スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

POWER to TEARER

古より続く異次元の力、圧倒的なる暴を飼い慣らせ。青黒緑《イプシロン》超次元ビート。

  • ■ デッキ作者:あかがね さん (あかがねしごと
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(調整中)
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:f21a21c30550cbf7084b1ca0f3e8031a)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 青銅の鎧 3 クリ 自然 定番マナブースト。取り敢えず《セブアルゴル》に繋げたい。 
3 スペース・クロウラー 4 クリ ドロー兼用ブロッカー。サーチして《イプシロン》や《セブアルゴル》に繋がる流れが美しい。 
1 封魔バルゾー 4 クリ バウンスクリーチャー。《サーファー》より軽い分サイキックにより有効。 
3 電流戦攻セブ・アルゴル 5 クリ キーカード。《イプシロン》との相性が極めて良好。地味にブロッカーなのも良い感じ。 
2 威牙忍ヤミノザンジ 5 クリ 対速攻、ビート意識シノビ。手出しで出しても十分な性能。 
2 無頼王機スケル・アイ 5 クリ 水/自然 アンブロッカブルサーチクリーチャー。色合わせも兼用。地味にコイツが嫌らしい場面もあるはず。 
3 アクア・サーファー 6 クリ STバウンス。どんなデッキ相手にも安定して機能し、《イプシロン》の進化元にも。 
1 威牙の幻ハンゾウ 7 クリ 高火力除去内蔵シノビ。手出しでも最後の守りでも頼もしい憎い奴。 
1 魔刻の斬将オルゼキア 7 クリ 高火力除去内蔵クリーチャー。クリーチャーが減るのはビートなので意識するべし。 
3 悪魔神ザビ・イプシロン 6 進化 キーカード。《Gライフ》とは軽い面や出し易さの面で十分差別化可能。 
1 スパイラル・ゲート(殿) 2 呪文 STバウンス。2コスでサイキックが死亡確認出来るのは強過ぎる。 
4 フェアリー・ライフ 2 呪文 自然 定番マナブースト。取り敢えず《スペースクロウラー》に繋げたい。 
3 未来設計図 2 呪文 自然 最近高評価のドローカード。《ライフ》に比べて腐りにくく、どの局面でも仕事してくれるのが売り。 
3 エナジー・ライト 3 呪文 定番ドロー。デッキの安定度がこのカード一枚で大きく変わってくる。 
2 超次元ミカド・ホール 5 呪文 除去超次元呪文。《ガンヴィート》や《ディアス》を出した時の制圧力は特記もの。 
2 超次元バイス・ホール(プレ殿) 6 呪文 ハンデス超次元呪文。しかしそれ以上に切り札からコンボまでの汎用性が素晴らしい。 
1 デーモン・ハンド 6 呪文 ST除去。《ナチュトラ》とは色合わせで兼ね合い。 
1 ナチュラル・トラップ 6 呪文 自然 ST除去。《ハンド》とは色合わせで以下同文。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 時空の喧嘩屋キル 2 巨人の覚醒者セツダン 7 低コストサイキックの定番。サイキックの弱点であるバウンスに耐性が付くのは可笑しい。 
1 時空の踊り子マティーニ 3 舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ 6 低コストサイキックの防御の定番。何からでも出るブロッカーは貴重。 
1 時空の戦猫シンカイヤヌス 4 時空の戦猫ヤヌスグレンオー 4 コンボパーツその1。《キル》や《ボルシャック》と組み合わせて手数の増加に。 
1 時空の霊魔シュヴァル 5 霊魔の覚醒者シューヴェルト 12 コンボパーツその2。制圧手段。《イプシロン》から綺麗に覚醒可能。 
1 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート 7 凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート 13 カウンター除去。ビートや速攻の返しに出すと相手が絶望する事間違いなし。 
1 時空の賢者ランブル 7 恐気の覚醒者ランブル・レクター 14 切り札サイキックその1。覚醒条件がデッキを動かす片手間で出来てしまうのが強い。 
1 時空の火焔ボルシャック・ドラゴン 7 勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス 14 切り札サイキックその2。こっちは素のスペックが良好。《時空GENJI》とは好みでどうぞ。 
1 時空の封殺ディアスZ 8 殲滅の覚醒者ディアボロスZ 16 切り札サイキックその3。素で強過ぎて連携もへったくれもないけど(笑)。 

解説

《イプシロン》からの超次元展開を軸に、そこから繋がるコンボで相手を圧倒するビートデッキ。
デッキ名は渡部秀さんと串田アキラさんの曲、「POWER to TEARER」から拝借。

コンセプトとしては既存の物と大体一緒。序盤のマナブーストやドローでキーカードを引き切り、そこまでに用意した青のクリーチャーや《セブアルゴル》からの《イプシロン》を狙います。
この際、重要になってくるのは《未来設計図》。状況を整える片手間で《ランブル》の覚醒条件まで満たしてしまえます。
また、ニンジャストライクも山札下の操作が出来るので速攻やビート相手には有効でしょう。くれぐれを使った事を忘れないよう。

上手く《セブアルゴル》から《イプシロン》に進化出来れば、お決まりのサイキックコンボが発動します。
《シュヴァル》を《イプシロン》からの《ランブル》で即座に覚醒させるパターンがベターですが、このデッキにはもう一つ、《シンカイヤヌス》から《ボルシャック》を投げ飛ばすパターンも存在します。
クリーチャーを殴り返せる状況であれば即座に覚醒させてしまう事も可能。警戒して殴ってこないのであればそれはそれで良いですし。
ブロッカーがブロックしにくいのも利点と言えるでしょう。覚醒させてしまえば除去耐性も付きますし。

《イプシロン》が出た後は、圧倒的な火力で一気に相手をノックダウンしてしまうのみです。
ただ《ランブル》召喚パターンの場合は《ランブル》及び《シュヴァル》が覚醒するまで待った方が良いでしょう。
《ボルシャック》を《ヤヌス》で特攻させるパターンの場合は逆に速やかに殴り切るのが吉。
状況状況に応じて、的確なプレイングが出来るのが超次元のメリット。相手のデッキタイプや状態を見極めましょう。

◆カード解説

《悪魔神ザビ・イプシロン》
今回のキーカード。6コスで十分な高火力と切り札級のサイキックを呼び出してくれる強力カードです。
進化クリーチャーのデメリットである手数が増えないという特性はこの効果で消え去っています。強力な布陣を並べて一気に攻め切りましょう。
コンボが揃っている状況であればそれぞれに応じたサイキックを出すのがセオリーですが、揃ってないなら基本は《ランブル》辺りの召喚が吉。
大概の場合覚醒条件が整っているでしょうし、覚醒時の火力が安定して高いです。

《電流戦攻セブ・アルゴル》
キーカードである《イプシロン》を陰で支えるのがこのカード。こちらもサイキック呼び出しクリーチャーです。
この際、《シュヴァル》や《シンカイヤヌス》と言った他のサイキックを《イプシロン》で呼び出す事でコンボになるサイキックを呼び出して来れるのがミソ。
これによって布陣を更に強力な物に出来ます。そうなってしまえば後は殴るも制圧するも思いのまま。一気に決着をつけてしまいましょう。
地味にブロッカーなのも速攻、ビート相手には良い感じ。ブロッカー冷遇環境とは言え、やはりあるとないとでは安心感も違うでしょうし。

《時空の霊魔シュヴァル》→《時空の賢者ランブル》
《時空の戦猫シンカイヤヌス》→《時空の火炎ボルシャック・ドラゴン》
サイキッククリーチャー同士による二種のコンボ。前者は制圧力、後者は速攻力に優れます。
迷ったら取り敢えず上のコンボをやっておけば間違いないでしょう。覚醒クリーチャーが二体も出る上、相手は思うように呪文やクリーチャーを使う事が出来なくなります。
一方、下のコンボは攻め手を一気に増やす事が出来ます。畳み掛けられそうな時や止めに使うのが良いでしょう。
当然、右側の7コスサイキック群は単騎で使っても十分な性能です。ただ普通に《イプシロン》から出すだけでも十分な活躍が見込めるでしょう。

変更履歴

2011/09/21 更新
2011/08/31 更新
2011/08/30 更新
2011/08/29 更新
2011/08/29 更新
2011/08/29 更新
2011/08/27 更新
2011/08/01 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 20

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク