スポンサードリンク

デュエルマスターズのデッキレシピ

ナウネバ型ジャスティスループ

超次元もGRも使わないタイプの祝門ループ。

  • ■ デッキ作者:mris1938 さん
  • ■ TOUGH DECK実績(vault):なし
  • ■ vault大会実績:なし
  • ■ 分類ガチデッキ(自信作)
  • ■ パターンジャスティスループ
  • ■ 対応レギュ:殿堂殿堂+未発売2ブロック

レシピ

(ハッシュ:4f8d8b00f772e4fd091c78bfe5c1dd99)
項目名をクリックすると並べ替えることが出来ます。カード名をクリックすると、カード詳細が見れます。
カード名 コスト 種類 文明 コメント
3 深海の伝道師 アトランティス 10 クリ ループパーツ。展開したクリーチャーを1体にさせるトリガー。 
4 聖霊左神ジャスティス 7 クリ ゼロ 主役となるループパーツ。 
1 目的不明の作戦(殿) 7 呪文 ループパーツ。防御としても活用可能。 
2 龍素記号Sr スペルサイクリカ 7 クリ ループパーツ。 
1 ひみつのフィナーレ! 7 呪文 水/闇/火 フィニッシャー。トリガーによる防御も可能。 
4 天命龍装 ホーリーエンド
ナウ・オア・ネバー
7
5
クリ
呪文

ループパーツ。ジャスティスにも対応している。 
3 サイバー・I・チョイス 7 クリ ループパーツ。 
4 ウェディング・ゲート 6 呪文 ループパーツ。ジャスティス専用。 
1 黒神龍ブライゼナーガ(殿) 6 クリ 盾落ちケア。 
1 龍素知新(殿) 5 呪文 ループパーツ。 
1 インフェルノ・サイン(殿) 5 呪文 ループの補助。 
1 フォース・アゲイン(殿) 4 呪文 ループパーツ。 
2 クリスタル・メモリー 4 呪文 手札に欲しいカードを持ってくる用。 
3 サイバー・チューン 3 呪文 初動要員。 
2 ルソー・モンテス
法と契約の秤
2
5
クリ
呪文

初動ハンデス+ループの補助。 
3 エマージェンシー・タイフーン 2 呪文 初動要員。 
4 海底鬼面城 1 初動要員。 

解説

●ループ手順●
※名称及び効果を省略してます、ご了承ください。また、殿堂カードについては枚数を表記していません。
※途中の→は対象先を表します。(例:知新→ナウネバ=知新の対象をナウネバに)

手札:サイクリカ1、チョイス1、ジャスティス2(c、d)
場:アトランティス1、ジャスティス2(a、b)(どちらも効果未解決の状態)
墓地:ナウネバ1(a)、アゲイン、目的不明、祝門1、フィナーレ(フィニッシュのみ)
山札:知新、ナウネバ1(b)
※ここでの墓地の祝門は山札にあっても変化はありません。
※各手順の最後の(x)はジャスティスの効果のストック数です。ループスタート時点では2回分の効果が待機している状態です。

◆ジャスティス効果ストック数無限化証明(2)
1:ジャスティスa効果知新→ナウネバa→サイクリカ(1)
2:サイクリカ効果目的不明→知新→祝門、祝門効果ジャスティスcd(3)
3:ジャスティスb効果知新→ナウネバb→チョイス(2)
4:チョイス効果目的不明→知新→アゲイン→ジャスティス(3)
5:ジャスティスc効果知新→ナウネバa→サイクリカ(2)
6:サイクリカ効果目的不明→知新→アゲイン→アトランティス(2)
7:ジャスティスd効果知新→ナウネバb→チョイス(1)
8:チョイス効果目的不明→知新→祝門、祝門効果ジャスティスab(3)手順1へ。
○初期盤面に戻ってきた時点でジャスティスの効果のストックがスタート時点+1になっているので無限に蓄積される事が証明されました。

◆効果ストック数無限化証明後のフィニッシュ方法
1:ジャスティス効果知新→ナウネバa→サイクリカ
2:サイクリカ効果目的不明→知新→フィナーレ
3:ジャスティス効果知新→ナウネバb→チョイス
4:チョイス効果目的不明→知新→フィナーレ、手順1へ。
○初期盤面に戻ってくるまでに相手の山札が2枚減っている事が証明されました。

●各カードの採用理由等(コスト降順)●
・『深海の伝道師 アトランティス』3枚
ループパーツ。
トリガーとして出れば後続を1体に絞れるという点にも注目。踏み倒す場合はチョイスで手札からでしか方法が無いもののジャスティスで山札を圧縮していれば自然と出せる機会は出てくる。

・『聖霊左神ジャスティス』4枚
ループパーツというかコンセプト。
自身がコスト7であるためナウネバに対応しているので手札に残しながらなんて事も出来るようになった。自身の効果でナウネバを打てるのも○。

・『目的不明の作戦』1枚
ループパーツ。
規制前では言わずと知れたパーツだがよくよく考えれば「コスト7のトリガー」なのでチョイスやサイクリカに対応している。

・『ひみつのフィナーレ』1枚
ループのフィニッシャー。
目的不明と同じく「コスト7のトリガー」なのでチョイスやサイクリカ、目的不明や知新に対応している。自身の効果で相手の盤面に干渉出来るので選ばれない限りは悠久があったとしても耐えられる範疇ではある(本当に耐えられるかは知らない←)。

・『天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー』4枚
コンセプト同等のループパーツ。
当構築ではアトランティス以外のクリーチャー全てが自身含めコスト7(ルソーもコスト2だが出す事は無い)かつループパーツなので割りとスタートしやすい。クリーチャー面でも全タップのブロッカーなので腐りにくいカード。

・『龍素記号Sr スペルサイクリカ』2枚
ループパーツ。
当構築では墓地の呪文全てに対応しており、ナウネバでクリメモやエマタイ等の初動要員を使い回す算段も可能。手札に持っておきたいけど多くてもかえって腐ってしまう可能性が歪めないのでこの枚数に。

・『サイバー・I・チョイス』3枚
ループパーツ。
手札に溜まったトリガーの消化や圧縮開始、防御札と幅広く活用できる。アトランティスを絡めれば確実に手札に持ってこれる。

・『ウェディング・ゲート』4枚
ループのスターター。
ジャスティス専用と言えどもコンセプトでもあるから絶対に必要。

・『黒神龍ブライゼナーガ』1枚
シールドに落ちたカードを拾う為に採用。何ならトリガーを起動させてスタートなんて事も出来る。

・『インフェルノ・サイン』1枚
墓地に落ちたジャスティスやサイクリカ等を蘇生させる補助役。

・『龍素知新』1枚
ループパーツ。
殿堂に規制後はループパーツとしてはあまり見かけなくなったものの当構築では重要なパーツとして重宝。墓地に落ちるとサイクリカや目的不明唱える他が無くなるのがネック。

・『フォース・アゲイン』1枚
ループパーツ。
使い方は勿論解っているだろうけど、蘇生させたサイクリカを敢えて破壊してデッキに戻すという方法もある。が、そうなるケースが極稀だろうからこの方法が役立つかは知らない。

・『クリスタル・メモリー』2枚
当構築では手札に持っておきたいカードが多いので採用。別プランとして1枚をゼノシャークにするのもアリ。

・『サイバー・チューン』3枚
・『エマージェンシー・タイフーン』3枚
初動のドローソース。後者だと引かずに捨てるだけでも良いので必要な墓地のパーツを落としやすくなる。

・『ルソー・モンテス/法と契約の秤』2枚
初動のハンデス。呪文側でジャスティスやサイクリカ等を蘇生させる補助役としても活用。

・『海底鬼面城』4枚
初動のドローソース。毎ターン2枚ドローして必要なパーツを引き込む。

●まとめ●

トリガーが26枚ではあるけどループパーツが14枚かつ10種類と半数以上を占めているので扱い自体は難しい(実際一人回しの際でも到達出来ずに失敗する事がある)ので初心者にはオススメ出来ないのがカナシミ。
ただ超次元やGRを使わないので費用は安く抑えられるかと(ホーリーエンドに目を瞑れば←)

変更履歴

2020/10/30 公開

評価

デッキ作者の人がイイ仕事してるなと思ったら、ぐっじょぶボタンで功績をたたえることが出来ます。

これまで押された数 = ぐっじょぶ指数 = 0

みた人からのコメント

コメントは、まだついていません。

ここは名無しでは書き込めません。書き込みたければ、ログインしましょう。

スポンサードリンク