に生還。そのまま無人の荒野を駆け巡る事が可能です。
加えてこのデッキには、《PG》や《時空ギャラクシー》など他にも強烈な除去耐性を持ったクリーチャーが存在しています。
これらを並べて膠着するようであれば、遠慮なく相手だけ吹き飛ばして差し上げましょう。

変更履歴

2012/01/05 更新
2012/01/02 更新
2012/01/02 更新
2012/01/02 更新
2011/11/09 更新
2011/11/03 更新
2011/11/03 更新
2011/11/02 更新
2011/10/26 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 20

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク