スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

スピリガリア軸ネクラディスペクター

スピリガリアで除去しつつアタックチャンス呪文を撃って気持ちよくなろう!

  • ■ デッキ作者:秋肌。 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類診断希望
  • ■ パターンブースト
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:6ffe0ef543651ea4ff25d74244474e6d)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
4 霊黒接続 スピリガリア 6 クリ 光/闇/自然 メイン。 
4 フェアリー・Re:ライフ 2 呪文 自然 初動兼受け。龍魂珠かゾロスターにつなげるとスピリガリアが立つ。 
2 ダーク・ライフ 2 呪文 闇/自然 初動。迷い枠。ギガンディダノスを落とせるといいなあ。 
4 Disゾロスター 3 クリ 光/闇/自然 初動。ネクラのデドダム。手札が増えないという欠点を持っている。 
4 龍魂珠 4 クリ 自然 初動。迷い枠。2-4-6(8)で動けるのが理想だが、多色が多すぎて無理。 
3 零獄王秘伝 ZERO×STRIKE 4 呪文 光/闇/自然 アタックチャンス呪文。手打ちしてもまあまあ強い気がする。 
4 ディスタス・ゲート 5 呪文 光/闇/自然 トリガー。ヒャクメだけでなくゾロスターでも延命できる。もっぱら手打ちでマナのヒャクメを出している。 
4 霊宝 ヒャクメ-4 6 クリ 光/闇/自然 トリガー。普通にゲートでマナから出す。スピリガリアとは軽減コスト的にアンチシナジー。でも強いから居る。 
3 戦国接続 ギャラクテスト・シデンシーザー 8 クリ 光/闇/自然 システムクリーチャー。スピリガリアを回収すれば4マナで出せる。 
2 零獄接続王 ロマノグリラ0世 11 クリ 光/闇/自然 フィニッシャー。スピリガリアを使い回せる。 
1 大樹王 ギガンディダノス 12 クリ 闇/自然 フィニッシャー。一枚しかないかつ手札を捨てられないため手札に来ると二度と使われない。 
3 接続秘伝ドミニオンスパイク 5 呪文 自然 アタックチャンス呪文兼受け。スピリガリアなら一回の攻撃で2体も除去することができる。 
2 混成秘伝デュアルスタック 6 呪文 アタックチャンス呪文兼受け。3体タップすればMFの剥がれたスピリガリアで除去できる。 

解説

研究中です。

・霊黒接続 スピリガリア
EXライフ、ブロッカー、マッハファイター、スレイヤー、4500、ネクラカラーのディスペクター。
このカードのためにデッキを組んでる。
出てすぐマッハファイターとスレイヤーで除去するもよし。殴らずにブロッカーとして邪魔するもよしの強カード。EXライフがあるため単純に考えれば2体は除去できるところが偉い。
うざがった相手に除去を使わせる事ができれば後のフィニッシャーを立たせやすくなる。
最大の利点は零獄王秘伝 ZERO×STRIKEを最速アタックチャンスで唱えることができる点。なんと、出たターン殴れるネクラディスペクターはスピリガリアとロマノグリラしか存在しない(どちらもマッハファイター)。除去しながらシールドを追加して相手に嫌がらせをしよう!

・全体の動き
理想のマナカーブは2-4-6だが多色が驚異の27枚なので3-5-7と一つ遅くなるのはご愛嬌。とはいえスピリガリアだけ立ててもそんなに強くはないため相手に合わせて動けるといいと思う。
基本はスピリガリアで除去してロマノグリラでトドメ。

・初動(2~3コスト)
フェアリー・Re:ライフ 自然2コスト
受けにもなる初動。かわいい。2ターン目に打たずに3ターン目のゾロスターを出すためのマナに使ってもいい。これから龍魂珠につなげるのは至難の業。
ダーク・ライフ 闇、自然2コスト
ギガンディダノスを落とせるように採用。かわいい。流石に多色が厳しいので2枚。黒の単色が入っていないが黒のない多色はないので打てなくなることはない。
Disゾロスター 光、闇、自然3コスト
期待の新人。山札から順番にシールド、墓地、マナに一枚置く。零獄王秘伝 ZERO×STRIKEとは順番が違うので注意。手札が増えないのが欠点。ドローできるブラッドウとレギュラー争いをしている。ディスタス・ゲートから出てきて延命もしてくれる。

・他の初動の候補
無頼 ブロンズ-1 自然3コスト
単色かつ3-6のマナカーブでスピリガリア出せるナイスなクリーチャー。だが、龍魂珠のほうが5枚から選んでディスタス・ゲートや零獄王秘伝 ZERO×STRIKEで出す用のクリーチャーを用意することができるためこちらは不採用。
腐聖 ブラッドウ-2 光、闇3コスト
ブロンズ-1同様3-6のマナカーブで活躍する。ブロッカーを持っているかつ3マナなのでディスタス・ゲートから2体出せばゾロスターよりも確実に攻撃を2回防げるが、ガードストライクが多いため一長一短。ドローもできるため本当は入れたいのだが入れると単色が10枚を切るため泣く泣く不採用。ゾロスターとどちらがいいのかは調査中。

・繋ぎ(4~6コスト)
龍魂珠 自然4コスト
5枚見て一枚マナ。前述の通り、ディスタス・ゲートや零獄王秘伝 ZERO×STRIKEで出す用のクリーチャーを用意することができる。4マナで使えれば次が多色しかマナに置けなくてもディスタス・ゲートを使うことができる。5マナ時ならスピリガリアやヒャクメを立てられるのが偉いところ。
零獄王秘伝 ZERO×STRIKE 光、闇、自然4コスト
シールド、マナ、墓地に一枚置く、もしくは、ディスタス、ディスペクターを増殖させる。スピリガリアでアタックチャンスしたい呪文第一位。手打ちでも十分なスペックで5枚目以降のゾロスターといったところ。採用しているアタックチャンス呪文の中では唯一妨害系の効果ではないが序盤の動きやすさも考慮して採用。
ディスタス・ゲート 光、闇、自然5マナ
手札マナ墓地からディスタスを呼び出す。1ターン早くヒャクメを出せるためフィニッシャーまで繋げやすい。トリガーとしてはヘブンズ・ゲートのほうがスピリガリアも出せて良いのだがそもそも手札がカツカツで何も出ませんでしたが多発したのでこちらを採用。
霊宝 ヒャクメ-4 光、闇、自然6マナ
ネクラカラー最強のカード。出たときと選ばれたときに1マナブーストと1ハンデスするササゲール4の化け物。しかし、スピリガリアに捧げると1余るためアンチシナジーな気もする。フィニッシャーであるロマノグリラやスピリガリアリサイクル係のシデンシーザーを出しやすくするための必須枠。

・他の繋ぎの候補
ライフプラン・Re:チャージャー 自然4コスト
クリーチャーを手札に加えつつマナを加速できる。受けにもなるところがグッド。しかし、龍魂珠が上振れでシデンシーザーにつながるため不採用。構築次第では採用はある。
バベル・アゲイン 闇5コスト
自分のクリーチャーを破壊して3ドロー、それがディスタスなら墓地から出す。強すぎる。手札補充しつつ登場時or破壊時効果を使うことができる神カード。試せていないので今回は不採用だがおそらく採用する。しかし、どこと入れ替えるかは決まっていない。
兵繰凄の鎖 サイノ・ブサイ 光、自然6コスト
スピリガリアと最高の相性のカード。相手の最初の攻撃をクリーチャーに誘導する効果とアバレチェーンで次の自分のターンまで破壊されない効果を付与する。一緒に立てば3体も除去できる最高のコンビ。現在は枠がないため不採用。

・アタックチャンス呪文
接続秘伝ドミニオンスパイク 自然5コスト
自分のクリーチャー1体と相手のクリーチャー1体をバトルさせる。スピリガリアの攻撃時にアタックチャンスすれば一度に2体も除去できる。ガードストライク持ち。
混成秘伝デュアルスタック 光6コスト
なんと3体もフリーズさせることができる。スピリガリアのスレイヤーと合わせて最大4体も止めることができる。また、タップしているためスピリガリアで除去できるようになる。ガードストライク持ち。

・他のアタックチャンス呪文の候補
連結秘伝アンビバレンツリンク 闇5コスト
相手のクリーチャーの攻撃力を3000ダウンさせる。ウィニーやメタクリーチャーを一網打尽にしつつ7500未満の相手にはEXライフを消費せずに殴り勝つことができるようになる。今回は他のデッキのパワーラインまでは調べられていないので不採用。
アタックチャンス呪文の配分についてはまだまだ研究の余地あり。

・大型クリーチャー(7コスト以上)
戦国接続 ギャラクテスト・シデンシーザー 光、闇、自然8コスト
出たとき3枚までマナと墓地からカードを回収できる。また、ディスタス、ディスペクターのコストを2少なくする。墓地のスピリガリアとアタックチャンス呪文を回収してもう一度使い回すことができる。こんなにかっこいいのにスピードアタッカーではないしW・ブレイカーなのでフィニッシャーには物足りない。回収したアタックチャンス呪文をすぐに使えたら良かったのに。ただし、パワーは高いのでドミニオンスパイクとは相性がいい。
零獄接続王 ロマノグリラ0世 光、闇、自然11コスト
出たとき山札を3枚見て一枚墓地、残りをマナ。攻撃するときにコストの合計がマナゾーンのカードの枚数以下になるようにマナと墓地から最大1体ずつ出すことができる。このデッキのフィニッシャー。基本ヒャクメから繋げるくらいしかまともな召喚方法がないが、ヒャクメを出すことに全力を注いでいるデッキではないため結果として出しにくくなっている。そもそも出す前に負ける試合のほうが多い。
大樹王 ギガンディダノス 闇、自然12コスト
デカ過ぎんだろ…なフィニッシャー。墓地にいなければならないが能動的にカードを墓地に送れないためまともに機能させられたことはない。ちなみに、フシギバース時にEXライフのついたロマノグリラを指定すればEXライフを剥がして場に残る事ができる。が、実践で使えたことはない。

・他の大型クリーチャーの候補
極世接続 G.O.D.Z.A. 光、闇、自然9コスト
ヘブンズ・ゲート軸ならメインのギミックに添えたいクリーチャー。タップしたとき墓地から6以下のクリーチャーを出すことができる。スピリガリアはもちろん他の強力なクリーチャーを出すことができるが、墓地を肥やす方法をボーンおどり・チャージャーぐらいしか知らなかったため不採用。そもそも、それは天門G.O.D.Z.A.なのでは…? 青を混ぜると墓地のクロックがブロック時に飛んでくるので強いと思います。手札も補充できるし…
恐帝接続 ネロ・グウルピオ 光、闇、自然9コスト
マナゾーンから召喚できて、出たときに相手のクリーチャーのパワーを-5000する。相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、相手は自身のアンタップしているクリーチャーを1体をタップする。盤面の掃除と打点減らしがいぶし銀なT・ブレイカー。マナゾーンから召喚できるので気兼ねなくマナチャージできる。タップ効果があまり活躍できず不採用。奇数だと結局殴られるしアンタップする効果には無力…こいつを考慮した打点を作られたらどうしようもできないのでそもそも入れないことに。

ベンを入れるとスピリガリアが抜けるので不採用です。あと、高いので…

・あとがき
2021/12/18
デッキ掲載日。バベル・アゲインとかいう救いのカードが公開される前に作ったデッキ。一週間ぐらいかけてやっと形になってきた。問題点としてはフィニッシュまでいけないことが一番。除去やシールド追加などで延命はできても勝ちにつながらない。ここをベンとヒャクメでつないでるんだなあと他所のデッキの感想をいだきつつ、もっとコントロール寄りにしてもいいのかなと次はハンデスを組み込んでみようかなと考えたり。神カードのバベル・アゲインを採用したデッキはパックを開封してから構築を考えよう。あと、4Cのデッキは人様のデッキなのであまり真似したくないなあとおもったり。 秋肌。

変更履歴

2021/12/18 作成

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 1

みた人からのコメント

peputido 2022-01-04 07:13:23 [1]
ギャラクテスト・シデンシーザーとスピリガリアとアタックチャンスを多めに入れたデッキを作ろうとしていたので、参考になりました。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク