スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

覇国

アナ・カラーWS DMR‐1ver。  ミランダによって5コストからの動きに柔軟性を持たせたWS。

  • ■ デッキ作者:violin さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターン地雷
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:23f2e9db7021523c39eb35e209de6bc7)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 霞み妖精ジャスミン 2 クリ 自然 トロンボが腐らなくなり、ブーストによってジェスターにもつながる良カードです。 
4 アラーム・ラディッシュ 2 クリ 自然 言わずと知れたWSの要。 大量展開が見込めます。 
3 ニンジャ・パンプキン 3 クリ 自然 ユリアマティーナ、パルピィ、デバウラをすり抜けます。 
4 次元流の豪力(プレ殿) 5 クリ 自然 出せるPクリは様々なデッキに対応。 こんなに汎用性高いのに「クリーチャー」だなんて。 
4 骨折人形トロンボ 2 クリ 墓地回収は勿論のこと、低コストWSであることが4積みの理由ですね。 
3 邪口虫ラフレシア・ワーム 3 クリ 相手に闇マナがあるならでかいアンブロッカブルに。 活躍します。 
3 略奪秘宝ジャギラ 5 クリ 3ハンデスは現役です。 ジェスターから繋げるとGOOD。 
1 デッドリー・ラブ 2 呪文 軽い除去。 トロンボとコンボさせることで、使い回しにも利用できます。 
4 アクア・トリックスター 2 クリ サピエントの代わりと言ってもいい、タップ能力を持っています。 
3 リバイバル・ソルジャー 3 クリ 粘り強さがあります。 ガイアールカイザーとの相打ちを狙いたいですね。 
2 封魔ゴーゴンシャック 3 クリ 呪文メタ。 2枚はないと不安でしょうがないんです。 
4 アクア・ジェスタールーペ 4 クリ 大事なドローソース&展開役。 半分以上がヒット対象なので、活躍が見込めるでしょう。 
1 スパイラル・ゲート(殿) 2 呪文 大事な除去。 あるのとないのとでは大違い。 
カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト カード名 コスト コメント
1 ブーストグレンオー 5 激竜王ガイアール・オウドラゴン 24 マリエルなんかを焼きましょう。 
1 流星のフォーエバー・カイザー 6 星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン 20 押されているときにこのカードを出して耐えることは多いですね 
1 時空の踊り子マティーニ 3 舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ 6 いいブロッカーです。 裏側を直接出せるって強いですね。 
1 時空の戦猫シンカイヤヌス 4 時空の戦猫ヤヌスグレンオー 4 これもドローソースになり得るカードです。 
1 タイタンの大地ジオ・ザ・マン 6 貪欲バリバリ・パックンガー 15 ドローソースとして使います。 時々リンクも。 
1 魂の大番長「四つ牙」 6 バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ 24 マナが増えることは手札の温存につながりますね 
1 勝利のプリンプリン 5 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 攻撃にも防御にも使える万能カードですね 
1 勝利のリュウセイ・カイザー 6 唯我独尊ガイアール・オレドラゴン 30 相手を遅らせて、ジャギラ。 WSの十八番の動きを補助します 

解説

DMR登場にあたり、既存のほとんどのデッキタイプが強化されています。
WSにもなにか、相性の良いカードはないものか…と探し、目をつけたのが「霞み妖精ジャスミン」と「次元流の豪力」です。
まずはジャスミンから、WSとどう相性が良いのかを説明します。

「霞み妖精ジャスミン」
ただのクリーチャー版フェアリー・ライフだ、と言えばそれまでですが、ミソなのが「墓地にクリーチャーを置く」こと。
リバイヴホールなどで使い回すデッキもありますが、このデッキはWS。そう、トロンボで簡単に回収できるのです。
さらにジェスタールーペとも相性が良く、WSで2→4が出来るようになったのは大きいです。
2コストWS→ジャスミン&2コストWS→ジャギラ、という動きも、手札を使いきってしまいますが可能ですし、ブースト能力はラディッシュとも相性抜群。
WSで無理なくブースト出来たらなぁ…という、昔からの夢を叶えてくれた素晴らしいカードですね。

「次元流の豪力」
5コストと少々重めですが、採用の一番の決め手は「タイタンとガガ・パックンを出せるクリーチャー」であること。これに尽きます。
タイタンを出した場合、即マナ回収ができるので、アラームと組み合わせてマナを手札のように使ったり
ガガ・パックンの場合はゴーゴンシャックに似た役割を果たし、除去をパックンに集中させてWSを守ったり
速攻相手ならユリア・マティーナ、除去したい低パワークリーチャーがいるならブースト・グレンオーと、汎用性はピカイチです。
さらに私が強調している「クリーチャーである」という点。これはWSでとても重要なことで
今までの自然のドローソース、ハッスルキャッスルと比べて

・トロンボで回収できる
・ラディッシュでマナから手札に持ってこれる
・タイタンの場合即効果が使え、無駄にならない
・ルーペとも相性が良く、2体出るので確実に1ドローできる

と、メリットばかり。重さもジャスミンで克服できるので、あまり気になりません。
超次元の汎用性を、WSに組み込めたら…と考えていた方には吉報でしょう。WSデッキに革命が起こりそうです。

この2枚のカードの能力を最大限に発揮させようと考え、デッキを練った所、アナ・カラーとなりました。
動きは前のWSとさほど変わりませんが、この3色の宿命かな、タイガーグレンオーやローズ・キャッスルで一気に壊滅状態に追いやられてしまいます。
もし相手がまごついているようなら、ミランダからジョンジョ・ジョン、もしくはパックンガーに覚醒リンクさせて高パワーで殴るのも良いでしょう。
まだまだ改良の余地が残されているデッキです。診断していただけると嬉しいです。返しもなるべくしたいと思っています。

デッキ名の由来は「ONE PIECE」ドリー&ブロギーの技名から。

投入検討カード…
・ジャニット   ・ヤミカゼ
・転プロ     ・ストロングスパイラル

変更履歴

2011/08/01 更新
2011/07/07 更新
2011/07/03 更新
2011/07/02 更新
2011/07/01 更新
2011/07/01 更新
2011/07/01 更新
2011/07/01 更新
2011/07/01 更新
2011/07/01 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 52

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク